<   2010年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 

7月30日(金)M朗読劇「少年口伝隊一九四五」

作:井上ひさし、演出:栗山民也、新国立劇場 演劇研修所(4期生)公演、新国立劇場。原爆の被災に遭い、孤児になった少年3人が、原爆の被災で輪転機が壊れて、新聞発行不能になった中国新聞の代替策で、新聞の記事になるべき情報を町々の街頭で口頭で伝える仕事をする。この少年達の仕事や暮らしが中心だが、井上さんらしく、原爆の投下、被災、その激甚な被害状況の我々がかなり知っている事柄を、改めて3人の少年の物語の背後に、整理して核心をきちんと示した。特に、被災後の廣島が水浸しになった山津波、台風の被害の原爆の被害をさらに累乗化した惨禍の描写は息をのむ。舞台の前面に14人の男女の俳優が椅子に座る、背後に、ギターを弾く宮下祥子。この朗読劇は、2008年の2期生が初演して、3期生、4期生と受け継がれてきたものだ。私は初見だが、、14人がそれぞれのパートをきちんと演じ、廣島弁も自然で、老け役も少年役もちゃんと演じて、これは研修生として当然なはなしだが、総体に演技のレベルの向上が感じられ、この名作を栗山の演出のもとにほぼ十全に表現できていたことを喜びたい。3人の少年はその後原爆症で死ぬ。この少年達の記憶を風化させないために、毎年上演すべきだろう。

▼メモ。芝居が終わって、久しぶりに池袋の地下の喫茶店フラミンゴにより、佐藤優「日本国家の真髄」を読み出す。東武デパートでカツオを買い、今晩は一人なので、檀一雄の「檀流クッキング」のカツオのたたきと、丸元淑生のレシピで鶏レバーのシチューをつくり、ウイスキーを飲み、メシを喰う。
[PR]

by engekibukuro | 2010-07-31 11:17 | Comments(0)  

7月28日(水)S「女の罪」(作・演出:ペヤングマキ)ブス会

リトルモア地下。ペヤングマキは「ポツドール」の旗揚げメンバーで、AV監督でもある溝口真希子。彼女が立ち上げた「ブス会」の第一回公演だ。舞台は、こじんまりしたバー。どこからか紛れ込んできたダサイ主婦らしき女が、カラオケで熱唱している。アクンターには風俗の女、バイトのハタチの女の子、マダムは巨乳をほこるグラマー、あとからパッパパーの子持ちのキャバクラ嬢。この5人の女が繰り広げる女の裏と表。ペヤングマキは、”全ての女が嫌いでもあると同時に愛おしくもあろます”と語る。そんな彼女の女に対するアンビバレンツな感情が、女の恋愛、結婚、出産、浮気を巡っての性愛の種々相を突き放して描き出し、狭いkバーはどんどん煮詰まってくる。そのリアリイテイの凄まじさは、女の悩みのタネである男から見ると、慄然としてタジタジになる。話の細部の転調が見事で、女優連も捨て身の頑張りで、「ブス会」は類をみない芝居を立ち上げたといっていい。
▼メモ。来春開場する神奈川藝術劇場:KAATの「ラインナップ発表」会が渋谷の東急ホテルで開かれた。藝術監督宮本亜門が、まずクリエイテイブパートナーを紹介した。首藤康之、岡田利規、岩城京子の諸氏。ついでライインナップは、杮落としは宮本演出の三島由紀夫「金閣寺」だが、1月後半に長塚圭史演出の三好十郎「浮標」、3月に三浦基演出の芥川龍之介作「Kappa/或小説」、杉本博司の杉本文楽「曽根崎心中」、2月には岡田の新作「ゾウガメのソニックライフ」も上演される。長塚、岡田、三浦と現在では最強の前衛作家を主力にしたのは、一大見識で亜門監督下のKAATの活動は大いに期待できる。大変だろうが頑張って欲しい。
・柄谷行人著「世界史の構造」(岩波書店)読了。世界史の現在は、もうほとんど行き詰まっていることを感得させてくれる本だ。世界史を交換様式AからDで読み解くというのがこの本の基調だ。その交換様式の基礎は主にカント、ヘーゲル、マルクスの業績からだ。だから、カント、ヘーゲルはおろかマルクスさえほとんど読んでいない私は、この本の理解はほとんど出来ていないだろう。柄谷の文体をたどる感覚的なもので最後までよみとおしただけだ。ただカントの「他者を手段としてのみならず目的として扱う」という道徳律と、著作「永遠平和のために」の国際連盟についての論述が、戦争の惨禍により第一次大戦後に国際連盟、第二次大戦後に国連とと実現され、柄谷の目指す「世界共和国」へは、再三次大戦によって実現されるのか・・・という問題構成は解った気がした。これくらい難しい論述でも、今の世界は読み解けない難所にきているようだ。だから、今の論壇の論文がなんの手ごたえもないのは当然なんだりう。有識者と無識者との差異が歴然として、あいまいなインテリまがいはまったく無用。そのことがわれに返って、解っただけでも読んだ甲斐があった。
[PR]

by engekibukuro | 2010-07-29 13:38 | Comments(0)  

7月27日(火)▼メモ

▼シネシャンテでスコット・クーパー監督の「クレージーハート」を見る。この映画でアカデミー賞のオスカーを獲ったジェフ・ブリッジスが、落ち目のカウントリーミュージックの歌手を演じる。一種のロードムービーで、かっては人気絶頂で才能溢れるシンガーだったが、酒びたりが嵩じてどんどん下降、いまは小さな町のボーリング場の片隅や、居酒屋で歌い、旅から旅への毎日だ。それでも昔のファンが必ず一人や二人はいるのだ。そんないまや57歳の彼にも煌くような恋に恵まれて、それも一瞬にして消える・・・。まあ、ラストはハリウッド映画の予定調和に収まってしまうが、ジェフ・ブリッジスの演技は凄いとしかいいようがないし、シコット・クーパー監督は、涙腺を刺激させるシーンを続出させた。もちろん、全般カウントリーミュージックが流れる。福田和也がカウントリーミュージックが、一番アメリカの深層のリアリテイを表出している音楽だといっていたが、言葉はわからなくても、それは十分感じられた。

▼今週の週刊SPAの福田和也と坪内祐三の連載対談は、亡くなったつかこうへいの話。そこで坪内が、年に100本以上芝居を観る演劇評論家を”そんなに観て、うんざりしないのかね”といって、演劇でも映画でも一つのジャンル観ない批評家が多い、そういうジャンンルjを横断的に体験するのが重要なのにと・・。そういえば何十年も芝居の周辺にいるが、美術だと会田誠あdとか、映画ではクリント・ウーストウッドの話や、村上春樹の「1Q84」を読んでも話し相手がいない・・・・。
・映画の帰りに久しぶりに日本橋のたいめいけんで昼飯にロースカツを食べた。さすが老舗の洋食屋tのカツは美味い。
・昨日前歯が前触れもなくポロリと抜けた。出版健保の歯科へ。抜けた歯をもっていったら、ソレを入れなおして済んだ。もっとも春にその歯を入れてくれた先生だったが・・・。
[PR]

by engekibukuro | 2010-07-28 09:46 | Comments(0)  

7月26日(月)









 ▼メモ・・。今日、明日芝居がない。こう暑いとほっとする。
内田洋一さんから新著「現代演劇の地図」(晩成書房)を贈っていただいた。目の前の2,3冊の本をかたずけてからゆっくり読もう・・。
[PR]

by engekibukuro | 2010-07-27 08:03 | Comments(0)  

7月25日(日)M「少女仮面」(作:唐十郎、演出:久保井研)

座・高円寺。ボッテイチェリも蒼ざめるだろう極東の爛熟したヴィーナスのチラシを全都に散布した伊東由美子の生誕50周年記念公演。伊東が出演を念願した唐十郎の芝居、舞台はその思いがこもった見応えがあるものだった。伊東の男装のだ麗人・宝塚の春日野は、さすが一昔前に佐藤信をして”小劇場界最高の美女”といわしめた面影は消えやらず、華麗かつ颯爽として堂々と登場した。唐戯曲の体験がない役者達を演出した唐組の久保井はなかなか大変だったろうが、伊東の存在感と戯曲の力を借りて、唐十郎の名戯曲を、その名に恥じない舞台に仕上げた。助演では唐戯曲の唯一の体験者、南河内万歳一座の荒谷清水が大きな力になっていた。幻影と現実、幻の満州、メリーポプキンスの「悲しい天使」や小室等の音楽が流れる中で、唐世界が深まってゆく後半は、伊東と久保井の願いを叶えた舞台になった。こちらは早稲田小劇場の初演、状況劇場の再演を観ている老齢者だから、”乙女が婆あになる・・・”などの唄を聴いたりすると、懐かしさの波状攻撃を防げなかった。観るべし、8月1日まで。

▼メモ。終わってロビーに出てきた久保井研を激励した。
・帰途、CT(コーヒータイム)によって柄谷行人の新著「世界史の構造」を読み始める。
[PR]

by engekibukuro | 2010-07-26 10:21 | Comments(0)  

7月24日(土)M「蟹」(作:サジキドウジ、演出:東憲司)

美術:塵芥、劇団桟敷童子、すみだパークスタジオ。開幕、舞台は水しぶき、劇場いっぱいに清涼感が漂い、この暑さにはなによりのオープニングだ。舞台は東の故郷北九州。この劇団の基本ベースの土地だ。敗戦直後の廃山になった炭鉱に、旧陸軍が隠匿したという”お宝”を廃坑に住む住人たちと地元のヤクザが奪い合うという大活劇。サジキ芝居独特の北九州の下層民衆の人物達が活躍し、そのエネルギーが舞台を満たす。いわば定番化したお芝居だが、愚かだが愛の塊ともいうべき老婆、一匹狼のような女傑、屈折した復員兵、徹頭徹尾芝居の外部にいるフシギな少年とか、東憲司が描くサジキドウジの芝居の基幹になる人物を、鈴木めぐみ、板垣桃子、池下重大、富山博美の劇団の中枢の役者がしっかり演じて、劇団桟敷童子の芝居のサンプルともいうべき舞台に仕上がっていた。それと水をふんだんに使い、この世の最後に咲くという”終わりの赤い花”を添えた東美学が貫徹したセノグラフイーが今回は見事なもの。最近の「子供のためのシェイクスピアカンパニー」や「椿組」という劇団公演の集団の力を示した舞台が、巧い役者を集めてサマにするプロヂュース公演よりも充実感があることを、この舞台でも感じた。

▼メモ。会場の錦糸町からスカイツリーが丸見えだ。
・終わっておもろへ。今日はカップルが欠席。k先生の故郷の金沢八景の水族館が、週刊文春の水族館ベストテンでトップになった話、稲庭うどんおと水沢うどんの比較とか・・・。
・今晩はわが団地の夏祭り、生ビールが絶佳!
[PR]

by engekibukuro | 2010-07-25 11:51 | Comments(0)  

7月23日(金)▼メモ

▼サイモン・セバーグ・モンテフイオーリ著「スターリンー青春と革命の時代」(白水社)読了。633ぺージの大著だが、前作「スターリンー赤い皇帝と廷臣たち」と同様の面白い本だった。あまり今まで扱われてこなかったスターリンの生い立ちから青春期、波乱の前半生から十月革命までを扱っている。グルジアの靴職人の息子で、学業は優秀で父親は靴職人を継がせたかったが、利口でしっかりした母親の願いで、神学校に入る。この学校でマルクス主義に目覚め、革命家の道へと突き進んで行く。グルジア語で育ち、ロシア語は後天的に学んだ。その頃のロシアはツアーリの悪政で衰退の一途をたどっていて、一種めちゃくちゃな国だった。革命家も平気で革命資金のため銀行l強盗を働き、コサック兵と撃ち合いをする。スターリンは生まれつきのカリスマ性をもち、恐ろしいくらいの勉強家だったから、たちまち頭角を顕し、強盗の計画から、裏切り者の殺害まで精力的に活動する。冷酷無比でありながら、素晴らしい抒情詩を書き(翻訳が載っているが、ほんとうに素晴らしい)、女によくもて、見境ない女たらしでもあった。シベリヤに流刑されるが、たちまち脱走する。秘密警察とのおっかけっこを繰り返す。しかし、帝政ロシアも厳しいようで恐ろしく寛容でもあり、流刑といっても遠隔地だということだけで普通に暮らせる。それは革命後のスターリンの恐怖政治とまるで違う。スターリンのソビエト政権は帝政ロシアの院がであり、スターリンは1937-38年の大テロルの時代に、は自分の友人、家族を含めて150万人を銃殺し、2000-2500万人の人民の死に責任がありながら、自分が政治、軍事、科学、文学の天才であり、人民の帝王、赤いツアーリだと思っていた。それでいて一種独特の魅力があったことも事実で、この本はそのような複雑怪奇な人間をこれ以上ないくらい面白く書いている。名著だ。
・▼知り合いの娘さんの漫画家・結城のぞみさんの「中華街的猫模様」を読む。ヨコハマ都市伝説の猫の話だが、面白いが、漫画を読むのは慣れてないと難しいものだね
▼マリナーズ、レッドソックスに6対1でまけていて、九回に同点にして、延長13回で勝利の好機を凡退してまけた。4番打者のふがいなさ・・・これじゃだめだ。
[PR]

by engekibukuro | 2010-07-24 10:47 | Comments(0)  

7月22日(木)S「天保十二年のシェイクスピア」

作:井上ひさし、構成・演出:西沢栄治、椿組、新宿花園神社境内特設ステージ。椿組代表で、この芝居のプロヂューサーでもある外波山文明さんには悪いが、予想もつかなかった名舞台で”椿”事といってもいいくらいの酷暑もふっとぶ面白さだった。初期井上芝居の殆どポルノに近いシーンもある、猥雑なエネルギーが舞台にみなぎっていた。それにしても、笹川の茂蔵と飯岡の助五郎の、両ヤクザの対立の”天保水滸伝”にシェイクスピアの全作品を入れてしまうという大難事が見事にやり遂げられている。もっとも原作どうりだと上演不可能な長尺なので、構成しなおしてあるが、それにしても「リア王」「マクベス」「ハムレット」「オセロ」の4大悲劇はきちんと入り、さりげなく「ロミオとジュリエット」も「間違いの喜劇」も挿入され、気がつかないのもたくさんあるのだろう。芝居の牽引者は「リチャード三世」のリチャードにあたる、佐渡の金山で辛酸をなめた山本亨扮する”佐渡の三世次”。シェイクスピアの作品と比べて観る無類の面白さもあるが、芝居の起伏をシェイクスピアの名作のさわりで繋げるワザは、まさに天才の名に値する。さらに西沢の演出が見事。枚挙にいとまがない様々な見せ方の工夫、なにより切れのよい快適なテンポで見せ場、見せ場を連続させる。それに加藤ちかの美術、寺田英一の音楽はじめスタッフワークも芝居に完璧に溶け込んでいた。そして、多数の役者群の一致団結したアンサンブル、要所要所での気分を高める合唱が入る音楽劇の楽しさも十分。舞台を支えるのは辻親八、水野あやなどのベテランだが、なんといっても前記の山本とハムレットにあたる”きじるしの王次”を演じた元唐組の丸山厚人がバツグンに面白い。なによりシェイクスピアの作品を通して人間に関する新羅万象を描かんとする初期の井上の熱い気魄がこの舞台で感じられたこと。そして、作品の背後での作者の視線が客とどうとうなこと。近年の”むずかしいことをやさしく、面白く”というような最近の演劇への姿勢との差異(当否ではない)またテアトロ8月号での菅孝行の「東京裁判三部作」批判(鋭い問題意識と後半のメデタシ、メデタシとのアンバランス)などを含めて、井上ひさしの作品を再考する絶好の機会を与えてくれた舞台だった。それにしても亡くなる前に井上さんに見せたかった舞台だった。25日まで。
▼メモ。暑い!
[PR]

by engekibukuro | 2010-07-23 13:34 | Comments(0)  

7月20日(火)S「お気に召すまま」あうるすぽっと

作:W・シェイクスピア、脚本・演出:山崎清介、子供のためのシェイクスピアカンパニー。
 この舞台はカンパニーのテイストが十二分に溢れでた快作だ。黒ハット、黒マントのユニフォームの総員(コロス)がリズミカルに手を打って、まずはこれから始まるお芝居のご案内。そのコロスの誰かがハットを脱ぎ、マントを外して、それぞれの役に扮してゆく。このコロスと役のチェンジの間合いが絶妙で、それが舞台のウエーブをつくってゆく。お芝居は追放された公爵を中心に、公爵が暮らすアーデンの森に集まってきた、これも追放された若者達の恋のクロスストーリー、純然たるロマンス劇だ。男装した公爵の娘ロザリンドと追放された貴族オーランドの恋を中心に、もう一組の貴族同志、羊飼いと村娘、元宮廷の道化と村娘、以上4組の恋がめでたく成就、同時に式を挙げる堂々たるハッピーエンド、。山崎は原作のエッセンスだけを剪定、抽出して、ソレを巧に繋いでゆく。しかし、外したものに含まれているシェイクスピアの豊かさは、別種のパフォーマンスの数々で十分補填されている。物語の要所は山崎の腹話術で使う様々な人形の愉快なお喋りで決めてゆく。かくして役者たちのアンサンブルは頂点に達して、客はこの素朴なロマンス劇を心から楽しんでいる自分を認めざるを得ない。シェイクスピアの舞台に新局面を開き、カンパニーを牽引してきた山崎清介と役者達の先頭に立って、アンサンブルの中心を担ってきた伊沢磨紀に心からの拍手だ。

▼メモ。レッドソックスの松坂が、アスレチックスに見事なピッチングで勝った。完全に復調した。芝居には扇田さんが来た、”昨日はどうも”・・。扇田さんもこの舞台には感心していた。
[PR]

by engekibukuro | 2010-07-21 10:40 | Comments(0)  

7月19日(月)S[シアター・クリテイック・ナウ 2010

 座・高円寺のカフェ・アンリ・ファーブルで行われた。
第一部はAICT演劇評論賞受賞式と記念シンポジウム。
受賞作は岡村春彦著「自由人佐野碩の生涯」と内田洋一著「野田秀樹」
岡村さんは車椅子で奥様といらした。言葉がご病気で不自由だが、短い受賞のあいさつは本当に受賞を喜んでいらしたようで、選考委員として報われた気持ちになった。内田さんが、岡村さんの本と同時の受賞が光栄だと挨拶されたのも良かった。
シンポジウムは「脱出せよ日本演劇」というタイトルで、野田学さんの司会で、野田秀樹、扇田t昭彦、内田洋一の各氏が出席した。佐野碩も野田秀樹も国外に様態は異なるが、人生の重要な局面で国外に出た。千田さんが二人のそのことの関連を解説され、野田さんは海外公演の映像をみせつつの話が面白かった。内田さんの本は、野田さんの16歳で書いた処女作「アイと死をみつめて」を発掘され、この本に載せた。その戯曲は扇田さんによれば、処女作にして天才の兆しが歴然として、現在まで成熟しつつそれが持続している、まさに天才だと・強調された。総じて野田さんの発言はとても明晰で、魅力的だった。扇田さんが、70年代の野田さんとインタビューすると、はぐらかされるばかりだったが、今はとてもきちんと応対してくれて立派に成熟されたと・・・。野田さんは苦笑い。しかし、面と向かって”天才、天才”といわれるとどういう気持ちなるのだろう。天災かもしれないが・・・。しかし、充実したいいシンポジウムだった。そのあとの第二部のレセプションも、その流れを受けて、なかなか楽しい、野田さんも出席のいろいろの人に気軽に対応されて、いいレセプションだった。、
[PR]

by engekibukuro | 2010-07-20 13:05 | Comments(0)