9月29日(金)M「オーランドー」KAAT 神奈川芸術劇場

演出:白井晃、原作:ヴァージニア・ウルフ、脚色・脚本:サラ・ルール、翻訳:小田島恒志・小田島則子
 「第一部」十六世紀、エリザベス一世統治下のイングランド。何世紀も続く貴族の家系に生まれたオーランド-。16歳の彼は、目に映るものすべてに胸をときめかした。-壮大な詩を書かこう。この樫の木の詩を書こう。美貌に恵まれた彼は、女王をも虜にし、広大な領地と壮大な邸宅を賜る。成長するにつれ、その美しさはますます輝き、ロンドン中の貴婦人が彼に恋い焦がれた。成人したオ-ランドーは、女王との生活にも飽き、いいよる女性にも愛想を尽かした。・・十七世紀、ロンドンを大寒波が襲う。寒波とともに現れたのは、ロシアのミステリアスな姫君サーシャ・・・・。恋に陥ったオ-ランドーを裏切ってサーシャはロシアに帰る。傷心の彼はトルコ太子として、コンスタンノーブルへ。ところがある朝、眠った切り目を覚まさない。7日目の朝、目覚めたオーランドーは女性になっていた!「第二部」十八世紀、オーランドーは女性としてイングランドに戻る。そして彼女は運命の人マークヂュークに出逢う。そして2秒で恋に落ち、数分後に婚約した。そして時はめぐり二十世紀・・。時代は大きく変わった。36歳のオーランドーは、見知らぬ光景に不安を抱く。-そうだ詩を書こう。三百年近くも綴ってきた「樫の木の詩」のために、彼女はペンをとり考えた。”人生ってなんだろう?以上、壮大で荒唐無稽のようにも思えるが、このオーランド-を演じた多部未華子が、男女両性を演じて素晴らしいのだ。女王は久しぶりに舞台を観る大日向文生。白井の演出も、過剰なところが全くない、見事な舞台創りで、白井の演出では最高の舞台だろう。そしてこの難役を自然に演じきった多部未華子も最上の女優だ。

[PR]

by engekibukuro | 2017-09-30 10:22 | Comments(0)  

<< 9月30日(土)M「33の変奏... 9月27日(木) >>