2月22日(水)M「なむはむだはむ」

ーコドモ発射プロジェクトー、東京劇術劇場シアターウエスト
 このプロジェクトは、野田秀樹の「子供書いた台本をよってたかって演劇にすることはできないだろうか?」というアイデイアから始まった。そして「ことば好き」の岩井秀人、「からだ好き」の森山未来、「うた好き」の前野健太がの3人が、このプロジェクトを立ち上げた。大人の描こうとしても描けない、子供が思い描く「世界を」を立ち上げる試みだ。
 タイトルの「なむはむだはむ」は、ワークショップ中に子供たちが生み出した、死者を弔う言葉だ。
舞台は、両側が湾曲した舞台に三人が落ちたり、はい上がったりする穴があり、3人の子供のアイデアイアに触発されたパフォーマンスが繰り広げられる。岩井のコトバ、森山のカラダ、前野のウタがミックスされて、なにがでてくるかわからない舞台で、劇場にきている子供たちの反応が面白い、遠慮ない”意見”が飛び出したり、舞台上の3人が、思わずビックとするような掛け声があがったりする。
野田秀樹のアイデイアが愉快に実った舞台だったね・・・。 
[PR]

by engekibukuro | 2017-02-23 10:40 | Comments(0)  

<< 2月23日(木)映画「息の跡」... 2月21日(火)「革命伝説・宮... >>