<   2015年 07月 ( 37 )   > この月の画像一覧

 

7月30日(木)S「壊れた風景」名取事務所

作:別役実、演出:真鍋卓嗣、下北沢小劇場B1

 別役作品がきわめて現在アクチュアルであることが、この芝居で実感された舞台だった。舞台にはハイキングにきた家族の大きなパラソルの下で食事の用意が万端整なっている敷物の上の風景が明るくみえる。しかし、人の気配が全然しない、ただ、蓄音機のレコードが回転して音楽が虚空に鳴り響いているだけだ。そこに上手から新井純と森尾舞の母娘が道に迷って、自転車をおしながらやってきた。とうぜんこの無人の風景に気は付くのだが、二人とも無視するフリをし続けて、地図を眺めて細かい会話をし続けて、そこへ薬のセールスマンの吉野悠我があらわれて、この男も風景をちらちらみながら、これも地図に熱中するふり、さらにマラソン選手が現れて・・。みな、ワインやらコーヒーやら、ご馳走がやまほど用意されている無人の風景にホントは気を取られているのに、些末な会話に夢中になっている・・。さらに男女のカップルが現れて、とうとう少しずつつまみだし、最後には食べ放題に・・。ここまでの経過がが精密に精密に設計されrていて、最後には三谷昇の刑事が現れて、ハイキングにきた6人の家族が一家心中したことを告げられる。観終わったとき、この芝居との既視感みたいなものを強烈に感じた・・、そうか、この登場人物がほんとはご馳走にあり付きたいという単純な欲望なのに、もってまわった婉曲な迂回する会話を重ねる様子が、今のアメリカにより加担するという簡単な方針なのに、もってまわったわけのわからない言説を繰り返す安陪政権とそっくりなのだ。日本人の心性に根差した会話劇が、不条理劇といわれてきたが、この芝居をみて、いまの日本が不条理そのもので、まったく壊れた風景だということが実感されたのだ・・。しかも幸福そうなハイキングの風景が、暗い一家心中と直
しているのだ・・・。
[PR]

by engekibukuro | 2015-07-31 09:26 | Comments(0)  

7月29日(水)


 東京芸術劇場の今年の「芸劇フェステイバル」 ラインアップに、10月にカントール生誕100年記念企画という項目があった。1982年の8月に、富山県利賀村で開催された第一回に世界演劇祭でカントールが主宰する劇団クリコット2の舞台「死の教室」を観た。衝撃的な舞台だった。翌年出版されたタデウシュ・カントール著、松本小四郎・鴻英良訳「死の教室」をひっぱりだし、再読・・。鴻さんの解説がいい・・。”かくして、カントールの舞台に登場する人物は、怪しげな、詐欺師めいた人々であり、舞台の上にあるものは<最下等のオブジェ>と名付けられうようになる<貧しいオブジェ>となったのである。そして、俳優もまたこの貧しい、最下等のオブジェであった。それゆえ舞台の上に置かれているのは、何か生活のなかから取られてきたものであるが、使い古された残骸であり、あるいは漂着物であった。そのなかで俳優の特権も剥奪されていった。生の意味は、現実の流動性は、生の不在を通して表明される。”

・藤谷治「恋するたなだ君」(小学館)。いまの世の中で、布袋様に翻弄されるが、最後に布袋様が成就させこ恋物語。ほんとにフシギな小説を書く人だな、暑さしのぎには最高だし・・・。
[PR]

by engekibukuro | 2015-07-30 10:24 | Comments(0)  

7月28日(火)★M「彼らの敵」★★S「兵士の物語」

★作・演出:瀬戸山美咲、、ミナモザ、こまばアゴラ劇場
 2013年初演と同じキャストでの再演だ。初演も衝撃的だったが、今回も非常によくできた芝居だと改めてあ感じた。1991年に早稲田の学生3人が、パキスタンでイダス川のアkヌーでの川下りをして、強盗団に誘拐された事件で、そのことで親まで巻き込んだ学生へのバッシングを劇化した舞台だ。舞台中央に円を描いただけの裸舞台に、5人の男優と女優一人が何役も演じて、2時間の舞台を独特の緊張感を持続させて少しもゆるまない。特に学生が誤った記事を書いた週間文春の記者と出鱈目な情報を提供した女性へ抗議するシーン、記者はノラリクラリとかわしながら、実はとにかく結果はどうなれ、売れればいいのだが、細かいミスはあるかもしれにが、とにかく若者の海外旅行への警鐘をならすために書いたと言い張る・・。学生の抗議など歯牙にもかけない応対に学生はしかたなく屈服してしまう。このシーンで、いまの日本の週刊誌を中心にしたマスコの情報ビジネスの実態を赤裸々に即物的に描く、このシ-ンのリアルの緊迫感は今の日本の言説状況を象徴している。そのバッシングの標的になった学生が、なんと週刊現代のカメラマンになって、バッシングをしかねない側にたって仕事をしだす、そして思わず撮ってしまったオリンピック選手のパンチラ写真を雑誌に載せることで、自分のあの事件にたち返る。編集長は記事が出て、その結果がどうなるかなど想像しても仕方ないと言い放つ、こういうニヒルなタフネスの強要がいまの時代で、その週刊誌をわれわれは読んでいる。
主役の学生・カメラマンを初演から演じた西尾友樹が、そのご所属のチョコレートケーキの芝居で評価が上がっての再演もさらに見応えがあった。ほかの役者陣もよくて、瀬戸山の感傷を受け入れないタフな筆致が時代を写す鏡になっている芝居になっていた。終演後の作者と谷岡健彦さんとトークで、イラクやISの事件にも
言及されていたが、人道や政治があまりかかわらない今回の芝居が、出発点にはなると思った
★★音楽:イゴール・ストラヴィンスキー、原作:アファナシェフ、脚本:ラミューズ、演出・振付;ウイル・タゲット
企画PARCO、東京芸術劇場プレイハウス。ミュージカル「雨に唄えば」のアダム・クーパーが主役で、ほかにラウラ・モレーラ、サム・アーチャー、アレクサンダル・クーパー。ロシアの、自分の大切にしていたバイオリンと巨大な富をもたらす悪の書を交換して悪魔に魂を奪われそうになった兵士の物語。その物語にストラヴィンスキーが魂に食い入るような音楽jを創り、名うての演者が踊り、演技をする、65分の緊密で豪華な舞台。アーテイスト4人のパフォーマンスは、舞台芸術の華だろう。
[PR]

by engekibukuro | 2015-07-29 10:09 | Comments(0)  

7月27日(月)俳句をつくる演劇人の会、於・銀漢亭

兼題は「夏休み」・「海開き」
 私は”夏休み無人の学校水飲みに”を劇作家の南出謙吾さんに、”夏休みマラルメ全集読破せん”を谷岡健彦さんに(これはサービス強要きみ)採っていただいた。その谷岡さんの句、”打たれたるエースの長きシャワーかな”、上手いねえ、この句はむろん皆さんが採る・・。

岩波・「図書」8月号の渡辺保「ウミユリの旅」という文章が素晴らしい。これは舞踊家天児牛大(あまがつうしお)の新作「海の賑わい 陸(おか)の静寂」全7景の舞台j評だが、言語による舞台芸術のl再記述という舞台評の鑑ともいうべきものだ。”壮大な叙事詩であり、一時間余りのうちに観客は、この壮大な物語を目のあたりにして数億年尾の地球の歴史を思い、そこに生きる人類の歴史を、個々の人間の生と死を思わずにいられない。そう思わせたのは、そこに世界の構造が描かれているからである。””私には、その「半生」の瞬間の天児牛大の顔が忘れられない。その表情には、一人の舞踊家が刻んだ人生の刻(とき)があらわれている。人生がつくった顔。そしてその一瞬の表情が消えて、再び舞踊家は虚構の物語に入ってゆく。”
・句会、最年少のお茶大の今泉礼菜奈さんの就職が決まった。みんなでカンパして高級シャンパンを抜き、祝った・・。
・銀漢亭亭主伊那男師のつくる披講のあとに出る料理が毎回、季節ごとのl素晴らしい料理、つい日本酒の冷を飲みすぎてしまうい、帰りの有楽町線で転んでしまう・・。高齢の危水域にはいっているから、要注意!
・昨日のブログで女優の石村みかさんを、石村みきさんと誤記してしまいました。すみませんでした。
[PR]

by engekibukuro | 2015-07-28 09:44 | Comments(0)  

7月27日(月)俳句をつくる演劇人の会、於・銀漢亭

兼題は「夏休み」・「海開き」
 私は”夏休み無人の学校水飲みに”を劇作家の南出謙吾さんに、”夏休みマラルメ全集読破せん”を谷岡健彦さんに(これはサービス強要きみ)採っていただいた。その谷岡さんの句、”打たれたるエースの長きシャワーかな”、上手いねえ、この句はむろん皆さんが採る・・。

岩波・「図書」8月号の渡辺保「ウミユリの旅」という文章が素晴らしい。これは舞踊家天児牛大(あまがつうしお)の新作「海の賑わい 陸(おか)の静寂」全7景の舞台j評だが、言語による舞台芸術のl再記述という舞台評の鑑ともいうべきものだ。”壮大な叙事詩であり、一時間余りのうちに観客は、この壮大な物語を目のあたりにして数億年尾の地球の歴史を思い、そこに生きる人類の歴史を、個々の人間の生と死を思わずにいられない。そう思わせたのは、そこに世界の構造が描かれているからである。””私には、その「半生」の瞬間の天児牛大の顔が忘れられない。その表情には、一人の舞踊家が刻んだ人生の刻(とき)があらわれている。人生がつくった顔。そしてその一瞬の表情が消えて、再び舞踊家は虚構の物語に入ってゆく。”
・句会、最年少のお茶大の今泉礼菜奈さんの就職が決まった。みんなでカンパして高級シャンパンを抜き、祝った・・。
・銀漢亭亭主伊那男師のつくる披講のあとに出る料理が毎回、季節ごとのl素晴らしい料理、つい日本酒の冷を飲みすぎてしまうい、帰りの有楽町線で転んでしまう・・。高齢の危水域にはいっているから、要注意!
・昨日のブログで女優の石村みかさんを、石村みきさんと誤記してしまいました。どうもすみませんでした。
[PR]

by engekibukuro | 2015-07-28 09:44 | Comments(0)  

7月26日(日)TCNシアター・クリテイック・ナウ

第一部
AICT賞授賞式 シアターアーツ賞授賞式
AICT賞受賞記念スピーチ(谷川道子:「演劇の未来形」、聞き手柴田隆子)
第二部
「演劇とジャーナリズムー扇田昭彦氏の仕事を振りかえる」
(共同司会:高田和文、西堂行人、山口宏子)

 以上の会が座・高円寺の地下3階稽古場2で行われた。
扇田さんの業績の顕彰、それぞれの方がもつエピソードなどの開陳、いろいろ面白い話がきけて有意義だった。とくに、朝日新聞の山口さんの新聞社での話がよかった。山口さんは、芝居のことをほとんど知らないのにその部署に回されてきて、扇田さんから演劇の初歩から教わってきたそうで、エピソードの数々を話された。扇田さんがほんとに根っからの芝居好きで、扇田さんの観る前に見た芝居の話をして、ラストがどうなるとか言いいだすと、”それいじょう話さないで、話したら絶交だよ”といったとか、そういう逸話と、多数の読者をもつ新聞社の劇評のさまざまな制約、芝居をかたよらずに取り上げることとか、その難しさを話された。その制約の中で唐十郎から三谷幸喜まで、幅ひろくとりあげ、そえぞれの特質を評価し大成させ、みな扇田さんに感謝している。演劇批評が演劇の世界での必須の役割だということを生涯を賭けて認知させた業績を改めて思った。おわって、高円寺の沖縄料理の抱瓶で懇親会、扇田夫人や息子拓也君の夫人の女優の石村みきさんも加わって和やかに・・・。沖縄料理なのに泡盛を飲んだのはオレ一人!
[PR]

by engekibukuro | 2015-07-27 09:45 | Comments(0)  

7月25日(土)M「アイロハシュー太陽の息子」

脚本:アリ・ペッカ・ラッテイ、演出:アリ・ペッカ・ラッテイ、ハンナ・ブロテルス、プロデューサー:名取敏行/ホイクール・グンナルソン、ノルウエー国立サーミ劇場/ルスカアンサンブル/フインランド国立劇場/名取事務所+シアターΧ 提携公演、シアターΧ
 フィンランド極北の地、先住民族サーミの演劇公演。名取事務所の2度目の招聘公演だ。この民族が産んだ多彩な才能を持つ芸術家アスラク・ヴェルケアベーについての物語。時に民族の習俗と対立も辞さずに、サーミの自然の美しさや伝統芸術を、世界に通ずる普遍的な藝術に昇華することに家族と折り合うことや、さまざまな難局をのりこえながら努力する姿を描いた舞台、少数民族の独自の美しさと寂寥感がそくそくと伝わってくる舞台だった。

・日経の内田さんにいただいた招待券で出光美術館へ。田能村竹田展。この九州竹田の文人画家のことは大西巨人の「神聖喜劇」にたびたび出てきて、名前だけはしっていた。竹田藩に出仕していて、百姓一揆が起こったときには藩に建言書を提出したような人が、これだけ優雅な文人画を書き、江戸、京都にに遊び、当時の名だたる文人と交流するという、いまでは考えられないような独特の暮らし・・。漢詩と対の画業は、こちらの観賞力の域を超えているが、施色という墨ではない彩色の絵のなんともいえない風合いの絵がよかった。同時に展示されていた与謝蕪村の「龍山落帽図」という彩色画が、蕪村の俳句の趣があって面白かった。出光の館の所蔵品にルオーと、ムンクの絵があって、とくにムンクは「叫び」のような絵でなく、むしろ明るい風景画があって、これは行くたびの楽しみだ・・。
・毎朝5ページ読むことにした500ページの森鷗外「椋鳥通信」(中)(岩波文庫)が終わる。陸軍軍医総監の激職を縫ってのドイツ・フランスの新聞各紙の抜書き、かなりの部分が、当時の欧州各地の演劇情報なのが面白い・・・。
・おもろ。今日は独り酒・・・。2階の座敷は玩具愛好家の例会、品評会・・。
・毎朝5ページ読む500マイ才
[PR]

by engekibukuro | 2015-07-26 07:36 | Comments(0)  

7月24日(金)M


[PR]

by engekibukuro | 2015-07-25 08:36 | Comments(0)  

7月24日(金)M「赤い鳥の居る風景」

作:別役実、演出:原田一樹、劇団キンダースペース、北とぴあペガサスホール
 別役実フェステイバル参加作品

 帰りのエレベータ-のなかでの夫婦らしき二人の会話、男性が”あの芝居、どんな意味があるの、面白かったけど・・”。これが別役芝居の正しい観賞だろう、この作品は別役28歳の作品で、岸田賞を受賞した作品だ。不条理劇の劇作家として演劇界に認知されたのだ。不条理劇の難解さの理解は、難解な数式を解くようなものでhない・・。演出家が不条理劇の芯を頭で理解して舞台にかけるのではなくて、どうしたら面白い芝居にできるのか、手探りで徐々に稽古を重ねて、多分別役が考えていることに近ずいてゆく、そういう演出法で別役劇の舞台化で確とした世界を打ち立てた文学座の藤原新也の演出がある。面白かったが、意味が分からないというのは、意味が面白さに浸透している証拠で、わからなさはそのまま残して、また次の機会に・・。そういうことで、この原田演出のこの舞台はよくできていた。この芝居の軸は、盲目の姉と、出来の悪い弟の話、別役の名作「マッチ売りの少女」の姉弟をすぐに思い出す。別役劇の姉は、聖性を帯びた、世界を自ら仕切ることを許された女性であり、弟は、この地上の現実世界で生きてゆくことの困難な存在だ。とうとう殺人を犯した弟を姉が刑務所を脱獄させて・・・。生きてゆくことの難所を、メタフィジカルな光をあてて、と言う風に理解したわけだが、とにかく、久しぶりに別役劇を楽しめた・・。
・渡辺保さんが、この酷暑の日に、きちんとしたスーツとネクタイ姿でいらして、演劇への敬意の表れを感じて敬服した・・。
★鶴見俊輔さんが亡くなった。若いとき、鶴見さんの本、「プラグマテイシズム」、「アメリカ哲学」、「振袖狂女論」、その他、数々の書物によって、左翼イデオロギーの硬直した環境から救ってくれた。感謝して、合掌!
[PR]

by engekibukuro | 2015-07-25 08:36 | Comments(0)  

7月23日(木)M「恐怖が始まる」(作・演出:古城十忍)

イチエフ・プレイズとして、福島原子力発電所の現在の現実を描いた「ジレンマジレンマ」と「恐怖が始まる」の2作品の再演として同時期同時公演のうち「恐怖が始まる」を観た。

 劇団ワンツーワークス、中野ザ・ポケット

 イチエフで亡くなった作業員とまだ働いている作業員の二人のトマの妻の視点を通し、見えない被爆の恐怖におびえる日々を描いた芝居・・。親会社のいいなりになる子会社の作業員のいろいろなしがらみにがんじがらめにされ、健康管理もおろそかにされて、非業な事態に追い込まtれて死んでゆく作業員とその家族の無残なありさまが、綿密な取材に支られた劇化で、その事態が肌に感じられるように描かれる。親会社はじめ上部の組織にに怒りを覚えるが、リアルに真摯に描かれているからこそ、観ていて暗澹たる無力感に襲われる。演劇固有の力と作用で、わずかでもの曙光が見えればと、せめてもの願いをも感じた舞台ではあったが、なにより現実に目を開かされた有益な舞台だった。
[PR]

by engekibukuro | 2015-07-24 10:31 | Comments(0)