11月17日(金)M「骨と肉」Space雑遊

作・演出:中村暢明、JACROW#23
一昨年、マスコミを賑わした大塚家具の経営権争い、それは経営方針の相違、それを支える世の中への見方による、壮絶な父娘の親子喧嘩だった。この芝居は、その喧嘩にまつわる会社の内部を、どちらにつくか迷っている重役たち、それらの人物を等身大に描いて、観ている我々に当事者意識をもたせるような、一種の記録演劇だった。芝居のシーンは主に経営方針を決める会議の場面だ。ここに描かれている、各自のメンタリテイは日本人の類型を確かに描いていて、身近に感じて真に迫ってくる力があった。狭い劇場が、大塚家具の会社の内部であると感じさせるような劇が出来上がっていた。役者たちもそれにふさわしい、いつも見かける日本人の状態を場面に即して的確に演じていた。

[PR]

by engekibukuro | 2017-11-18 10:13 | Comments(0)  

<< 11月18日(土)M「THE ... 11月16日(木)石牟礼道子著... >>