<   2009年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

8月30日M「304」(作:蓬莱竜太、演出:茅野イサム)

あうるすぽっと。この芝居は2004年にOFF OFFシアターで初演されたそうだ。1時間ちょとの小品だが、思わぬ傑作だった。蓬莱の力量をまざまざと感じた。池袋北口のふるびたアパートの304号室。この部屋に数年前高校の同級生だった男4人と女ひとりがたむろしている。ボスのマツザキは不在であとの4人がゴロゴロしている。この連中はマツザキがもってくる怪しげな仕事をしている。簡単な仕事のわりには報酬がいからだ。ただ、仕事の内実はマツザキは知らせない。知らないことが条件なのだ。連中はマツザキの秘密を知りたがってその話をしているが、マツザキが現れるまでの会話が上手い。マツザキの出現をいやおうなく期待させる。現れたマツザキは不可解で不気味な男だった。その日の仕事は鞄をどこかのロッカーに入れてくるだけのことだったが、鞄の中を絶対見てはいけないと厳命されていた。それをなんかの拍子に見てしまった一人が余りの驚きで鞄を届けず隠してしまった。中身は芝居の最後まで分からない。これでマツザキの仕事は破綻した。マツザキの兄という中年男が現れキレまくってマツザキをボコボコにする。仲間は解散する。これだけの話だが、舞台は得体の知れない不安感が充満して緊張感が募ってくる。ゴロゴロしている男女の下らない会話とか振る舞いが一つ一つ生きていて芝居の芯を深めてゆく。現今の壊れた社会を体感させるようだ。蓬莱の劇作術に感嘆した。茅野の演出も丁寧にテキストを生かす。マツザキを演じた青柳翔が不可解で複雑な男の存在感をじかに感じさせ、平良政幸の兄の怖さが圧巻だ。他の役者も役と実生活が密接だからか、ものすごくリアル。舞台劇でしか味あえな面白さを満喫させてくれた。
[PR]

by engekibukuro | 2009-08-31 14:41 | Comments(0)  

8月29日M「ジャンヌ・ダルクーイオアナと炎」

作:マテイ・ヴィスニュック、演出:ペテロ・ヴトカレウ、レパートリーシアターKAZE。「KAZE ビエンナーレ国際演劇祭2009」としてルーマニアの作家マテイ・ヴィスニュックの芝居を4本上演。その第3弾がこの芝居。演出はルーマニアの隣国モルドバのペテロ・ヴトカレウ。モルドバの男優二人、女優が一人客演した。フランスの田舎娘があるとき天の神の声を聞き、国難を救い、それが最後には魔女の仕業とされ火あぶりの刑に処される。よくしられたジャンヌ・ダルクの物語だ。一介の村娘が天からの声を聞いて奇跡を起こすなどのことが許されたらカトリック教会の存在理由が喪失してしまう。神を独占する地上の権力と神の天啓とじかに接した村娘の対立、相克。ジャンヌ・ダルクの舞台はそれこそアヌイのものをはじめ、無数にあるが、ペテロの演出は巨大なマリオネットとか、人形を使った舞台を華やかにする工夫が一杯で、その中からジャンヌの悲劇が劇的に浮上してくるヴィジョンを魅せる、そういう予感は確かにあったが、残念ながらそれが十分に達成されたとはいえないようだ。村娘が一瞬でもこうむっただろう天啓の超越的な場面を見せて見せてほしいなどとはいわないが、KAZEの俳優が今一歩力が足りないような気がした。モルドバの俳優と比べてもそう感じた。努力していることは十分分かっているが・・・。とはいえ、ルーマニアのユニークで魅力的で、今の世界で貴重な劇作家をきちんと日本に紹介したKAZEの功績は十分称えられる。
[PR]

by engekibukuro | 2009-08-30 09:29 | Comments(0)  

8月28日S「天災詩人・藤富保男の世界」新宿ピットイン

天災は天才の間違いじゃない。藤富は高齢だが現役の前衛詩人。わたしの今の日本の詩人では一番好きな詩人だ。藤富の所属する同人詩誌「gui」の主催、企画は詩人としてもジャズ評論家としても知る人ぞ知る奥成達、残念ながら二人とも病気で来られなかったが、楽しい会だった。これは朗読がWAHAHA本舗の佐藤正宏で、共演するのが坂田明らのジャズだから、いやがうえにも盛り上がった。メンバーは渋谷毅(p)、石渡明宏(g)、外山明(ds),上村勝正(b)、坂田明(sax)。佐藤も朗読もよかったが、圧巻は坂田明のサックス。素晴らしい音色とエネルギー、縦横無尽のサックスとクラリネットの扱い、ボイスパフォーマンスもむちゃくちゃ面白い・・。藤富の詩のサンプルとして「穴」という詩を写す。               
                 昼すぎ、枯木の根を一本抜く
                 夕方 虫歯を抜く
                 夜 名月を見ながら
                 鼻毛四本の次 短い五本目も抜く
                 深夜 錆びた太刀を
                 非常に非情に抜く
                 明け方 ゆっくり
                 誠実と嘘九百の舌を抜く
                 
                 次の朝 もう抜くものないか
                 
[PR]

by engekibukuro | 2009-08-29 12:37 | Comments(0)  

8月27日M★「エル・スール」S★★「寺山修司」

★作・演出:東憲司、トム・プロジェクト、本多劇場。舞台は東の故郷福岡。博多の長屋だ。そこに住む貧しい人々、朝鮮人一家。それと石炭廃絶の三池の労働争議の敗北から流れてきた遊郭の女。時は昭和33年。西鉄ライオンズが日本シリーズの巨人戦で3連敗から鉄人投手稲尾の豪腕で4連勝し優勝した年。ラオンズは福岡の博多の人々の夢だった。ライオンズが勝てば貧しさも苦しさも一切忘れられた。東はそんなライオンズにまつわる長屋の人々の暮らしを、熱狂的なファンの一人の少年を通して、愛おしさに溢れた筆致で描く。少年をたかお鷹がはげ頭の實年齢で演じるのが一つのミソ。ほかに一寸淫らな長屋のオバサンを松金よね子が快演。東の郷土愛にじかに触れる舞台だが、台本も俳優もやや気が張りすぎた感もある。東の劇団「桟敷童子」の外山博美がラストに今の時代の少年役でちょっと出てきたとき、少しホットしたのそのせいか・・・。
★★作・演出:高取英、月蝕歌劇団、紀伊国屋ホール。これは高取の「寺山修司 過激なる疾走」(平凡社刊)を舞台化したもの。初演は昨年の8月で大好評だったので劇場側から再演を要請されたそうだ。また、この上演は月蝕歌劇団25周年記第一弾だ。よくもこの「暗黒の宝塚」と呼ばれた特異な劇団がここまできたものだ!高取英の夢の持続力・・。この舞台も鷹取の師である寺山の生涯をあますところなく描ききっている。特に中心は母親の寺山ハツとの凄まじい地獄のような母子関係の愛憎の深さの描出。むろんバックにはJ・A・シーザーの呪術的な音楽のうねりのにのった、セーラー服、レオタード姿など異装の少女たちの群舞が舞台を圧する。毎回新人が加わる少女役の多数のメンバー、高取のオーラが健在の証拠だ。
[PR]

by engekibukuro | 2009-08-28 09:12 | Comments(0)  

8月25日Mミュージカル「天翔ける風」東京藝術劇場

原作:野田秀樹「贋作・罪と罰」、演出・振付:謝珠栄、芸術監督野田秀樹プログラム。19世紀ロシヤ、農奴制廃止後の混乱期のサンクトペテルブルグを、幕末の江戸に重ねて、討幕派の若者の活動と、”ええじゃないか”の民衆の世直しの風潮が渦巻く時代をダイナミックな踊りと歌で描き出すのがスタート。その時代に苦悩を抱えながら生きる若い知識階級の世代、そのうちの一人、原作ドストエフスキー「罪と罰」のラスコーリニコフはこの贋作では香寿たつき扮する女の塾生三条英(ハナブサ)。原作どうりに自身の独断哲学で質屋の強欲婆あを殺し、運悪く、気立てのいい婆あの妹も殺してしまう。物語は殆ど原作を追うが、人物の目玉は山崎銀之丞扮する英の親友才谷梅太郎。才谷は混乱期に暗躍する策士で、討幕派の若者たちには坂本龍馬だと思わせている。ほかに原作どうり、英の母や妹、妹に恋慕する金持ちのニヒリスト、英を追う奉行所の司直らの物語が展開する。若者俳優中心の舞台は弾むが、やや単調におわるのかと思われたが、終幕近くからどんどん物語が加速して、ニヒリストが妹に拒否されるシーン、英がついに反抗を自白するシーンで一挙に盛り上がる。ドストエフスキーの苦悩と燭光の世界が確保され、さらに幕末の日本の変革の勢いが確固としたヴィジョンに収まった。、謝の会心作だろう。香寿たつき、山崎銀之丞、ほか多彩な助演陣らが立派に重責を果たし、野田プログラムに花を添えた。
[PR]

by engekibukuro | 2009-08-26 08:50 | Comments(0)  

8月24日S「死神の精度」石井光三オフイス

原作:井坂幸太郎、脚本・演出:和田憲明、シアタートラム。立ち見もでる満席だ。これはこの芝居でヤクザのチンピラを演じる中川晃教のファンが多いからのようだ。しかし、ほかに香川照之、ラサール石井というおおものと、和田芝居には欠かせない鈴木省吾が出演。芝居の要は香川の死神とヤクザの重鎮ラサールの二人芝居だ。基準はよくわからないが、目当てにした人間を死なせることが「可」か「見送る」かを調べるため人間の世界にやってきた死神と、ヤクザ稼業にもうくたびれきった老ヤクザとの対決を、香川とラサールが絶妙に演じて客をうならせる。死神がくるときは、いつも雨。死神もヤクザも大のミュージックファンで、二人で「ローリングストーンズ」をよだれをたらさんばかりに幸せそうに聴いている。しかし、老ヤクザの死は「可」だ。ヤクザもそれを承認した。決着のつく日は晴れた。死神は初めて抜けるような青空を見た。中川は可憐きわまりないチンピラを演じてファンを喜ばせた。和田のいままでの世界と一寸ずれた芝居だが、面白く舞台を運んだ。なによりの評価はこれだけのキャストを揃えた石井久美子プロヂューサーの腕前だ。
[PR]

by engekibukuro | 2009-08-25 10:06 | Comments(0)  

8月23日M「ドリアン・グレイの肖像」(原作:O・ワイルド)

構成・演出:鈴木勝秀、世田谷PT。ドリアンは山本耕史。二村周作の鉄パイプの構造物による装置が見事だ。稀代の美青年ドリアンは年齢を重ねても美貌は衰えない。悪の限りをつくす卑劣なナルシストだが、遂には自滅する。山本のドリアンは一応の説得力はある。鈴木はこの年齢を超越して若さを保つドリアンを通して、老齢と死の問題を問いかける。いずれにしろスズカツ美学は貫徹している。ほかに加納幸和、伊達曉、米村亮太朗らが脇を固めた。
[PR]

by engekibukuro | 2009-08-24 07:20 | Comments(0)  

8月22日M「ザ・ダイバー」(作・演出:野田秀樹)

東京藝術劇場小ホール。この劇場の初代芸術監督芸に就任した野田の初の自作公演。昨年のロンドンバージョンを新作日本版として書き下ろした。源氏物語の「葵の上」の能の「海人」をベースに現代の放火殺人事件を犯した女を描く。女は多重人格を思わせる危うい女。この女を大竹しのぶが演じ、精神分析医が野田、刑事が渡辺いっけい、検事が北村有起哉。それぞれの演技が楽しめ、特に大竹の瞬時に人格が変貌する演技が素晴らしい。古典と現代を交互にフラッシュする劇の起伏が見事だ。また、これをみてロンドン版の古典の女と現代の人格崩壊寸前の女を有機的に合体したキャサリン・ハンターの演技の強度を改めて思い出した。ロンドン、日本版とも「ザ・ダイバー」は成功した。初代監督のいい感じの出発だ。パンフに野田と大江健三郎の「源氏物語」についての読み応えのある対談が載っているの。
[PR]

by engekibukuro | 2009-08-23 11:50 | Comments(0)  

8月19日Sブロードウエイミュー「フロッグとトード」

原作:アーノルド・ロベール、上演台本・訳詞:高橋亜子、演出:鈴木裕美、サンシャイン劇場。子供向けミュージカルで客席は夏休みの子供たちで一杯。フロッグはアマガエルで石丸謙二郎、トードはガマガエルで川平慈英。この2匹の友情物語。鈴木の丁寧な演出で子供たちは大喜び。岡山はじめの1年かかって郵便を届けるカタツムリが人気をさらっていた。子供たちの反応と自分の反応の余りの違いがちょっとショック。感受性がもう干からびてしまったか・・・・・。
[PR]

by engekibukuro | 2009-08-20 09:44 | Comments(0)  

8月18日S「狭き門から入れ」(作・演出:前川知大)

Team甲企画、パルコ劇場。Team甲は佐々木蔵之助の個人ユニット。今回は佐々木のほか、市川亀治郎、手塚とおる、浅野和之、中尾明慶、有川マコトが出た。舞台はコンビニ、前川フィールドのSFもので、世界の更新の物語。コンビニの白々しい廃墟感を舞台一杯に滲ませて、不気味な変異のストーリーを展開する。実力俳優たちが舞台をふくらませるが、前川らしいショッキングなところまでにはいかなかった。残念・・。
[PR]

by engekibukuro | 2009-08-19 13:34 | Comments(0)