8月10日(木)M「鎌塚氏、腹におさめる」M&Oplaysプロデュース

作・演出:倉持裕、本多劇場                                                                  鎌塚氏とは、鎌塚アカシ氏であり”綾小路家執事長、「完璧なる執事」として名高い執事、雇い主のいかなる要望にも「お引き受けいあたします」と回答、使用人専門誌「月刊執事」が主催するベストバトラーに9年間選出されている。”この鎌塚氏に三宅弘城が扮するシリーズもので、本作は4作目。今回は、綾小路家の当主であるサチカネ侯爵が殺されたのだ。完全な密室殺人で、この解明に向かって、鎌塚氏とひとり娘のチタルとともに動き出す・・・。容疑者は、チタルの母方の叔父鬼集院ヤサブロウ伯爵だ・・・。てんやわんやの賑やかな舞台で、三宅の存在感が舞台をしっかり締めた。おもえばケラ主宰のナイロン100℃度©のころから三宅のファンだった、この人の特技は見事なバク転だったが、とても魅力的な役者で、その三宅がシリーズものの主役を演じ、舞台を仕切っているのは、なんとも感慨深い・・。

[PR]

by engekibukuro | 2017-08-11 10:56 | Comments(0)  

<< 8月11日(金)日本新劇製作者... 8月9日(水) >>