<   2010年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 

5月29日(土)M「奇行遊戯」(作・演出:中津留章仁)

trashmasters,駅前劇場。休憩なしの3時間にわたる芝居だ。九州・大分のある集落かあr発する物語だ。主人公は、複雑な家庭に生まれ、祖父に育てられる。祖父が出征して南京虐殺で中国人を殺したというので小学、中学校でひどいイジメに会う。結局、日本にいられずオーストラリアに留学、そのあともアメリカで暮らして帰国、いまは故郷で小さなバーを開いている。そのバーに昔の主人公をいじめた同級生が集まってくる。いまはマグロの養殖をやっている従兄弟、異常な動物愛護の男、警官になった男、エキセントリックな従姉妹、東京からきた謎の女など・・。暗い照明の舞台で暴力的な気配が渦巻いていて、首吊りやバットで殴られる朝鮮人の男とか、一種のサスペンスドラマだ。この集落の話しが前編。後編は主人公が東京の継父から貰った莫大な遺産で、マグロ・鯨の養殖の会社を従兄弟と設立して東京に進出、回転寿司のチェーン網もつくる。時代が一気に飛んで、月旅行とか近未来の話しになって、スケールの大きい国際的な話題が中心になる。中国との国交の危機、捕鯨・マグロ問題に対する世界的なテロル、月面旅行の大事故とかの渦の中に主人公は巻き込まれ、マグロ問題の元凶として標的にされる。この芝居は大小取り混ぜた意表をつく事件の連続で、3時間の舞台を飽きさせな中津留の豪腕は見事だ。小さな集落の話しから、近現代の歴史が絡み合い、世界的な危機の話しまで規模雄大な物語。ゴツゴツした感触の芝居だが、メロドラメテイックに芝居はこなされている。世界的な話題に接し、たっぷり楽しめる芝居で、この大作の作者の面白いスーパーリアルな芝居を創ろうとする情熱がひしひしと伝わってくる。大きく評価されるべき異色の作家kだ。ただ、最後の近親相姦の話はやりすぎだろう。

▼メモ。恒例のおもろ。N君、アkップル。泡盛2杯で我慢。マリナーズ、エンジェルスに快勝、3連勝だ。
[PR]

by engekibukuro | 2010-05-30 09:09 | Comments(0)  

5月28日(金)S「めぐるめく」(作・演出:桑原裕子)

KAKUTA、シアタートラム。前回の「甘い丘」はデイープで充実した独自の世界を創りだした芝居だったので期待していった。が、今回は子供が一人いる4人姉妹の長女が交通事故が原因で昏睡状態が11年続き、ある日突然目覚めて生活を取り戻したが、家族全員で墓参りの旅行したあと、またもとのこん睡状態に戻ってしまうというのが大筋の芝居だが、どうも芝居の中心がつかめず、最後までのれなかった。役者もなにか浮き足立っていた。前作との落差はなんだろう。次回に期待しよう。

▼メモ。・今オーチャードホールでブロードウエイミュージカルの「ドリームガールズ」を上演しているが、それに関連させて映画「ドリームガールズ」を再上映している。未見だったのでそれをル・シネマで見た。素晴らしかった。ショービジネスの世界の光と闇がダイナミックに描かれ、舞台のショーと現実世界をミュージカルシーンに仕立てたものを混淆させて、隙間なく中身が詰まった映画だった。これはまたアメリカの黒人社会を描いたものでもあり、キング牧師やデトロイトの黒人暴動のシーンも挟まれる。エデイ・マーフイ以下の俳優たちも素晴らしかった。・昨年各種のミステリーコンテストでベストワンになったスエーデンの作家ステイーグ・ラーソンの「ミレニアム」をやっと読んだ。ページを追うのがもどかしいいくらい面白かった。孤島からの少女の謎の消失、連続猟奇殺人、悪魔のようにコンピューターを操作する若いエキセントリックな女、スエーデン社会の闇に挑むジャーナリスト、極めて現代的だが、チャンドラーやシムノンが大好きな古いミステリーファンには近頃のミステリーは馴染みにくかった、これは面白かった。ラーソンはこれを書いた後50歳で亡くなったそうだ。
・週刊文春の椎名誠ノコラムに触発されて二段重ね(椎名は三段重ね)の海苔弁を作ったが失敗した。ごはんにのせたオカカの味が強すぎ、きった海苔を使ったからちじんでしまった。1枚ものを使うんだな。またやってみよう・・。
[PR]

by engekibukuro | 2010-05-29 10:18 | Comments(0)  

5月27日(木)M★「守り火」★★「天女降臨 改訂版」

★作・演出:中島新、FINE BERRY、中野ザ・ポケット。舞台になっている町は捨て子が多い、風俗がどんどん増えている荒廃感漂う町だ。この町で廃品収集で暮らしている父母と4人姉妹の家族、それに3人のホームレスの男女が加わり、食うや食わずのつらい日々だ。その上母が癌で入院し、入院費と借金で追い詰められ、ヤクザが絡む不法投棄の薬品投棄までやらざるを得なくなる。そういう日々が描かれるが、実は4人の姉妹は皆捨て子だった。母は流産を4度繰り返し、それを4人の捨て子を拾って育てるjことで補ったのだ。心から4人姉妹は父母に愛されて育った。中島はつらい日々のなかにもあったわずかな幸福な時間と、現在の窮境をダイナミックに時制を交錯させて描く。母は死に、仕事と暮らしは破局を迎えるのだが、家族の愛は崩れない。この芝居は母の松本紀保、父の辻親八の最底辺の生活でも家族を支える愛と責任をしっかり感じさせる演技で見応えのある舞台になった。厄を落とす守り火の祭りがあっても町の荒廃は留まらない。現在の日本の空気だ。中島は舞台芸術学院での金杉忠男の教え子だ。同期に蓬莱竜太、田村孝裕がいる。中島の動的な人間描写には独特の才能を感じる。3人の現在の活躍を泉下の金杉は喜んでいるだろう。
★★作・演出:難波善明、劇団じゃけん旗揚げ十周年記念公演、中野ポケットスクエア劇場HOPE。芥川龍之介「地獄変」をモチーフにした芝居だ。明治期の天才的な画家が「地獄変相図」を描くために、地獄の真実の実景を見ることを渇望する。そのため父を愛し、父の藝術を崇拝する娘と娘につれ従う女中が自らの体を火に投じ、それを描いた名画が誕生する。画家は自決する。画家の背後には、皇室との姻戚関係を鼻にかける公爵である悪辣な画商がいて、有為な画家たちを食い物にしている。また芝居の重要な側面に画家の弟子たちの、藝術と実生活、藝術と金銭の矛盾に懊悩する姿を描き、真摯な論争を展開する。そうじて藝術とはなにかということを問う芝居で、シンプルで力強い勢いがある。動きの少ない生硬さも感じる芝居だが、その生硬さが真摯な感情の支えになっていた。
▼メモ。踏み切り事故で31歳で亡くなった画家・石田徹也の没後5年の回顧展を、銀座ギャラリーQで見た。
なんともいえない深い不分明の闇が漂う絵だ。今のロスジェネの若い世代の心を捉える絵だと思った。
[PR]

by engekibukuro | 2010-05-28 13:01 | Comments(0)  

5月25日(火)S「神崎与五郎東下り」(作・演出:横内謙介)

劇団扉座、座・高円寺。大衆演劇の人気役者だが、飲み、打つ、買うの遊びが度を越して、挙句の果てにヤクザの愛人と駆け落ちして芝居に戻れず、今はタクシーの運転手で毎晩娘のやっている居酒屋で飲んだくれて、喧嘩騒ぎをしょっちゅう起こして娘に迷惑をかけている男が主人公。ある日昔の仲間と今の座長が訪ねてきて、先代の追善興行に「神崎与五郎東下り」を出すので出すので、男の持ち役だった役をやりに戻ってきてくれという話になった。今の座長はかっては男の下だったが、「おやまルンバ」という曲が大ブレイクしていまや大スターだ。話がまとまり、稽古も順調にいってさすがといわれた男だが、ある日昔のヤクザがらみの問題が再燃して・・。まあよくある人情噺なのだが、この芝居の見所は男を演じた六角精児の演技だ。今はテレビの売れっ子でブレイクしていて舞台は久しぶりだが、一回り大きくなって戻ってきた。元々天分豊かな役者だが、さらに磨きがかかって客を呑み込む舞台になった。六角を知り尽くした高校時代からの盟友の横内が六角を最大限に活かした台本を書いたのも勝因だ。客演の市川笑也が座長に扮して花を添えた。さらに昔の役者仲間を演じた岡森蹄は扉座の前身である善人会議の時代からの六角と双璧の役者で、この二人の丁々発止の芝居も楽しめて、同じく創立メンバーの中原三千代rも要の役で出て、この劇団の魅力と力を十分感じさせた舞台だった。娘を演じた高橋麻里もよかった。

▼メモ。会田誠の「絵バカ」展をミヅマアートギャラリーで見た。大作3点。「灰色の山」は一見灰色だが、目を近づけると無数のOA機器と絡んだサラリーマンの死体が描かれた壁一杯に聳える山水画。会田は北京で半年かかって描いたという。藤田嗣治の名作「アッツ島玉砕」へのオマージュだという。さながら「キャピタリズム玉砕」だ。壁2方を埋めた「万札地肥瘠相見図」は1万円札の図柄を金箔をまぶして並べた。会田はこの絵は<これっぽちも意味はない、あるのはただ網膜への刺激、視神経への純粋な奉仕、これこそ日本の伝統絵画の真髄だ>と語っている。東京芸大油絵科出身の会田が四半世紀ぶりに描いたという油絵が「1+1=2」は原色の絵の具自体が歓喜のあまり踊っているようなアンフォルメル。あと東京芸大の1年生の女子が裸で踊るビデオ「よかまん」を上映。見事なバカバカしさは元気の源だ。座・高円寺に行く前に駅前の「代一元」で今年初めての冷やし中華を食べる。この店で十代のとき初めて冷やし中華を食べて美味さに驚嘆した。そ以来冷やし中華はこの店に決めている。下北沢にも姉妹店があったが閉店してしまった。
[PR]

by engekibukuro | 2010-05-26 14:24 | Comments(0)  

5月23日(日)S「百人町」(作・演出:唐十郎)唐組

雑司が谷・鬼子母神紅テント。大久保百人町のラーメン店・味龍が舞台。この味龍を近所の大病院の院長百足(モモタリ)が買い上げて潰してしまい、店の場所を病院の中庭にしてしまうつもりなのだ。書類の不備に漬け込んだ所業で、味龍の店長・シナチクやオカモチ3丁もちに挑戦している青年・丁屋は呆然とする。病院側と味龍の抗いの騒動の渦中に両方の関係者、非関係者どんどん現れて舞台をうめてゆき、シュウマイの首飾りが注文されたり、ラーユ合戦とか、唐風味満載の出来事が撒き散らされる。出来事には歌がつきそい、さながら音楽劇だ。ラストの幕落ちにはトロイの木馬が遠望されて・・。この舞台は昔の浅草の軽演劇のノリだな唐のお母さんは戦前浅草で芝居を書いていたことからも、なにか唐の原点回帰みたいな気がした。院長を演じた辻孝彦の怪演などまさしく軽演劇の面白さで、あっという間に終わってしまうめちゃくちゃ面白い1時間半だった。独特のジャンルの芝居が出来上がったようで、岡田悟一など若手も力をつけてきて、ベテラン、若手、唐自身も渾然一体の舞台を盛り上げていた。

▼メモ。モンテフォーリ著「スターリンー 赤い皇帝と廷臣たち」読了。上巻639頁、下巻528頁の大冊だが、ページをめくる止められない面白さだ。英国の歴史家は内容も文章もストーリーも完璧なバランスを持つ。スターリンという極悪非道の面と、人をひきつけずの置かない魅力の両面を持つ怪物をもごとに描きだし、ソ連・社会主義国家というものの正体を完膚なききまであばきだした。それにしてもアルカイダを書いた「倒壊した巨塔」もこの本も白水社はノンフイクションの良書をだすね。紅テントでは田之倉さん、唐ゼミの中野君に会う。大昔大穴を取ったときも雨の日だったと、今日のオークスの馬券をを買ったがダメだった。
[PR]

by engekibukuro | 2010-05-24 12:39 | Comments(0)  

5月22日(土)M「オブセッション」シアターコクーン

振付・美術・照明・衣裳:勅使河原三郎。勅使河原と佐東利穂子が踊る。開幕、劇場を揺るがすような強風の音か爆音か、大音響が響き、天助からつるされ線香花火のように爆ぜる電球の列が、舞台上に舞い降りて明滅する。勅使河原が踊りだす。前触れのような段階はなく、突然ダンスの渦中に飲み込まれる激しいダンス。それに呼応して佐東が台の上に伏していたポーズが舞台上のダンスに転化してゆく。明滅するライトパフォーマンスに照らされながら二人のダンスが交錯する。半ばからはファニー・クラマジランが舞台上でヴァイオリンを弾き、二人のダンスを主導して行く。一切の情緒的な喚起力を排し、美とか意味とかに追随しないダンスそのもの。その強度のみを標榜して、二人に主体はダンスの裡に消滅してゆく・・・・。決して感度などさせない、客を突き放して、このダンスの記憶だけをしっかり残した。


▼メモ。コクーンからおもろへ。N君、k先生、久しぶりのS君、カップル。先週の土曜はお休みしたので、N君に強要されて(?)決まりの泡盛に杯を1杯追加して3杯飲んだ。やはり3杯はきつい、その晩は帰宅してもほとんど前後不覚・・・。
[PR]

by engekibukuro | 2010-05-23 08:33 | Comments(0)  

5月21日(金)S「家の内臓」(作・演出:前田司郎)

アル☆カンパニー、SPACE雑遊。人間の内臓がぐちゃぐちゃなように、家族の中身もぐちゃぐちゃだというサマを社員旅行の温泉旅館を舞台にして、前田流に極めて説得的に描いた芝居だ。社員旅行といっても5人だけで、そのうち3人は家族(?)なのだ。?はこの家族、父、母、娘で、父とは母は離婚していているが、同じ会社に勤めている。そのうえ娘もその会社に入っている。温泉宿で夜中まで、ぐずぐず他愛ないことを喋りあっているうちに、その家族の内実が浮かび上がってくる。五人部屋とはいっても、前田流に狭い舞台に蒲団を重なり合って敷くような光景の中での父であり、上司である男のお喋りが中心。その父を演じる平田満の芝居がバツグンで、前田の巧すぎるような台詞を平田がどんどん増幅してやたらに面白い。前田の芝居を五反田団、青年団系以外の本格的な役者が演じるのはおそらく初めてではないか。平田にとっても新鮮な経験だったようで、実に楽しそうに演じていた。その平田を元妻の井上加奈子、娘の橋本和加子、社員の小林美江、西園泰博がペースをあわせて、前田の舞台の新局面を開いて見せた。父は実は会社を辞めることを、他の3人が温泉に言っているとき、母が娘に語るのだが、部屋に戻ってきても父はそのことは言わない。前田は人間は9割以上どうでもいいことを考えたり、話したりして暮らしているているというが、その1割以下のどうでもよくないことがほの見える舞台だった。

▼メモ。以前蓬莱竜太が、同じ小劇場の若手といっても、僕は前田司郎の芝居とは無縁だといっていた記憶があるが、平田のアル☆カンパニーが前回公演でその蓬莱の作・演出で「罪」を上演し、今回が前田の芝居を上演、なかなかの進取の試みで、両方とも成功しているのはめでたいことだ。
[PR]

by engekibukuro | 2010-05-22 11:51 | Comments(0)  

5月20日(木)M「裏切りの街」(作・演出:三浦大輔)パルコ

携帯電話で異性と話すサービスで知り合った人妻とフリーターがぎこちなく会って、ぎこちなくホテルに行く関係をだらだらと続けてゆく。フリーターには恋人がいる。二人は罪悪感に苛まされているが、会ってもテレビの番組の話ぐらしか話題がない。ただ体を結ぶだけだが、人妻は心から満足している。しかし、人妻は夫に、フリーターは彼女に浮気がばれてしううえに、人妻は妊娠してしまう。仕方なく二人は夫と彼女に告白しようと決めたが、妙な具合に許されてしまう。夫は浮気相手の子としりながら喜び、彼女も浮気していたのだ。しかも夫には女がいた。温度の低い、最低の関係のように見え、自分たちもカスだ、クズだと思っているが、三浦はそういうお互いに名前も知らないような二人の関係にこそ、純粋な愛の形をホンキで見出しているようだ。その気配が二人の基底にあるからこそ、この一見単調な芝居が3時間飽きずに観ていられるのだ。ボソボソ喋りうつむき加減に歩く男と、秋山菜津子の孤独感を放出する人妻が無人の坂を登って行く姿がなんともいえない美しさがある。この秋山、男の田中圭、邪悪感漂う松尾ススキ、三浦芝居の常連の古澤裕介、米村亮太朗が三浦の意十分に呈していた。それにしても人物たちの台詞の喋り方が、現代口語演劇の口調そのままで、いまさらながら平田オリザの影響の深さを改めて感じた。

▼メモ。久しぶりにSさんと「裏切りの街」を観た。三浦の芝居を初めて観るから、反応が気になったが、”主人公の二人は純粋だわ、見応えがあった”と彼女がいったので安堵した。かえりに白金のそば屋利庵で飲む。升の冷酒が旨い。むろん蕎麦も。
[PR]

by engekibukuro | 2010-05-21 12:53 | Comments(0)  

5月19日(水)M「甘え」(作・演出:本谷有希子)

劇団本谷有希子、青山円形劇場。劇団創立10年目だそうだ。一人劇団でよくやってきた。今回は父(大河内浩)と二人で暮らす小池栄子が演じる娘(順)の話。元モデルだったという母は離婚した。そのわがまま勝手な父に再婚相手(広岡由里子)が現れる。幼馴染の友達はだれにでもさせる女キョウコ(安藤玉恵)で、彼女はは読書家の順を慕っている。そのキョウコに優しくしてくれる先輩(水橋研二)を順に紹介する。舞台は随所に穴がある木製の抽象舞台。娘のことも他人こともを考えない父や再婚相手、無邪気だが無軌道な友人に囲まれて、ひたすら生存の価値感を読書で模索する順は、煮詰まって父を殺そうとするがことごとく未遂に終わる。父は”本ばかり読んで現実に向き合えない”と順をののしる。現実の混沌は本なんかではどうにもならないと・・。順は価値観の砂漠で漂流するばかり・・。遂にはキョウコの世話で、見知らぬ5人の男相手に・・。ベルが5回鳴って幕。本谷本来のエキセントリックなタッチで煮詰まった、こじれた世界を濃密に描く。小池の鬱屈した演技と、安藤のあけっぴろげな演技のコントラストがバツグンに面白い。ポツドールの看板女優だった安藤のポツドール時代の体当たり演技が一皮むけて、類をみない個性的な女優として目を見張らせた舞台だった。

▼メモ。一月1回の血圧検査で出版健保へ。2時間近く待たされてイライラしたから、血圧上昇、担当の女医のT先生、”お待たせしたからかしらね・・””そうですよ”、先週先生がお休みしかららしい。ロビーで海苔巻きの昼飯を済ませ、青山円形へ。劇場を出たら雨、濡れて帰ってCTに寄り「スターリン」、マリナーズ4連敗。
[PR]

by engekibukuro | 2010-05-20 10:29 | Comments(0)  

5月18日(火)S「ムサシ」(作:井上ひさし、演出:蜷川幸雄)

さいたま彩の国藝術劇場。初演はメッセージの強烈さに打たれたが、全体はちょっとギクシャクしていた。が、この再演はバンンスがとれた、見晴らしの良い舞台で、この芝居の真価が届けられていた。面白いダンスナンバーだとか、随所に井上芝居どくとくの面白さがちりばめられていて、亡くなった井上さんへの蜷川さんの鎮魂の気持ちが伝わる舞台だった。それにしてもムサシと小次郎を果し合いを断念させる、究極のヒューマニズムの強さ、説得力は異様な迫力をもつ。感動というより、ブレヒト的な異化効果を伴った感銘だ。「組曲虐殺」もそうだが、晩年の芝居は表面をなぞっただけでは解けない一筋縄ではいかない複雑な面を内包した芝居だと思わざるを得ない。そのことを大事にして考えてゆきたい。

▼メモ。ひさしぶりに池袋の喫茶店フラミンゴで「スターリンシ」下巻に入る。この見せはコーヒーが500円と高いが、長時間落ちついていられる店で、ややこしい本を読むときは、ここに来る。夜は与野のさいたま藝術劇場へ。帰り道で「JOIN」に書いた「私の初舞台」を劇評家のみなもとごろうさんと七字英輔さんが、面白いといってくれて嬉しかった。かえってテレビのMJLをみたら、マリナーズ3連敗。今年もダメか・・西地区で最下位だ。
[PR]

by engekibukuro | 2010-05-19 09:43 | Comments(0)