9月8日(金)S「円生と志ん生」こまつ座

作:井上ひさし、演出:鵜山仁、紀伊国屋サザンシアター
この芝居、井上が別の仕事で大連のことを調べていた時、志ん生と円生が大連に600日滞在していたことがわかった。だが、二人ともそのことを語っていない。”更に面白いのは、二人とも満州から帰ってきたあと、見違えるように面白い噺家になっている。”それで井上はいろいろ調べた。それで、”どうやら二人が600日の間ほとんど人前で落語をする機会が、あまりなかったということ、けれども毎日落語の稽古を続けていたらしいことがわかった。飢えや寒さに苦しめられ、いつロシア兵に殺されるかわからないという恐怖にさらされながらも、決して落語から目をそらさなかった。もう一度寄席で、落語が本当にわかる人たちの前で落語をやりたいという飢えが空腹や恐怖に勝ったんでしょう。”
 今回の公演は再演だ。初演は、志ん生役は角野卓造、円生は辻萬長が演じた。今回は、志ん生はラサール石井、円生は大森博史が演じた。終戦間際の満州・大連でのさまざまな出来事、その苦労をやりすごす二人、可笑しみと哀感のペーソスあふれるラサール石井の演技が特筆もの。それに芝居のなかで、大連の尼たちとの落語の落とし噺とバイブルの掛け合いが無性に面白いのだが、この尼を演じる女優4人、大空ゆうひ、前田亜季、太田緑ロランス、池谷のぶえが、尼の役以外にそれぞれ4役を演じる趣向が面白かった。

[PR]

by engekibukuro | 2017-09-09 07:35 | Comments(0)  

<< 9月9日(土)M「DOUBLE... 9月7日(木)M「ピノッキオ」... >>