<   2015年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

5月30日(土)M「廃墟」(作:三好十郎、演出:鵜山仁)

劇団文化座+劇団東演、文化座アトリエ
 戦後70年、あらため日本の戦後70年はどういう時代を築いたのか、日本人は戦後の民主主義をほんとうに体得したのか、それらが、今根本的にいろいろな分野で問われ、検証されている。そのことを演劇の世界から問い、検証したのが、この「廃墟」の舞台だ・・。この三好の書いた芝居は、正直観ていてしんどい、いまどきの芝居の感触とはまるで異なった舞台だが、あの悲惨な戦争に至った日本と日本人を根本的に抉り出す芝居で、その登場人物たちの議論の当否をふくめて、現在検証すべき原点を示した舞台であった。終戦直後の大学教授の一家、配給は大幅に遅延し、闇で買うこともままならず、明日の朝なにを食べるのかもおぼつかない日々、かろうじて焼け残った一部屋で家族だけでなく、身寄りのない知り合いも住んでいる、まさに廃墟でやっと雨露をしのいでいる一家・・。この芝居は基本的に、大学教授だった父と、左翼の新聞記者の兄と秀才だったが、いまは父や兄に幻滅して不良になってしまった弟の、その3人のデイスカッションドラマ、つまり、三好の思考そのもの演劇化で、三好は演劇を思考のルーツにしているのだが、その三者の日本人論その他際限なく波及する議論が主体の芝居が、一家の女性たちの女性らしい介入、恋愛問題など、芝居としての感興も良い塩梅にふくませてとにかく聴かせて、見せてしまう、やはり特異な貴重な劇作家だ・・。これも、文化座と東演という地味だが、ながい歴史をもつ劇団の底力をもつ劇団の俳優たちの込み入った長台詞をきちんと聞かせる演技力のもたらしたものだ。文学座からの客演の名越志保も貢献していた。この芝居、敗戦の時8歳だった私にもその時代の大人の世界への見聞と感触が充分蘇った舞台だった。戦後の窮乏、そのごの再建、バブル時代をへて、日本と日本人はどう変貌したか、日々、否定的な様相が深まっている現在、まことに時宜を得た上演だった。
・おもろ、泡盛で心を鎮める・・。
[PR]

by engekibukuro | 2015-05-31 09:56 | Comments(0)  

5月29日(金)M「戯作者銘々伝」こまつ座

作・演出:東憲司、紀伊国屋サザンシアター
 この芝居は東が井上ひさしの短編小説集「戯作者銘々伝」と、中編小説「京伝店の烟草入れ」をもとにして戯曲化したものだ。東は山形県の井上の書庫、遅筆堂文庫の近くに7週間こもって書き出したそうだ。
冒頭、江戸の戯作・黄表紙の版元、西岡徳馬が扮する蔦屋重三郎が出てきて、そのころの江戸の愉悦の中心吉原の様子、戯作者たちの紹介し、そしてぞろぞろと、北村有起哉の山東京伝以下、蜀山人、式亭三馬など江戸での戯作者、文人、それの関わりの人たちが白装束、△の額鳥帽子をつけた亡霊として出てくる。東はその亡霊たちが生きていた頃を回顧する形でシーンを連鎖させてゆく・。京伝は幕府の出版弾圧で手鎖の刑罰を受ける・・。芝居の軸は、だんだん京伝と玉置玲央の花火職人幸吉とのエピソードに移ってゆくが、この芝居、西岡、北村、玉置のほか相島一之、阿南健治、山路和弘と名だたる芸達者の集まりで、紅一点は京伝の亡くなった妻他を演じる新妻聖子だが、新妻の歌う歌は舞台を突き抜けるような素晴らしいもの・・。そうい役者たちに存分に芝居をさせる台本を東は十分すぎるほどに書いたが、どうしても井上ひさしの劇作のペースと比べてしまうのはしょうがなくて、どうも張りつめてすぎて、隙間がなさすぎる感じが残ってしまうのは否めなかったか・・。が、井上の志しが充分に継がれていたのは確かだ。
・こまつ座は7月に「父と暮らせば」、9月に「国語元年」、10月には「十一ぴきのネコ」と「マンザナ、わが町」と井上の名作の目白押しの公演が続く・・。こまつ座のパンフthe座に連鎖していた扇田昭彦「演出家の時代ー小山内薫」が、次の「父と暮らせば」のthe御座で終わるそうだ・・。今月の小山内と土方与志、青山杉作の3人を取り上げた回を読んで、扇田さんしか書けない実にかけがえがない論考だと、かえすがえすも扇田さんの死による中断を惜しむ!
[PR]

by engekibukuro | 2015-05-30 09:27 | Comments(0)  

5月28日(木)S「女のみち2012」再演



 脚本・演出:ベヤンヌマキ、ブス会、東京芸術劇場シアターイースト
 ”すべての賞味期限切れ女に捧ぐ”と銘打たれたブス会の快作の再演だ・・。開幕、AV撮影の現場、どぎもをぬくきわどいシーンだが、もうこれは仕事だから、もう機械的にどんどんこなしてゆく・・、この芝居はAV女優5人の生活と意見が、猥語が飛び交う現場で描かれてゆく・・。5人さまざまだが、リーダー格のリカコを演じる安藤玉恵の貫禄があたりを圧する風格があり、この子持ちのリカコはAV女優だけけじゃなく店もやっているから、現場で四六時中携帯で交信している・・。昔、AV界のスターで引退していた女優の復活、もと芸能界のアイドルだった、責められ役の可愛いっこ子女優、巨乳で18歳から熟女を演じてきた女優、本業がSMの女王の女優とか・・、世間では最低の仕事とみられている仕事かもしれないが、彼女たち、潮を吹くのに懸命だが、それぞれエロについてのきっぱりした意見があり、彼女たちの現場から、セックスそのものの人間にとってのホントの姿がいやおうなしに見えてくる・・。この芝居、加熱する撮影風景と、控室での会話、それぞれの生活の寸描のバランスがとってもいいのだ。お互いの言い合いも真剣だし、アイドル役の女優のトシが、実はこどもが・・というラストも哀切で決まっている・・。安藤のはか、女優はもたい陽子、高野ゆらこ、松本まりか、内田慈、男優はAD/尾倉ケント、監督/杖桐安。とにかく、こんなに一生懸命に生きている女性を描いているこの芝居は感動的だ、自分なりに一生懸命に生きている生きていると思い込んでいる人間の励ましになるぞ!


 
[PR]

by engekibukuro | 2015-05-29 10:08 | Comments(0)  

5月27日(水)M「ひとよ」(作・演出:桑原裕子)


KAKUTA ザ・スズナリ

 2011年初演の芝居。地方の町のタクシー会社が舞台・・。冒頭からびっくりする展開・・・・、会社を仕切っている母親が、男の二人と女の子一人を相手に、”今、お父さんを轢き殺してきた、あのひどいお父さんをいつかやってやろうとおもってきたが、お前たちの将来の目途がたってからとおもってきた、もう目途がついたのでやった・・。多分15年ぐらい刑務所だろうが、面会にはくるな、出所後もさがすな”といって、次はおじが社長になっての会社の出来事、タクシーの男女の運転手、姉と兄弟、そのほかヘンな外人、みなそれぞれ曰くありげで、まあてんやわんやの出来事の渦中に、15年たって母親が戻ってきてさらに沸騰する、出来事もキャラもあざといくらいの過剰性の熱気が、この芝居のキモ・・。役者群も、台本・演出の要請に呼応して存分に演じていて、狭いスズナリの舞台の上下左右に目をいっぱいに使って、桑原の才気のほとばしりが舞台に満ちていた・・。
[PR]

by engekibukuro | 2015-05-28 10:25 | Comments(0)  

5月26日(火)扇田昭彦氏告別式




 5月22日に逝去された扇田昭彦さんの告別式が、府中の森市民聖苑において行われた。
ほんとうに突然のことで、お別れが信じられない気持ちが消えなかった。
 お花にうずもれた棺が送られる最後のお別れの挨拶を長男の演出家扇田拓也さんがなさった。
”最後の入院中では、一家が病室につめて、日夜を一緒にした・・。夜中にめをさますことがあって、そのときー・台本はどこにある?・と口走ることあって、今の自分の状態がどうなのか、これkらどうなるのか、台本を読みたいということらしい・・。父は芝居を観てきた晩は、その日の芝居がどんなに面白かったか、家族に話してくれて、それを聞いて育ったから、一家中が芝居を好きになった・・・。これからも父の遺志を守り、演劇の楽しさを伝える仕事を続けていきたい・・”。

 扇田さんは奥さんとルーマニアのシビウ演劇祭に毎年行っていた・・。拓也君は演出家で、さらに俳優もやるし、自分の主宰する「ヒンズー5千回」という劇団の台本も書く・・、次男の森也君は新国立劇場の研修生を経て俳優修業中だ・・。拓也君の奥さんの石村みきさんは、拓也君の演出で最近めきめき台頭してきた長田育恵主宰のてがみ座の女優だ。扇田さんの演劇に賭けた夢を、遺族たちが継ぐ決意を拓也君が表明したのだ・・。
[PR]

by engekibukuro | 2015-05-27 07:49 | Comments(0)  

5月25日(月)M「ブルームーン」東京グローブ座

作:青木豪、演出:鈴木裕美
 鈴木が”丁寧にリボンをかけた、チャーミングな物語をお届けします。”というとおり、当代きっての良質なエンテーテイメントの書き手と演出家のコンビのつくったよくできた舞台だった。仕方なしにお寺を継いだ主人公の青年と、もう10年つきあっているのにあまり進展しない恋人のはなし・・。父親ははやく結婚させたいのだが、どうも二人ともゆるくて・・。そういうときに、檀家の老婦人が手伝いに来ていろいろ昔の話がでてきて、居間の柱時計が狂いだす・・。それにつれて、突然燕尾服を着た男が現れる・・。そうこの芝居はタイムスリップものなのだ・・。時代は昭和12年に飛び、この男はタップダンサーなのだ・・。この青年を青山裕が演じ、恋人がマイコ、父親が山崎一で檀家の老婦人がなんと加賀マリ子、この老若の組み合わせが舞台を安定させて、ダンサーを演じた上口耕平がダンスも演技も際立っていて芝居を弾ませた・・。ほかに、遠野あすか、木下あかり、久しぶりの加賀マリ子、とっても素敵な年寄りだった・・。
★俳句をつくる演劇人の会。今回の兼題は、「蚕豆」と「神田祭り」。
私は3句採っていただいた。”そら豆の煮えるまでよと愛し合う”、”古女房そら豆まめむくときやや若し”、そら豆のひと粒うひと粒夏便り”・・。私の特選句は谷岡健彦さんの”ぽつねんと神田祭りの孔子廟”、神田祭の賑わいとすぐそばの孔子廟の静かなたたずまいとのコントラストが決まっていた。今日は銀漢亭は当主の伊那男先生が盲腸で入院中で、となりの鶏屋で呑む・・。楽しい呑み会になった・・。
[PR]

by engekibukuro | 2015-05-26 06:52 | Comments(0)  

5月24日(日)


新潮6月号jは演劇関係3本・・。

 小説は・岡田利規「ステイッキーなムード」、この小説は巨大なショッピングモールに女の子がまぎれて・。
 宮沢章夫「ソウルフル・デッド」新宿十二壮のビルから飛び降りて自殺した藤圭子の話。
戯曲は神里雄大「+51 アビアシオン、サンボルハ」、神里の祖母は沖縄から移民してペルーで暮らしている。その話を軸に、メキシコで活躍した日本人演出家セキサノ(佐野碩)を配置して、さらに沖縄名護の先祖の墓に参り、ひめるりの塔にも行く・・。このペルー、沖縄をめぐって、自分のアイデンテイテイーを探る旅を、散文詩風に描いた戯曲・・。なかなか魅力的な戯曲で、ことし神里が主宰する岡崎芸術座で上演したそうだが、観たかった・・。
・吉川浩満「理不尽な進化ー遺伝子と運の間」(朝日出版社)を読んだ。最新の進化論の紹介の本だが、著者はこれは学術書でなく、一般の読書人に向けたエッセイだという。だが、この本に書かれた現代進化論の内容は、私にはほとんど理解できなかった。が、著者の文章の魅力で417ページの本を読んでしまった。驚くのは進化論が軸だが、それにまつわる哲学や文学の引用からみえる著者の該博な知識、幅広い教養がおどろくべきもので、大西巨人「神聖喜劇」からトルストイの「戦争と平和」の藤沼貴の新訳から、スガ秀実の著書、その他、古今東西の書物の引用は、1972年生まれだというが、まったく新しいタイプのライターがでてきたという思いをさせたのだ。そのほか、映画では「仁義なき戦い」から、SF名小説、簡単な2分で出来るチャーハンのレシピだとか、およそ自然科学の解説書の域を超えた本だった。
[PR]

by engekibukuro | 2015-05-25 07:05 | Comments(0)  

5月23日(土)扇田昭彦氏死去!

 扇田さんが悪性リンパ腫で亡くなった。全くの突然だ。前夜シアターΧでピンターの「バースデイ・パーテイ」を観たとき、扇田さんが具合が悪いという話をきいて、朝、電話をしたら、息子の演出家の拓也君がでて、前夜亡くなったという・・・。この悪性リンパ腫という病気は、私も罹患してかろうじて生還した病気だったからなおさらで・・。扇田さんには、ずいぶんとお世話になった。雑誌「噂の真相」に小さな劇評コラムをもっていた私の劇評を読んでくれていて、後年「シアターアーツ」の演劇書の選定委員として御一緒して、討論相手として議論したりして、まがりなりにも劇評家になれたのも扇田さんのおかげが大きいのだ。ここで扇田さんの業績をきちんと書くことは出来ないが、朝日新聞の劇評担当という権威を逆用して、状況劇場・唐十郎を筆頭に、小劇演劇を世の中に紹介、公知させて、戦後演劇史にみならず戦後の日本の文化に組み入れたこと。「唐十郎の劇世界」、「井上ひさしの劇世界」、「蜷川幸雄の劇世界」の三冊は、これからも参照必至の金字塔的成果だ。また、こまつ座のパンフレットに連載していた、小山内薫を中心にした近代演劇史が中断することになったのが、かえすがえすも残念だ・・。扇田さんの評価は多多あるが、なによりいいのは、文章がいいこと、読みやすくて深い文体を持っていたこと、つまりは劇評は文章の魅力が基礎になっていないと成立しないということをおしえてくれたこと。そして私事をいえば、扇田さんは私と同じ小学校、目白小学校の4年後輩だった・・。
★M「リア」(作:W・シェイクスピア、訳:小田島雄志、構成・演出:佐藤信、構成協力:生田萬、座・高円寺)
今回がファイナル公演、渡辺美佐子の女リア、3人の娘を演じる「影」が植本潤、道化が田中壮太郎、この3人芝居、82歳の渡辺がますます元気で、3人の芝居が円熟して、舞台の純度を増して、結晶度が高い舞台になった。高齢化社会日本では「リア」は最適のテキストだということも証しだてあtのだ。
★★「賢治ーブレヒトをめぐる旅 萩京子ソングと『オツベルと象』ー新井純、石井ひとみ、歌い語るコンサート」(国分寺市立いずみホール)。新井純のトシを感じさせない歌も踊りもの姿形のあでやかさにいまさら驚き、石井ひとみが、こんなに歌がうまいとは知らなかったし、いままで観た石井の舞台の中で、こんなに可愛く、素敵に見えたのは初めてだ!
[PR]

by engekibukuro | 2015-05-24 09:11 | Comments(0)  

5月22日(金)S「バースデイ・パーテイ」シアターΧ

作:ハロルド・ピンター、翻訳:貴志哲雄、演出:内藤裕子、ドラマトウルク:芦沢みどり、演劇集団 円×シアターΧ提携公演
 ハロルド・ピンターの芝居を観るときは、貴志哲雄先生の「劇作家ハロルド・ピンター」を読むことが必須条件で、むしろピンターの芝居を観ることは、芝居を観たあと、この本を読み返す楽しみでもあるのだ。この芝居もこの本を読んだら、初演ではたった一人を除いて、劇評は酷評だったという。理由は、不条理劇だとかでなく、もうわけがわからない芝居だからだと・・。これを認めた劇評家は、そのわけの分からなさが面白いというものだったたそうだ。舞台は、2階に一人借り手が住んでいる下宿屋で、老夫婦でやっている・・。この借り手スタンリーがピアニストだそうで、この下宿屋のおかみとなにやら、あやしい関係だ、そこへ、スーツに身を固めた初老のゴールドバークと若いマッキャンという二人組がやってくる、この二人組はスタンリーをあきらかに知っている。この二人は貴志本によると、なにかの組織の人間で、スタンリーはなにかの理由で組織を逃げ出した人間で、この二人はスタンリーを連れ戻しにきたということになっている、この芝居が映画化されたとうから、そういう怪しい組織がからむスリラーものだったのだろう・・。しかし、芝居を観ている限り、その晩、スタンリーの間違った日でのバースデイ・パーテイが開かれ、みなへべれけになるというシーンが山場になっていて、スタンリーの連行という大筋にはもうあいまいな言葉や振る舞いが繁茂している・・。正直いってピンターの芝居を何本も観ているが、なんとかわかりにくさと折り合いをつけてきたが、この芝居はあいまいさを抜くと、なんだか平凡な芝居になってしまうような感じがあって、まあ立ち往生したのだが、芝居の印象だけは強烈にのこった。これは、内藤の演出、円の役者野村昇史、山乃廣美、石住昭彦、佐藤銀平、岩崎正寛が、ピンターの世界の手触りというかテイストを舞台に醸成できていると感じるからだろう・・。現実世界は芝居をとおせば、こうもみえるというピンターの独特の視線の力を開示できているのだ・・。
[PR]

by engekibukuro | 2015-05-23 08:19 | Comments(0)  

5月21日(木)M「私のエデイット」三越劇場

 ー松坂慶子が語るエデイット・ピアフの物語ー
原作:シモーヌ・ベルトー「愛の讃歌」、上演台本:笹部博司、演出:黛りんたろう、ピアノ:阿部篤志

 りゅ-とぴあ発「物語の女」たちシリーズ第9弾

 幼少期、盲いていたピアフが、リジーの大聖堂で聖女テレーズに祈りを捧げたあと、奇跡的に視力を回復したというエピソードがある。この舞台は、妹のシモーヌが書いたピアフの伝記をもとにして、松坂が語るのだ。父親はパリの街頭でアクロバットを演じていた大道芸人、生まれも育ちも複雑で、これ以上ないくらいの逆境から、天賦の歌の才能だけで生き抜いてきた。さらに恋多き女で、有名な飛行機事故で不慮な死にあったボクシングのチャンピオンとの恋、おれに絶望して酒や、麻薬に溺れる日々、それでも歌だけはどんな状態でもしっかり歌い、どんどん深化して、人々の心を捕え、人生の深淵を覗いたことが、歌の深みに繋がってゆくという稀有な歌い手だったピアフ、そのどん底から救ってくれた最後の恋人と結婚する寸前にはかなくなってしまう・・。ピアフとはタイプがちがうかなと思っていた松坂だが、1時間40分の一人語りは立派で豊かな語りだった・・。語りの要所に流れてくるピアフの地の底からわいてくるような閃光が明滅する重い歌声に拮抗していた。
[PR]

by engekibukuro | 2015-05-22 09:21 | Comments(0)