<   2012年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

12月30日(日)M「第三世代」リーデイング&レクチャー

構成・台本:ヤエル・ロネン、訳:新野守宏、翻訳監修:細田和江、演出:中津留章仁、上野ストアハウス。
 主催:国際演劇協会(ITI/UNESCO)日本センター、<紛争地域から生まれた演劇4>。(ベルリン・シャウピューネ劇場&テルアビブ・ハビマ劇場共同製作)による。
小劇場とはいえ、超満員で、会場にはこういうマイナーな劇場では見かけない、渡辺保、大笹吉雄、青井陽治、それに坂手洋二、流山児祥などの顔も見え、雨の押し詰まった日に大盛況・・。これはこういうインターナショナルなアクチュアルな演目を、評価急上昇の中津留が演出するからだろうと、自分がそうだから、そうなんだろう・・。
 俳優たちは小劇場の10人、オリジナルなメンバーはドイツ人俳優4人、ユダヤ人俳優3人、パレスチナ俳優3人で、テキストはドイツ語と英語を使い分けるものだ・・。
 この「第三世代」の目指すテーマは”ドイツ/イスラエル/パレスチナ、対立の壁を越えて”というもの・・。ナチ・ドイツ、ヒットラーのホロコーストのユダヤ人虐殺を体験したユダヤ人が、いまパレスチナの領土・人権を侵略、殺戮を繰り返しているという歴然たる現実、ユダヤ人の言い分は、パレスチナ人過激派のロケント攻撃に対応しているだだという言い分あがる。これを祖父たちがホロコーストに係わったドイツ人俳優たちが演じ論じ、それにユダヤ人、パレスチナ人俳優が激しく対応、相互に論じ合う・・。人間の経験とうものが、その負の体験が、ひどいことを再現しない力になっていないとう、そのことがどんどん明らかになってきて、最後には永遠の水かけ論、というか不毛な結果になってゆくと感じざるをえない・・。というのもオリジナルはドイツ、イスラエル、アラブ・パレスチナの当時者たちが演じるのだが、日本人は局外者だから、なおさらそうおもうのだろう。中津留はそれをジャパニーズにかなり強引ににきつけて、”ジャパニーズはチャイニーズに全員殺されあてょうがいい”という言葉もまじる、今の日本のこれもかなりヤバイ情況にあわせようとした。たしかに日本人は日中戦争で中国の民間人を殺したが、日本人は中国人に日本本土で殺されなかった・・。この当事者性がないことかへの、真面目な対応はこれしかないのだろうとは思う。終演後のラウンドテーブルで原作者のヤネル・ロネン女史の話をきくと、ドイツでの上演は、これはコメデイとして上演したという・、セリフに包茎とか割礼とかのことばが頻出したりするのも、そういうもので、コメデイとして演じるしか方途がないような現実なのだろう。テルアビブでの上演では、そのときイスラエルはガザを空襲している時だというから、演劇に対す肝の据わり具合が日本とは違うのだな・・。水掛け論は哄笑して吹き飛ばすしかない・・。それが今日的な精神衛生を保つ方法か・・
そういうことをきずかせてくれた中津留の大マジな演出は、いかにも中津留らしいし、今年最後の観劇体験として記憶に残るだろう。
▲これで今年の観劇は終了。総本数250本。今年もこのブログを読んでくださった方々に心から感謝します。老骨に励みになりました。来年も皆様、良いお芝居に遭遇するように!
[PR]

by engekibukuro | 2012-12-31 08:45 | Comments(0)  

12月29日(土)





▲ NHK夜10:00のNHKの2012年のイチローの密着ドキュメントを見る・・。イチローにとっての転換の年、紙一重の打撃不振、マリナーズとの5年契約が切れる年・・。重大な決意の結果、ニューヨークヤンキースへの移籍、打順もレギュラーへの確約も球団の随意でOKというプライドなどかなぐりすてての決意だ・・。打順8番というのはまったく異様な印象をうけたものだ、移籍直後の試合が11年在籍したマリンナーズとのシアトルセーコフイールド球場での試合・・、打席にたったイチローを長年のシアトルのファンは総立ちで迎えた・・。外野席でイチローのヒットを大きな紙に表示し続けた熱狂的な女性ファンに試合後イチローは背伸びして彼女と握手し、その女性は涙を拭いていた・・。シーズン終末期にヤンキースの主力選手の怪我人が続出し、イチローの出番が存在感がまして、イチローがこの好機を活かしきった・・。マリナーズ時代のチームの重責感から解放されて、身軽に野球に打ちこめる喜びがにプレイに見えてきて、終盤戦のダブルヘッダーでは、2試合で7本のヒットを打っての大爆発で球場を沸かせたのだった・・。イチローとのインタビューはとても哲学的でユニーク、これもひとりよがりの面妖なもではない・・。”わたしの人間としての成熟期はもっと先にあって、其のときに選手でいたい”と言う言葉はなんとも含蓄が深い・・。そしてポストシーズンでのホーム生還の、ホーヌベース奪取の曲芸みたいなプレイ、この場面は何回見ても歓声をあげてしまう・・。イチローはヤンキースと2年契約した・・。イチローのプレイを見るのは、老後の最大の楽しみだ・・。開幕が待ち遠しい・・。
[PR]

by engekibukuro | 2012-12-30 08:49 | Comments(0)  

12月28日(金)「光のない。」エルフリーデ・イエリネク

林立騎訳、白水社。


 これが上演することを想定したテキストだとは、「ポストドラマ演劇」というものの絶好のサンプルが、このノーベル文学賞を受賞した作家によって書かれたものだいとうことはやはりすごいことなんだろうとは遠く実感できた。それは、この「光のない。」はイエリネクが福島原発事故に触発されて書かれたというが、これはむろん福島そのものにへの言及、イメージの接近はあるが、「この光のない。」がゲーテの「もっと光を!」という臨終の言葉を踏まえていて、人類が光を希求し、光を豊富に手に入れて、それが過剰化した結果がこの事態だという含意もあり、「光のない。」の世界が、もっとメタフイジカルな総合的な思考が基礎になっているという、そのことを訳者の解説から教えられたが、テキストの全容の理解などおよびもつかないという読後感は、しかし、未曾有の事故から触発さた演劇の新しい世界とは、こういうテキストだとはおぼつかないが、そう思う。これを三浦基が自分の解釈で見事に上演したことの凄さをおもう・・。それとこの翻訳で「第五回小田島雄志・翻訳戯曲賞」を受賞する林立騎氏の翻訳の立派さも・・。


▲ノロウイルスにやられたらしい・・、お医者さんはノロにはん何十種類もあるというが、吐き気と下痢の症状は・・・あって、熱がないのがせめてものことで、せっかくの正月を迎えて・・、今日もおもろの最後の夜なので行ったが、泡一杯やっとのんで帰るしまつで・・。
[PR]

by engekibukuro | 2012-12-29 11:30 | Comments(0)  

12月26日(水)S「音のない世界」(作・演出:長塚圭史)

新国立劇場。
 
 出演者が、近藤良平、首藤康之、松たか子、それに長塚・・。このメンバーなら誰だってダンス主体の出し物だとおもうよね・・。話は、この4人が色々の人物に、入れ替わり立ち代り扮して、いろんなエピソードを繰り広げるのだが、なんかごちゃごちゃして、よくわかんあないんおだが、大事なモノ、話の焦点は、二つのカバン、一つには古いレコードをかける蓄音機が、もう一つにはカバンを開けると、そうそう物語のはじめには首藤と松の貧乏な夫婦がでてきて、首藤が寒さい寒い冬の戸外にでてゆくことから始まるのだった・・、カバンの中からバネ仕掛けの男女ニ体の、この夫婦の人形が飛び出してくる・・。それにしても長塚が、毎回、毎回、意表をつく作品を出す。そのなかには今年も三好十郎の「浮標」の再演という本格的な日本の近代劇の見直しの傑出した演出もあった・・。さて、この舞台だが、ダンスがある、ない、観てのもお楽しみということに・・、それにしてもこういう冒険的というか、長塚の当初のアイデイアの展開の貫徹というか、こういうモノが観られるのも新国立劇場ならではのコトだろうね・・・。
▲平田オリザ著「わかりあえないことから コミュニケイション能力とは何か」(講談社現代所新書)を読んだ。大阪大学コミュンイケシヨンンデザインン・センター教授として、演劇を使ってのコミュニケーシヨン授業を理科系の学生に施し、現在はそれと阪大のロボット博士石黒教授とロボット演劇を開発、見事な成果を挙げている・・。日本の初頭教育、国語教育の中での演劇の授業、ワークショップに全国の学校を回り、現代口語演劇を基にしたワークショップで海外でも活躍して、この本では日本語の言語論、現在のコミュニケーシヨンをめぐる難題のときほぐしを重点に書かれている。今の日本は価値観がバラバラで、昔みたいに一致団結することができる国ではなくなった。。そういう情況でのコミュニケイションの困難にどう対処するのか・・。平田の現代口語演劇論、その実証としての青年団の芝居から、前田司郎、岡田利規などの劇作家が輩出し、日本の演劇界の様相を一変させた平田の力は、演劇の狭い演劇の世界から演劇を外部へ広げた多大の功績がある。この本はその理論の深化をうかがわせる本だ・・。いろいろ教えられたが、なかで、平田がアメリカのプリンストン大学へいって、日本語について、大きな影響を受けた牧野成一教授に会ったときの喜びを書いていて、”人生は辛く哀しいことばかりだけれど”こういう美しい時間に巡りあえるのだという記述が、胸をうった。そうか長年連れ添ったヒラタヨーコさんとも別れたなど、余計なことが頭をよぎったりして・・。それに関連するとはいえないが、演劇の伝達の方法論は、何を伝達するのかということも考えてみたいとも思ったのだった・・。
[PR]

by engekibukuro | 2012-12-27 11:12 | Comments(0)  

12月25日(火)

















▲年末仕様に・・・。さて、なにから、格好つけるだけでいいか・・。
[PR]

by engekibukuro | 2012-12-26 07:51 | Comments(0)  

12月24日(月)M「JIPANG PUNK-Goemon RockⅢ」 

作:中島かずき、演出:いのうえひでのり、作詞:森雪之丞、東急シアターオーブ、劇団☆新感線。

 うなぎのぼりに集客している、新設された渋谷の東急ヒカリエの11階の東急シアターオーブ。この劇場は海外からのミュージカルの招聘公演が主体だが、日本ではこの劇団☆新感線が、オープニングラインナップに加えられたのだ・・。クアパ2000の大劇場、入ってちょっ戸惑うぐらいの壮観で客席が3階まである、天井が高いまさに大劇場の格が感じられる劇場だ。そういう劇場での演目はいかに?ということで、いのうえは、新感線のレパートリーの中ではー「五右衛門ロック」なら、歌あり、踊りあり、チャンバラありの”お約束”痛快音楽活劇”でいちばん新感線らしい作品になる!と、この作品を舞台に上げたのだ・・。キャストも豪華、劇団No1の古田新太の五右衛門を中心に、客演・劇団のメンバーは三浦春馬、蒼井優、浦井健治、高橋由美子、橋本じゅん、高田聖子、粟根まこと、それに大劇場をもともせず圧倒的な貫録で舞台を圧した、堺の豪商を演じた村井國夫、太閤秀吉の麿赤兜・・。休憩一回の4時間の舞台は、空海が秘匿したという財宝を奪い合う大活劇で、荒唐無稽、あざとさをものともせずに、役者それぞれの見せ場を周到に置いて、活劇ミュージカルの大高揚シーンの次には、大劇場もひっそりする男女の哀憐の場が続き、多彩きわまるストーリーの展開を、森の作詞の歌と踊りの場でアクセントを添えて、絶対に飽きさせないといういのうえの覚悟が貫徹した。青井優の女泥棒が面白く、本格ミュージカル俳優でもある村井の演技と、情況劇場のアングラ役者から大駱駝鑑の舞踏の名手への麿の存在感が、いのうえの仕事の総仕上げを、古田の五右衛門とともに支えたのだった。多少大味だったにせよ、大劇場の満員の客席のオープニングラインナップに選ばれた重責を果たした劇団☆新感線のカンパニーとしての実力を見事に証明したのだ。
[PR]

by engekibukuro | 2012-12-25 07:55 | Comments(0)  

12月23日(日)












▲NHK日曜美術館の円空の木彫の紹介は凄かった・・。仏教彫刻というより、その鑿の切り口の即物的で鋭い感触は、まったく現代彫刻だ・・。
▲有馬記念。出遅れたゴールドシップを内田博幸はじっくり追って、ラストに鮮やかにスパートさせて一着に、それと致命的な出遅れを3着までもってきたウイリアムズもすごい・。ワイド、ゲット、が今年も大赤字・・・。
[PR]

by engekibukuro | 2012-12-24 06:03 | Comments(0)  

12月22日(土)岸田今日子 円・こどもステージNo.31

「魔女とたまごとお月様」(作:別役実、演出:国峰真)シアターχ。

毎年12月の恒例公演。今年も舞台前の桟敷席は子どもたちで一杯だ・・。それに今回は、久しぶりの別役さんの新作なのだ・・。
 町外れの魔女の家の横には、魔女アガサのアガサという名前が表示してあるバス停がある(これは別役さんのお芝居だよという標識でもある・・)、が、このバス停で降りる人はまるでいない・・。この魔女は、町に出ては牛乳をもっている人にわざとつまずいて、こぼしてしまったり、いろんな意地悪をして評判がよくないのだ・・。ただ一人、いやただ一匹魔女を支えているのは猫のクロベエだけ(しかもしクロベエという名がつけられたのもごく最近なのだから)・・・。
 猫のほかに舞台のバックに暗く輝いているお月様は魔女となにかつながりがあるのかな、なにしろある日カ-テンをあけたら大きなカラフルなたまごが、デンと椅子においてあったのだ、お月様と魔女の間に産まれたのかな・・。実は、この魔女の家の近辺をウロウロしている老探偵がいて、この探偵はコウノ鳥の親から行方不明になったたまごを探すようにたのまれているのだ・・。かくて、かくて魔女の娘ノンノが誕生したのだが、この娘、やはり渡り鳥の血をひいているので、季節になると無性に南の国へゆく気持ちが昂ぶるのだ・・。だが、もう飛ぶにも羽がない・・、魔女は片道の船賃だけを渡して南の国へ・・、さて季節が終わっても帰りの船賃がない・・。コウノ鳥の親や、行商人や妖精たちの、クロベエの心配は募るが、待ちに待ったある日、はるか大空から、ほうきの柄にまたがってノンノが帰ってきた・・、実は魔女がほうきを持たせて教えていたのだ・・。ナマバンドの音楽や、ダンスやうたもたっぷりの、別役新作品をスペクタクルにして賑やかな舞台ができ上がった・・。全体を石住昭彦のクロベエが支えて、シャーロック・ホームスみたいな格好の探偵を客演の西本裕行が演じて、久しぶりに観るので嬉しかった・・。
▲おもろ今年最後の土曜日、中川君だけ、カップルは旅行にでも行っのかな・・。中川君は安陪内閣の経済政策に期待している。現役の経済活動に毎日従事している人々の考えはそういうものか・・、後期高齢者の出る幕じゃないか・・。勤め先の”なとり”のたこ燻やビーフジャアキーをいただいて帰った・・。
[PR]

by engekibukuro | 2012-12-23 10:06 | Comments(0)  

12月21日(金)












▲週刊金曜日、<櫂未知子の金曜俳句>欄に今週も畏友・★谷岡健彦・★★堀切克洋(俳号:月光ほろり)さんの句が今週も選ばれている。
 兼題<茶の花>・★茶の咲ける小津監督の忌なりけり
月光さんは今月大健闘、五句選ばれた。中で特選句、兼題<竈猫>
        ★★拍子木の遠のいてゆく竈猫
[PR]

by engekibukuro | 2012-12-22 07:41 | Comments(0)  

12月20日(木)M「海の眼鏡」(作:東憲司、演出:高橋正徳)

文学座アトリエの会。
 この「海の眼鏡」の戯曲と自ら主宰する劇団桟敷童子で同時上演されている「泳ぐ機関車」の作・演出で東憲司は「紀伊国屋演劇賞」を受賞した。おめでとう!これは東個人だけではなく、劇団桟敷童子の役者陣の魅力、塵芥の美術、それら総体への受賞だろう・・。
 さて、「海の眼鏡」、舞台は九州の小さな海辺の町・・。海女だった老女の、今は廃れてしまった海女の歴史を記念する私設記念館に立てこもっている・・。この記念館が取り壊されることになり、それを彼女が断固拒否しているのだ。この老女を応援すべく篭城をサポートするのが、海女の水中眼鏡作りの名人の老人だ・・。この老女を演じるのが新橋耐子、老人は坂口芳貞・・。この二人の存在感が舞台を押さえていて、最高の海女だった老女、最高の水中眼鏡職人の老人の過去の姿が、舞台を揺曳する・・。老女の息子たち、孫娘、老人の娘夫婦などが、篭城の二人に応対して、二人の過去がの因縁のエピソードが露呈してくる・・・。桟敷童子では実現できない新橋、坂口の演技が、東の戯曲に新しい広がりを見せたのが収穫だった・・。そのうえで、この芝居を塵芥のセノグラフイーで飾り、老女を桟敷童子の板垣桃子が演じたらどうだっただろうとも考えて楽しかった・・。
[PR]

by engekibukuro | 2012-12-21 08:21 | Comments(0)