11月10日(金)

「文学界」12月号の前田司郎の200枚の小説「愛が挟み撃ち」は読みごたえたっぷりの傑作だ。一人の女をめぐる二人の男、よくあるような話だが、男同士はながいつきあいの親友で、ひとりはシナリオライターを目指し、もう一人は学生時代の映研の映画に出たりしたが、卒業後は普通のサラリーマンになる。女はかなりの美人で、映研の主演女優をしたりして、最初はシナリオライターの男とつきあっていたが、結局、サラリーマンの男と結婚する。この小説の発端というか肝は、結婚した夫婦が最初はさして思っていなかったが、女が35歳を超えて子供を産む最後の年齢に近づいて、男が母親に孫を見せる気持ちが高まり、子供を産むことにするが、それがうまくいかず、医者に診てもらったたら、男に精子がないことが判明する。悩んだ末に、親友だったが今はあまり付き合っていなかった男に、妻を託して産むことにする。妻もあれこれあったが承諾し、一回するごとに20万円を払い、5回までとして、生まれたら会わせないという約束をする。頼まれた男は金が必要で引きうけるが、4回してもだめで、最後にかっての親友同士が劇的に協力して(詳細は読んでください)子供が誕生する。はなしは、そういうものだが、この小説の魅力は、三人の交流する東京の町の描写とその空気、前田は劇団の五反田団の主宰者だが、名前のとおり五反田生まれの五反田育ち、前田の今までの小説でも、五反田、恵比寿、目黒、品川、御殿山などの山手線沿線の一つのゾーンのローカリテイ、その街並みの描写と、それを小説の細部に絡ませる、それとそのゾーンのカフェや居酒屋も含んでの筆致が素晴らしかった。今回も前田ワールドの魅力たっぷりの小説だった。

[PR]

by engekibukuro | 2017-11-11 09:52 | Comments(0)  

<< 11月11日(土)M「地獄谷温... 11月9日(木)★M「プライム... >>