8月26日(土)M「バールの賛歌ーバールを愛した女」詩劇ー試み其の二

原作:ベルトルト・ブレヒト、翻訳:岩淵達治、上演台本・演出:浅野佳成、東京演劇集団風
久しぶりに東中野の”風”の劇場の舞台を観た。ブレヒトの処女作「バール」を観たかったからだ。舞台は作りこんだとても装飾的なもので、大きなカバーをかけた塊が徐々にほぐれて人間がでてくる・・・。バールは天井から釣り下がって出現する。バールを演じたのは栗山友彦、バールを愛した女を渋谷愛が演じる。非常に馴致された演技で、装飾的な舞台にマッチしていたが、役者の表現の核が薄いような感じを持った。それでも久しぶりのブレヒト劇、多少の違和感はこちらの問題だろう。
 おもろ。ひさしぶりに沢さん、沢さんのCDをやっとほめることができた。中川君も来た。


[PR]

by engekibukuro | 2017-08-27 09:48 | Comments(0)  

<< 8月27日(日)M「ワーニャ伯... 8月25日(金)S「幸福な動物... >>