<   2013年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

 

7月30日(火)



▲有田芳生氏に薦められて藤岡利充監督の映画「立候補」を東中野のポレポレで見た。大阪府知事選に立候補した泡沫候補の選挙運動をルポした映画・・。大阪は松井と橋下という維新派の圧倒的な勢力下の選挙だ・・、中心人物はマック赤坂、”♪スマイル、♪スマイル”と唄って踊るのがアッピールのスタイル・・、秘書一人で、選挙カーはロールスロイス、京都大学出身、伊藤忠に務めて、独立してレアメタルを輸入する会社を立ち上げ財をなす・・、なにしろ供託金は300万円、規定投票数に達しないと没収される・・・それを何回も繰り返すのだから・・、立ち止まる人も少なく、警官も妨害する・・、しかし、その無残ともいうべき活動を繰り返し見ていると、マック赤坂の人柄、その真摯な一見ナンセンスな活動の存在感の訴求力がましてくる・・。ラストは東京へ戻って秋葉原、自民党の安倍総裁の演説会場に乗り込み、踊りだす。安倍応援の日章旗を林立させたヘイトスピーカーたちががマックに”帰れ!帰れ!の大コール、”ゴミ、ゴミ”との大連呼、この情景を、映画を見た高橋源一郎が朝日新聞の論壇時評で、このゴミ、ゴミといわれているのは”ボクたち自身なのだ”と書いた・・。マックの会社を継いでいる息子がまたユニーク、父親にたいして一概にいえない屈折したコトバを最初は喋っていたが、最後の秋葉原では断固父親を支持し、ヘイトスピーカーたちと対決していた・・。金持ちの道楽か、それとも今のこの国の民主主義、制度への根本的な疑義を提示している活動なのか、きわどいところだが、そのきわどさそのものがなにか肝心のところを捕まえていると、”ゴミ”は感じたのだった・・。その証拠のように、封切りからひと月たってこのごろは、1日に一回上映だったのが、安倍内閣ができてから1日3回になって客が増えている・・。
[PR]

by engekibukuro | 2013-07-31 10:10 | Comments(0)  

7月29日(月)S「カタルシツ 地下室の手記」イキウメ

原作:ドストエフスキー、訳:安岡治子、脚本・演出:前川知大、赤坂レッドシアター。

 ”・・・それでも彼は四十までは頑張ってきたんだ。他人と、社会と上手くやろうと努力したんだ。だがよく聞け、ボンクラども、もうこれ以上我慢できん。俺はもう降りる。こんな人生はウンザリだ。どういう具合に生きていいのか、俺にはもう分からん。・・・・俺がなぜ人生をを下りて地下室に閉じ篭ったのか。・・・それでも今思い出すのは、ある女との出来事だ。今日はそれを、この地下室から報告する。”この報告する男を演じるのが安井順平、女は小野ゆり子。舞台は女が決定的に絡むのだが、基本は安井の一人芝居、2時間近くのモノローグ・・・。地下室といっても、じめじめした暗さはなく、カップラーメンが並んでいる戸棚や冷蔵庫もあり、パソコンもあって、パソコン表示の突っ込みがバックの壁面に流れたりして・・・。
 小さいころから、周囲への適応不全でなにをやってもピントはずれで、友達もできず、ソレを挽回するのに独りよがりで盛り上がって自分で折り合いをつけて、結局暮らしは警備員どまり・・・。誰しもこの男のような要素はあって、なんとか克服してようよう生きてゆくのだが、へんなところで開き直って決定的に閉じてしまう。。そういう殊更に珍しくはないが、誰しも自分でも思いあたる、そういう男の生き方、考え方を前川はまさに演劇ならではの典型として描き、それを安井が、その含意をあますことなく示す見事なひとり芝居で演じきった・・。一人芝居というのは客への負担感はあって、たいがい疲れるものだが、安井の緩急自在で自他を笑いのめすような軽妙なユーモアもあって、これは素晴らしいものだった・・。演技水準の高いイキウメ演技陣のなかでも安井は一際注目していた役者だったが、これは期待以上・・。それと前川の才気は無論衆目が一致しているが、この芝居で私はその着眼点と才能への敬意が定まった。この芝居のクライマックスは、男がたまたま風俗にいって風俗嬢に場違いのお説教をして、相談にのると住所までおしえてしまう・・、それを真に受けた風俗嬢が訪ねてくる、男はうろたえて女はがっかりするが、なりゆきでセックスに・・、終わって帰るときに男はあわてて金をわたす、せっかくの商売でない純なソレだったのに、女がその金を返す小野の演じる哀しさが胸を打った・・・、とくに珍しい話ではないかもしれないが、人間がだれしも遭遇した経験というものの、演劇でしか記憶できないスタンダートが明示された舞台だった。
[PR]

by engekibukuro | 2013-07-30 10:36 | Comments(0)  

7月28日(日)

▲R・D・ウイングフィールド「フロスト気質」(上下)読む。名優殿山泰司さんの晩年や、ご健在の鈴木清順監督など、老年の読書はほとんどミステリー、それも海外ものだったのが不思議だったが、トシをとり、しかもクソ暑いとミステリーしか読む気がしなくなってしまうのもわかるようなになったが、この頃の海外ミステリーは、ややこしいコンピューターが決めてになったりするのが多くて、馴染めなかったが、この本はアタリだった。2001年に79歳で死んだ、この作家もコンピューターも扱うあが、ごく初期的でこっちにあうし、なによりこのフロストという英国デントン市の警部は天性の勘が凄くて疲れをしらない刑事だが、場所をわきまえない卑猥なジョークをいいまくる、女性に顰蹙を買いっぱなしの男で・・、だけど久しぶりにであったチャーミングなパ-ソナリテイではあって、それにミステリーとして、後半の謎の解明のスリリングな迫力は怒涛の如しで、久しぶりにミステリーを堪能した・・、既刊長編5冊、短編2冊、未訳1冊、まったくのおくればせだが楽しみが増えた・・。
▲団地の40周年記念夏祭り・・、。生ビール、盆踊り、この踊りの輪に浴衣を着た指導オバサンなど歯牙にもかけない凄く嬉しそうで、踊りの上手なふつうのナリの60前後のご婦人がいた・・、こんな単純な踊りに上手もなにもないんだろうが、踊り、からだの柔らかさ、からだの使い方がほれぼれするくらい、小さいころ踊りを習っていて、こういうとき思いっきり踊るのだろうか、顔つきがピナ・バウシュに似ているこのご婦人、酔いも手伝って思わず拍手・・、で、強引に誘われ一回り”踊った”が、ヘナヘナチョコチョコで・・。
▲午前一時半、NYのヤンキース休場での松井秀喜の引退セレモニーの中継、1日だけのマイナー契約の契約書にサインし、球場で主将のジーターから、55番のピンストライプのユニフォームを授与される。トケット完売、その日の試合の始球をし、満員の観客の大拍手・・、松井もアメリカの野球文化も凄い・・、日本に帰る気がしないのがよくわかる、この日の試合、怪我から復帰したジーターが初打席でホームラン、イチローが4打席4安打でレイズに勝った。ア・リーグ東地区4位kだが、これから挽回しそうだ・・。、
[PR]

by engekibukuro | 2013-07-29 09:59 | Comments(0)  

7月27日(土)M「プラモラル」(作・演出:佃典彦)

 制作:日本劇団協議会、ザ・スズナリ。

 ソートーン・ワイルダーの「わが町」のような裸舞台での、もともとの地付きの住民と移住者との目の見えない軋轢が、こどもたちを含めて、このどこともしれない日本の「ある町」で生起する・・。その町の有力者を寺十吾、若杉宏二、移住者を下総源太朗と芸達者が演じ、対する女優陣は青木沙織、坂井香奈美以下6人が親と小学生を演じ分けえる・・。芝居をまわすのは、名古屋の佃の主宰する劇団「B級遊撃隊」の吉村公佑と佃自身・・。冒頭で起こる正体不明の殺人が、最後まで
死体遺棄のまま片隅で放置されていたり、案内者の吉村が身元不確かだったりで、作者を探すピランデルロ風の趣もある芝居だった・・。
[PR]

by engekibukuro | 2013-07-28 10:06 | Comments(0)  

7月26日(金)M「極東の地、西の果て」本多劇場

作・演出:中津留章仁、TRASHMASTERS。

 休憩なしの3時間15分。しかも、この戯曲は、中津留が8年前の32歳のとき書いたという。書きたいことを思いっ切り詰め込んで書いた重量感、しかもその内容の異様性と切羽つまった緊張感の転属が、舞台への応対を尋常ではないものにする・・。中津留は九州大分出身だが、この芝居の大きな柱の九州が日本国家から外れて独立するという話は、近未来の芝居だといえ、沖縄・琉球独立はリアルだが、にわかに信じがた違和感があって・・。さらに特異で質の高い名高い芸術大学の存在、ここから出た天才画家の「朝の食卓」という絵にまつわる遍歴と因果が、この芝居の大きな糸になっていて・・。その天才画家の芸術論が、この芝居のアンダーストリームになっていて・・。前半は芸術大学が舞台で、後半は九州の山小屋が舞台、ここでは、前半の人物たちの血族が集まっていて、チャボや豚を飼い、野菜や茸も栽培している・・、ここでは特異な人物たち、”娼婦”も居住、土俗的世界の雰囲気がみなぎり、独特な血と性にまつわる哲学を開陳する主がいて、さらに2013年のTPP、食糧問題、アメリカの日本への食料支配についての分析、告発も縷々語り、毒を混ぜた食肉をばらまくテロリストの挙動についての言及があり、人間関係は複雑を究め、人物の出入りの演劇的都合の変幻自在・・。つまり中津留ワールドのてんこ盛りで、その豪腕の直球が客にぶつかってくるのだ・・。ただ、人物たちの意見に共感をもっても、それが芝居の中で演劇的訴えとして収まっているとは思えなくて・・。どうも飛距離もあり強度もあるが、場外演劇大ファアルの若書きの印象を拭えない。ただ、役者陣は大健闘、カルトチックなくらい密度の濃い、心からの中津留への敬意と共感が感じられて、この芝居の評価の公正な土台を創りあげていた・・。もしかしたら、全く新しいタイプの異化演劇の先駆者なのかもしれない・・。老骨の負担にたえながら、3時間15分の舞台をちゃんと退屈せずに観て、妙な言い方だが、違和感を楽しんでいるようなのだから・・。”静かな演劇”の末裔のチマチマした芝居よりずっといい、これからも見守りたい・・。
[PR]

by engekibukuro | 2013-07-27 09:57 | Comments(0)  

7月25日(木)★M・トム・プロジェクト★★S・万有引力

★「百枚めの写真 一銭五厘たちの横町」(原作:児玉隆也、写真」桑原甲子雄、作・演出:ふたくち つよし、笹塚ファクトリー)。
 「お前らは一銭五厘でいくらでも集められる消耗品だ」とうそぶく軍隊の上官・・。一銭五厘は召集令状(赤紙)の値段、その赤紙で出征した夫や息子の東京の下町の留守家族の写真を写真家桑原が撮った写真をたよりに児玉(田中壮太郎)が、その家族を探しだす物語・・、だが、大半の家族は戦火で離散してしまっていたが、ある下町の一角だけがそっくり残っていた・・。その一軒は祖母(大西多摩恵)、嫁(富樫真)、孫娘(森川由樹)の三人家族だが、祖母や嫁は写真を思い出す。写っていたのは他に三人の他に出征した息子(田中)、父(鳥山昌克)、亡くなった娘(森川)、息子の後輩(向井康起)だった・・。初演は2010年、プロデューサーの岡田潔は、11年の大震災の後だからこそ再演したという。震災や原発事故の被害者たちも、一銭五厘の兵士達も時の為政者・権力者の犠牲者たちだ・・。私は初演も観たが、そのときは思い出話のようなゆとりがあったが、今回観たら初演時と違った重苦しいリアリテイをいやでも感じた。大震災・原発事故だけではなく、今の安倍内閣の政治にも繋がっているのかもしれない・・。この一家の息子は、ニューギニアで、マラリアに罹患し、食料も全くなく、戦病死・餓死だ・・。補給もなく、一発も弾を撃たない戦死でもない死だ、こういう兵士を英霊などと美化し祀りあげることが、ほんとうの鎮魂なのかと静かに訴えている芝居だと感じた・・・。
★★呪術音楽劇「邪宗門」(作:寺山修司、演出・音楽・美術:J・A・シーザー、座・高円寺)寺山修司没後30年、演劇実験室●万有引力30周年記念公演 第一弾。私は1972年1月30日に渋谷公会堂でこの作品のベオグラード国際演劇祭グラプリ受賞の凱旋公演を観た。開場前の行列のときから異様な雰囲気で怪しい人物たちが、ウロウロしていて、いつまでたっても開かない会場に、客は扉を蹴破って入場しだし、入った会場はスモークの白煙の渦で、シーザーの呪術音楽が会場に鳴り響き、三上寛が歌いまくり、黒子の群れが客を恫喝せんばかりで、劇団日本の三原四郎が2階から石油缶を落とし、舞台でなにをやっているか皆目わからないで、最後には観客は劇場をでていけという寺山と思しき声をきいて・・、そういういまや伝説の公演となっているものを観たので、その後、この芝居の上演を観ても当たり前だがインパクトがまるで違って・・。だが、今回の上演は違った。無論入場は平温だが、会場にはシーザーの音楽が鳴り響き、黒子のパフォーマンスが始まっていたが、劇全体は妖怪緊縛図の絵があしらわれた美術からセノグラフイーも見事だし、役者陣も強度と美しさがみなぎり、なによりもシーザーの呪術音楽の壮絶な感染力のもとで、寺山の黒子が役者を操る劇構造、母と嫁の間でのもの苦しい息子、血と死の苦界、その他もろもろの寺山のモチーフ群が、物語を突き詰めて、最後の寺山の演劇論、世界観の公示のアジテーションまで、渾然一体、シーザーと共同演出の高田恵篤の力で、寺山ワールドの、寺山の代表作のほぼ完璧な上演だと思われ、私の渋谷公会堂での観劇の呪縛がとれた記念碑的な上演だった。邪宗門の歌、”滅びゆくもの アーヤヤヤ、神も仏も アーヤヤヤ、色即是空 アーヤヤヤ、南無阿弥陀仏 アーヤヤヤ、・・”。
 山田洋次監督がきていた・・。
[PR]

by engekibukuro | 2013-07-26 10:27 | Comments(0)  

7月23日(火)M「ワーニャ伯父さん」演劇集団円

作:アントン・チェーホフ、台本・演出:内藤裕子、東京芸術劇場シアターウエスト。
 なかなかの「ワーニャ伯父さん」だった・・。下手に階段、上手に3,4本の白樺の木・・。それらに挟まれたプレイゾ-ンの部屋・・、蝋燭の光が主力のような薄暗いトーンで舞台はすすんでゆく・・。さすが円、役者がいい、金田明夫のワーニャは最初は、ちょっとくさくてなじみにくい感じだったが、これはこれで独特の味がどんどん決まってきてチェーッフが託した人間像になってきた・・。ソーニャの山根舞も自分の不器量などとのありようを潔く受け入れて実直に生きてゆく姿がまぶしいくらいだし、朴ロ(王路)美のエレーナも自分の美貌をもてあまして退屈しきっている女を演じきり、その夫セレブリャコース教授を演じた藤田宗久も虚しい学問を積み上げただけの学者の空っぽの人間像が際立っていた・。吉見一豊のアーストロフ、この世紀末ロシヤのインテリの医者の誠実と虚無感がないまぜになった人間を強く印象ずけた・・。内藤の台本は、一種の退屈にも通ずる日常の背景の細部を外して、シーンごとの急所だけを強調する、少しチェーホフの芝居にしては鋭すぎる感じはあったが、この芝居のエッセンスはきっちり確保された演出だった。威張り腐った教授と、エレーナがこの田舎の屋敷に滞在して、ワーニャやアーストロフは退屈で報われない生活ではあっても、それなりに頑張っていたのに、エレーナの妖しい魅力の虜になって、もう彼女に近ずくことしか考えなくなってしまい、アーストロフは仕事を放り出してこの家に入り浸りになり、ワーニャはそれが遠因で教授にピストルを撃つて失敗・・。とにかく一件が落着して、教授夫妻は去る・・。やっとワーニャも落ち着いてたまった仕事にかかるが、ラストのソーニャの生きるのがやっとのワーニャに向って”伯父さん、生きてゆくのよ、そしていつか死んでやっと安らぎ、神様によくやったと慰めていただくのよ・・そのときまで生きていかなければ・・”この有名な台詞を山根はあまりパセテイックに語らないのが、かえって胸に沁みた。ラストにアーストロフが壁のアフリカの地図を見てしゃべるシーンがあるのだが、壁に地図はない、今回は机の上の地球儀だった・・。一連の騒ぎを”鵞鳥がガーガー騒いでるだけよ”と吐き捨てた婆やのマリーナが、教授夫妻が去って普通のお茶の時間、食事の時間がきちんとできて、ふつうのの日常が戻ってきたことを静かに喜ぶ・・、このマリーナを演じた高林由起子の存在感が人間の暮らしの基はなんなのかを限りなく示唆していた舞台だった。
[PR]

by engekibukuro | 2013-07-24 10:23 | Comments(0)  

7月21日(日)


 座・高円寺でTCNシアター・クリテイックナウ。AICT演劇評論賞とシアターアーツ賞の授賞。AICT演劇評論賞は扇田昭彦さんの「井上ひさしの劇世界」と梅山いつきさんの「アングラ演劇論」、シアターアーツ賞大賞は堀切克洋君のF/Tのフランスの芝居の劇評。

 西堂行人司会の扇田・梅山とのシンポジウム「溢れる言葉、異端の遊戯」。扇田さんと梅山さんの年齢差40・・・、この世代差が、このシンポジウムに独特の面白さになって、「唐十郎の劇世界」という著作もある扇田さんと梅山さんおおいに盛り上がる。井上ひさしとアングラ、当初は傍流だった井上ひさしの芝居とアングラの芝居が戦後演劇史のメインストリームになって行く過程に随伴した生き証人の扇田さんと、アングラを実見できない世代の、資料と聞き書きをたよりにサングラ演劇を論じてアングラ演劇の再発見を果たした梅山さん、この二人の今回の受賞とシンポジウムは、選考委員だった私にはことのほか嬉しいことだった。おわっての居酒屋での懇親会も楽しかった。

▲徳永さん、コメント有難う・・。全然問題ないです・・。
[PR]

by engekibukuro | 2013-07-22 11:15 | Comments(0)  

7月20日(土)M「最後の授業」(作・演出:長谷川孝治)

弘前劇場、シアターグリーン。

 舞台は弘前の高校の職員室、今日は、30前で、この高校の教師から地元の大学の準教授に抜擢された国語の教師の最後の授業の日・・・。長谷川によれば、職員室は生徒の前での建前から本音に戻る、本年から建前に移行する教師たちの、切り替えの場所だそうだそうだ・・。この職員室には教師、実習生、お腹の大きな妊婦の先生、地元の新聞のオーナーとかが出入りして、先生たちは長谷川独特の薀蓄話し、たわいのないいろんなお喋りをしている・・、たとえば、女性の実習生のカバンの中に必ず一つ入れているワンカップ大関の話、それを受けての、ワンカップのプルトップの開け方のコツ、そのよろこびとかに盛り上がり、ある教師は公務で青森にゆき、帰りの青森駅で先端モードのドレスを着飾った素晴らしい女性が、駅のキオスクでワンカップを9つ買って、列車に乗り弘前までの九つの駅間で一つずつ飲み、弘前で飲み切り、酔った様子はみじんもなく降りて、スタスタ歩き去った・・・、こういう場面は、長年の教師経験があり、硬軟両面の甚大な薀蓄、話題豊富な長谷川の独擅場・・・、喫煙者は特設喫煙バラックまで遠距離を歩き、室外では問題児が祖母と来ていたりと、小事件があって、終わり近くに妊婦の教師と男性教師が二人っきりになったとき、その教師が妊婦のお腹を指して、”それはボクの子ですか?と突然聞く、なんだか女性教師が答えに窮していると、急に人物が消えて、東北の震災、原発事故のあとの荒廃をおもわせる写真が長時間流れ、それにあわせての現代音楽が写真を突出させてゆく・・、なにやら思わせぶりだが、それは意味するものより、演劇でしか出来ない刺激ではあって、忘れられない舞台を長谷川は創ったのだ・・。
▲おもろ。今日はカップルだけ、中川君は欠席、宮崎駿「風たちぬ」を見に行くか・・、いろんな見たい映画が沢山あるな・・・。ような話で・・しめのビールをいただく・・。
[PR]

by engekibukuro | 2013-07-21 09:15 | Comments(0)  

7月19日(金)S「夜叉綺想」(作:唐十郎、演出:中野敦之)

劇団唐ゼミ、浅草花やしき裏、特設テント劇場。
 演出の中野敦之は唐ゼミの上演する唐作品について宣言している”そもそも、はじめから有名な演目は他がやればいい。一見するとマニアックなものの中に広くみなさんに伝わる真価を見つけてこそ、唐十郎直伝の唐ゼミ☆根性なのだ”と、唐の芝居はかなり観てきたつもりだったが、この芝居は記憶がない(あとで思い出すのだが)・・。この芝居は、幕開きから都コンブにまつわる万引き事件についての男(熊野晋也)の長広舌からはじまり、芝居の主軸はその万引き犯人牛乃京子(椎野裕美子)の兄をロボトミー手術によって廃人にさせてしまった魔大医学部野口博士(西村知泰)への孤独な復讐の物語だ・・・。それが例によってといえば、それまでだが、多彩な人物があふれかえり、ダ・ヴィンチの水力学から映画「ボルジア家の毒薬」をはじめ、ペダントリーも華やかで、唐の発想の洪水のような流れは物語の整合性などお構いなしの破綻をものともぜず流れてゆく・・。それを、中野はそれぞれの場の芝居の効果を、10本の指に10個の指輪をはめるように、能う限りの表現を与え、瑣末を瑣末にしない注意深い表現で、まったく淀みなく芝居を進める・・、役者も椎野、野口夫人を演じた禿恵の両花をはじめ、熊野がかっての状況劇場の根津甚八を思わせたりして、総じてみな演技力も格段向上して、舞台の統一感は見事なものだった・・。だが、その上出来そのものが、破綻そのもの輝きを失わせてしまったような、なにか客の胸に残らない、舞台上の自動進行の見事さをただ眺めていたような気になったのも事実・・。これは演出だけの話ではにという気もして、帰って扇田昭彦「唐十郎の劇世界」で確かめたら、この作品が74年の唐の名作「唐版 風の滝の又
三郎」の次の作品だということもあるが、この芝居を観て「奇妙な物足りなさを味わった」とあり「台詞術の巧みな展開に引きずられて、ドラマ自体の戦慄的な求心性が薄らいだことにも原因があるだろう」とあり、それでも「かなりの代物だった」ともあり、中野のの仕事もがなりの代物だったことは素直に認められるだろう。74年の不忍池水上音楽堂で上演されたこの芝居思い出した。お里がしれるが、4文字猥語の「××××の一つや二つなによ・・」という女優の台詞にびっくりしたのだ・・この舞台でもあったが・・」。中野はカーテンコールで、11月に神奈川芸術劇場KAATで、秋に蜷川幸雄演出でも上演する「唐版 滝の白糸」を大久保鷹を客演に招いて上演する。”蜷川さんに対抗して”という気構えはいいい、楽しみだ!
▲3時間の芝居に10分の休憩2回、隣りで一緒に観た佐伯隆幸さんにフランスタバコのジタンをいただく・・。
[PR]

by engekibukuro | 2013-07-20 11:20 | Comments(0)