10月7日(土)

今日は俳句の吟行の日だ。私の案内で、赤塚の寺松月院、そこから板橋植物園、東京大仏、小さな滝 最後は板橋美術館で所蔵品の江戸の軸などの絵画を観るというコース。谷岡健彦、大西酔馬、宮本起代子、今村麦、田岡美也子さんらの銀漢のメンバーと初見参の女性4人、総勢9人、午前中は雨だったが、午後からウソのよに晴れて、このコース、皆さん喜んでくれて、嬉しい吟行になった。久しぶりの東京大仏、私は昭和53年の建立直後から見ているが、久しぶりに見て、年月が大仏に味わいを持たせて、ありがたみがたっぷりある大仏様になっていてちょっと感動した。帰りは成増に出て、池袋へ出ておもろに入る。ここで今日の吟行をもとに俳句を7句作る。私は、”ちょぼちょぼと秋が湧き出る清水谷”と”秋の蚊よ大仏さまもかゆかろう”の2句を採っていただいた。みなさん喜んでくた吟行で、披講が終わっての泡盛がうまいこと!
[PR]

by engekibukuro | 2017-10-08 10:02 | Comments(0)  

<< 10月8日(日)S「危険な関係... 10月6日(金) >>