10月17日(火)M「検察官」劇団東演

作:N・ゴーゴリ、翻訳:佐藤史郎、翻案・演出・美術:V・ベリャコーヴィッチ、O・ロブノフ、紀之國屋サザンシアター
久しぶりに東演の芝居を観た。この劇団の創立者八田元夫先生は、私の子役時代の先生だった。また、子役時代の親友松川暢生はこの劇団の俳優、のちに演出家だった。その松川君が無くなってからこの劇団とは疎遠になっていた。また、急逝したベリャコーヴィッチの演出も、旧ソ連時代の社会主義リアリズム時代には、まことに大胆なアヴァンギャルドな演出だった。今回の「検察官」も音楽や踊りをふんだんに使っての奇抜な「検察官」だったが、どうも演出家が現存していないこともあるのか、舞台がその演出をなぞっての形骸化した感じがしてならなかった。だが、べつにベリャコーヴィッチの演出の匂いが感じられて懐かしくもあった。東演の創立の時期に、下村正夫を指導者にした新演劇研究所という集団があって、その新演での「検察官」の上演で、若い頃の杉浦直樹が主演のフレスターコフを演じて、これが素晴らしかった。この杉浦のフレスターコフ以上の以上のこの役を観たことはない。

[PR]

by engekibukuro | 2017-10-18 11:10 | Comments(0)  

<< 10月18日(水)M「リチャー... 10月16日(月)俳句を作る演... >>