12月30日(土)

昨日書いた剣持弘子「カレーライスは日本食」読了。彼女の質問、昭和29年我が家で作ってくれたカレーライスが、おいしかったか、失望したのかという質問は、カレーライスはそれぞれの家で独自の流儀があること、ないより、そのころの我が家は父がほとんど無収入の共産党の活動家だったので、カレーライスを食べたこと自体が、大御馳走で、それを「うちのカレーとは違う」といった、そう表現したのだと思う。うちのカレーはもっとんでもないもだったかもしれない・・。それは、とにかく、この本は副題の「私の体験的食文化史」が、日本の戦後の食文化の典型的な表現の著述になっていること、そしてこの本には、間々に、彼女の専門のイタリアの昔話の翻訳が挿入されていて、それがこの本を更に面白いものにしている・・。彼女はわたしより三歳上で、老人ホームで暮らしているのだが、元気で過ごしてほしい。
[PR]

by engekibukuro | 2017-12-31 09:36 | Comments(0)  

<< 12月31日(日) 12月29日(金) >>