4月23日(日)


「舞台を回す、舞台がまわる 山崎正和オーラルヒストリー」を読み続ける。
演劇にかかわる、また劇作家が、これほど権力の中枢、資本の中心(サントリーなど)にかかわる人物は今までいなかったな・・。



・競馬、京都のマイアラーズカップで狙ったミルコ・デムーロ騎乗の馬が4着でマイナス、東京のフローラSの横山典弘騎乗の穴馬が2着に来て、多少プラスに・・。
[PR]

# by engekibukuro | 2017-04-24 09:20 | Comments(0)  

4月22日(土)M「エレクトラ」

原作:アイスキュロス、ソポクレス、エウリピデス「ギリシャ悲劇」より
公演台本:笹部博司、演出:鵜山仁、製作:りゅーぴとあ、世田谷パブリックシアター
 ギリシャ悲劇のアダプテーションだが、見どころはクリュタイメストラを演じた白石加代子とアガメムノンを演じた麿赤兒の組み合わせだ。二人ともかってのアングラ演劇の主力俳優。白石は早稲田小劇場、麿は状況劇場。この二人が同じ舞台で観られるなんて!その二人の間で、エレクトラの高畑充希、オレストスの村上紅郎、イピゲネイアの中嶋朋子が懸命に演じて、充実した舞台ができていた。
・午前中に今回公開された永井愛さんのお父さんの永井潔画伯のアトリエを公開した”永井潔アトリエ館”に行く、愛さんの幼児の頃の絵もあって、見ごたえのある絵が並んでいる。カフェもある素敵なアトリエ館だ。6月17日までの毎週土曜日に開館する。練馬区早宮4-6-5、info@nagaikiyoshiーa.com
・おもろ。参議院議員有田芳生さんとあう。有田さんのヘイトスピーチ批判に対して、”殺人予告”があったそうだ。身辺は厳重に警護されているそうだが、ひどい世の中だ。永井さんのアトリエの話をすると、永井潔さんは以前勤めていた出版社の時の知り合いだそうで、住まいもアトリエのある有楽町線、副都心線の平和台で、ぜひ行くと・・・。
[PR]

# by engekibukuro | 2017-04-23 07:42 | Comments(0)  

4月21日(金)


 「舞台をまわす、舞台がまわる 山崎正和オ-ラルヒストリー:
  御厨貴・阿川尚之・苅部直・牧原出ー編」中央公論社
 この本を読みだす、山崎が生まれた旧満州国の奉天で敗戦し、ソビエトの囚人部隊が、ベルリンから奉天に移動してきて乱暴狼藉の限りを尽くすのを目の当たりにして小学校をすごし、日本に帰還して、京都大学に入学して、戯曲「世阿弥」を書き、千田是也の演出・主演で上演され、そのあとのアメリカ留学まで・・。その話を山崎を囲んで編者4人が聞き、質問する形の本だ。350ページを超す大判の本で山崎の多彩の活動の半分まで読んだ・・・。東大紛争で入試を1年中止をその時の総理大臣佐藤栄作に進言する話もあり、その活動の多彩さは驚く・・。続行する・・。  
[PR]

# by engekibukuro | 2017-04-22 07:03 | Comments(0)  

4月20日(木)小沢信男「ぼくの東京全集」

 1927年生まれの著者の500ページを超える文庫本(ちくま文庫・筑摩書房)だ。
 第一章 焼跡の街 第二章 感傷から骨灰へー街を歩く 第三章 我が忘れなばー小説集
 第四章 記憶の街角 第五章 東京の人 第六章 東京万華鏡 第七章 街のこだまー俳句と詩
 ・東京生まれ、東京育ちの私とも、年齢は9歳違いだが、戦後の焼け跡風景など交差する部分もあって、とても面白い本だった。しかし、現在もとても元気で執筆活動をしてるのに感服し、元気づけられた本だった。俳句を二句挙げておく。
 ・もしかしたらむだかも五年日記買う
 ・冬の河無口に冬の海へ入る(東京水辺ライン、荒川をくだる)
 ・4月15日に永井愛さんの父君の洋画家永井潔さんのカフェもあるアトリエを毎週土曜日に公開する初日だった。案内のはがきをいただいていったのだが、はがきの地図を見間違えて、さんざん歩いて時間を空費して、芝居の時間が来てしまってたどり着けなかった。そして、翌日永井さんに電話して確かめて、アトリエは有楽町線の平和台で隣の駅なので下調べをしにいった。それでもすぐにはわからずそのあたりの人にきいてやっと見つけた。もともと、地図をみるのは下手だったが、老化してますますダメになった・・。トシをとるのはタイヘンだとつくずく思った次第! 
[PR]

# by engekibukuro | 2017-04-21 09:59 | Comments(0)  

4月19日(水)M「髑髏城の七人 花」

作:なかじまかずき、演出:いのうえひでのり、劇団新感線
 IHIステージアラウンド東京(豊洲市場前)
 ”1300人を乗せた大きな円形の盆が、360度回転し、ぐるりと舞台が取り囲む。劇場の常識を覆す没入感、あなたはきとやめられなくなる。ステージの中央にいるのは観客(アナタ)だ!回転するのは観客なんだ!”という惹句どうりの客席がぐるりと回る。舞台がそれにつれて様々に変化する。なんともいえない不思議な体験だった。しかし、劇場の特異性を全面的に活かした十分な芝居とは思えなかった。新感線のいつもの荒々しいテンポでの激しさが薄くなり、劇場の構造の紹介には十分なったが、こちらの期待が大きすぎたのか、好きな高田聖子が主演していなかったこともあってか、不満足な感じが消えなかった。むろん、古田新太は出ていたが、新感線の芝居のテイストは、古田と高田の両輪が支えていることが今度の公演で解ったことが、私にとっては収穫だった・・。
[PR]

# by engekibukuro | 2017-04-20 10:09 | Comments(0)