<   2015年 08月 ( 40 )   > この月の画像一覧

 

8月30日(日)「芸術新潮」9月号


 ★蜷川幸雄生誕80周年記念特集
 ・蜷川幸雄の哲学・
巻頭の”蜷川実花が撮りおろす父の思考の場所”という写真が素晴らしい。蜷川の書斎の壁にかかる絵画や調度類に囲まれている蜷川、とがった各色鉛筆が林立する鉛筆立、各種サングラスとか芝居の小道具のなにかとか、雑多なものが散乱しつつ収まっている中での蜷川のポートレイト・・。その色彩と光と影の強度は蜷川の舞台を彷彿させる・・。
 故扇田昭彦氏ほか各氏の蜷川芝居の代表作の紹介があるが、巻頭は村上春樹「リカヴィトスからロンドンまで」。”僕が蜷川幸雄さん演出のお芝居を初めて観たのは、1980年の半ばのことだった。場所はギリシャのアテネ、有名なリカヴィトスの丘の上にある古い円形劇法だ。”そこで平幹二朗主演の「王女メデイア」を観た。そこで字幕などついていないのだが、ギリシャ人は物語を知っていることもあるだろうが、”芝居の終わったときの、人々の騒ぎは大したものだったと記憶している。拍手圧倒的だったし、会場は興奮に満ちていた”、そえrだから自作の「海辺のカフカ」の劇化ではすべて蜷川に任せた。そして屋内、海外でも圧倒的な好評を博した。”僕も二度ばかり劇場に運んだが、・・・・・舞台上のいろんな仕掛けも楽しくて、猫たちの細かい動きや、魚が空から降ってくるところや、ジョニー・ウオーカーやカーネル・サンダーズの言動も、何度見でてもわくわくさせられる。芝居でなくては体験できないものごとが、ここにはみっちり詰め込まれている。このあいだ東京で会ったカズオ・イシグロに会ったときも、「来る前にロンドンで見たけど、本当に素晴らしい。見応えのある舞台だったよ」と興奮気味に語ってくれた。”蜷川はカズオ・イシグロの「私を離さないでも劇化した。蜷川は現在の世界でトップクラスの日本人の二人の小説家の作品を舞台化しているのだ!
・巻末に今大活躍の画家山口晃と蜷川の対談がある。
[PR]

by engekibukuro | 2015-08-31 11:04 | Comments(0)  

8月29日(土)M「バートルビ-ズ」(作・演出:坂手洋二)

燐光群、ザ・スズナリ

 -ハーマン・メルヴィルの小説「バートルビー」よりー。
 坂手によれば、”「バートルビー」という小説に出会ったのはいつなのか、正確には思いだせないが、構想35年ということにしておこう。”とある。学生時代に読んで強い印象を受けた小説なのだ。
 「バートルビー」が出版されたのは1853年、そのころのニューヨークの法律事務所に代書人として雇われたハ-トルビーという男が主人公。この男最初は勤勉に筆耕の仕事をこなしていたが、あるとき所長に点検のし仕事を頼まれると「できれば私、そういしないないほうがいいのです」と温和な口調で断り、それいらい同じことばで断りつづけ、つには一切の仕事をしなくなり、事務所に居座り続け、最後には警察によって刑務所に送られる。刑務所でも食事を拒み、死ぬ・・。この「できれば、そうしないほうがいいのです」と言う言葉がこの芝居のキーで、坂手の芝居では、その言葉を発する状況を広げて、日本の普通の家庭の娘、原発から22キロ離れた病院の事務長の話を作った。この昔のヌーヨークと現在の日本の三様の物語が展開される。ハートルビーは元は郵便局の配達不能便(デッドレターズ)を扱う部署で働いていたという。この小説は現代思想のテt-マにもなっているとそうで、頻発される「できれば、そうしないほうがいいのです」という言葉が意味することが、非常に興味深く感じられるのだが、隔靴掻痒でつかみきれない。俳優たちも作者のメッセージの伝達機能は果たしているが、それ以上の芝居として醸成させて感じさせるまでには至っていない。しかし、坂手の提出したこの芝居の核は強く心に残った芝居で、原作を是非読んでみたいと思った。
・久しぶりに谷中の五十蔵(イスクラ)にゆく。ママのシーちゃんと昔話で盛り上がる・・。
[PR]

by engekibukuro | 2015-08-30 09:42 | Comments(0)  

8月28日(金)M「滝沢家の反乱」加藤健一事務所

作:吉永仁郎 演出:高瀬久男(代行 加藤健一)本多劇場

 全98巻「106冊におよぶ、28年かけて書いた「南総里見八犬伝」の作者、滝沢馬琴と息子宗伯の嫁お路との交流を描いた、もうきわめつけの作品の再演。馬琴が加藤、お路が加藤忍、宗泊は病弱のひきこもりで、女房お百は強度のヒステリー、この宗泊とお百は声の主演で、風間杜夫と高畑淳子。馬琴は執筆、それに家計のためにお路に薬をつくらせらせ売り、庭の葡萄も売る。馬琴を助けてお路は献身し、晩年馬琴が目が見えなくなったときには、漢字を覚えながら口述筆記をして、「南総里見八犬伝」を完成させる。二人が気が休まるのは屋根に上って月や星を眺めながら話をすること・・。この屋根の上のシーンが、この芝居の見どころで、屋根の下の暮らしの息をつぐおがやっとのタイヘンさからホットするのだ。初演の骨格を創ったのは今年かえすがえすも惜しい早世してしまった高瀬久男。加藤の「『滝沢家の内乱』初演の思いで」から・・。
「高瀬久男さん亡き今、初演の思いではやはり彼の演出につきますね!!的確で緻密、それでいて役者にとことん優しい高瀬演出は、僕をはじめ多くの舞台役者の心に深く焼き付いていることでしょう。高瀬さんほど人間を、そして人生を深く、まっ直ぐに見つめられる演出家はいません。
 私が36歳、高瀬さんが28歳の時に初めて出会って仕事をして以来30年に及ぶ付き合いでしたが、本当に惜しい戦友を亡くしました。今はただご冥福をお祈りするばかりです。 合掌」

[PR]

by engekibukuro | 2015-08-29 10:07 | Comments(0)  

8月28日(金)M「滝沢家の反乱」加藤健一事務所

作:吉永仁郎 演出:高瀬久男(代行 加藤健一)本多劇場

 全98巻「106冊におよぶ、28年かけて書いた「南総里見八犬伝」の作者、滝沢馬琴と息子宗伯の嫁お路との交流を描いた、もうきわめつけの作品の再演。馬琴が加藤、お路が加藤忍、宗泊は病弱のひきこもりで、女房お百は強度のヒステリー、この宗泊とお百は声の主演で、風間杜夫と高畑淳子。馬琴は執筆、それに家計のためにお路に薬をつくらせらせ売り、庭の葡萄も売る。馬琴を助けてお路は献身し、晩年馬琴が目が見えなくなったときには、漢字を覚えながら口述筆記をして、「南総里見八犬伝」を完成させる。二人が気が休まるのは屋根に上って月や星を眺めながら話をすること・・。この屋根の上のシーンが、この芝居の見どころで、屋根の下の暮らしの息をつぐおがやっとのタイヘンさからホットするのだ。初演の骨格を創ったのは今年かえすがえすも惜しい早世してしまった高瀬久男。加藤の「『滝沢家の内乱』初演の思いで」から・・。
「高瀬久男さん亡き今、初演の思いではやはり彼の演出につきますね!!的確で緻密、それでいて役者にとことん優しい高瀬演出は、僕をはじめ多くの舞台役者の心に深く焼き付いていることでしょう。高瀬さんほど人間を、そして人生を深く、まっ直ぐに見つめられる演出家はいません。
 私が36歳、高瀬さんが28歳の時に初めて出会って仕事をして以来30年に及ぶ付き合いでしたが、本当に惜しい戦友を亡くしました。今はただご冥福をお祈りするばかりです。 合掌」

[PR]

by engekibukuro | 2015-08-29 10:07 | Comments(0)  

8月27日(木)


 「群像」9月号ー瀬戸内寂聴vs高橋源一郎・対談「言葉の危機に抗って」」
 高橋が弟とおフイリピンに伯父の慰霊のために行った。そのときの強く感じたこと・・。
高橋:先日、藤田貴大さんという若い劇作家が主宰する劇団「マームとジプシー」の、「cocoon」という舞台をを観ました。七十年前のひめゆり部隊を扱った迫真の舞台なんですが、劇中で、すごいセリフがあったんです。「今は、過去の人から見た未来だ」と。つまり、七十年前に死んだ人たち、彼らのも未来を夢見ただろう。今と変わらない女学生の子が戦争で死んでゆくとき、未来は平和だったらいいなと夢見たんじゃないか。それが「今」なんだと。僕たちは単に「今」だと思って浪費する。でも、今はあの人たちの未来なんだと考えると、他人ごとじゃない。死んでしまった人たちにとってかけがえのない未来を、自分だけの「今」だと思っていいのか。僕の後ろを見ると、僕の知らない誰かがいる。これを反対向きに見る、七十年前に誰かいて、もし自分が生きていれば、未来はこういう世界だと思ったんじゃないか、それなら 僕たちは今、過去の人の想像の中にいるんじゃないか。  ただ単に戦死者はかうぃそうだと言われると、いや、戦後生まれのオレは関係ない、となる。でも、その過去の人たちが想像した未来の中に僕たちがいると考えると、過去と今がつながる。歴史とか追悼って、そういうことじゃないかとおもったんです。七十年たって、、今回フイリピンへ行って、バレテ岬とサンマヌエルで黙祷したとき、実は「cocoon」のセリフと同じ感覚を味わったんです。
 私は9月号の「悲劇喜劇」に「戦後七十年ー「廃墟」から『廃墟』へ」という”上半期の収穫”の文章を書いたが、芝居を観ることが、歴史の認識に貢献する効用を如実に感じた。三好十郎、長田育恵、中津留章仁とそれぞれの芝居を観ながら自然にまとまってきた。演劇の力を高橋も証明してるとおもうし、そう思いたい。
[PR]

by engekibukuro | 2015-08-28 09:48 | Comments(0)  

8月26日(水)M「気づかいルーしー」

原作:松尾スズキ、脚本・演出:ノゾエ征爾、音楽デイレクション・作曲・演奏:田中馨、作曲・演奏:森ゆみ、ステージング:ノゾエ征爾・小野寺修二、東京芸術劇場シアターイ-スト

松尾の描いた絵本「気づかいルーシー」を松尾の弟子すじのノゾエが子供も大人も楽しめる音楽劇に仕立てた舞台・・。ルーシーは岸井ゆきの、飼っていいた馬に皮をはがされたおじいさんが小野寺修二。松尾どくとくの奇想がみなぎっていて、子供たちの笑い声が絶えなかった・・。

・桐島洋子「ほんとうに70代は面白い」を読む。
結語<生きているだけで面白い>・・”秋に豊かな成熟と華やかな紅葉を楽しみつくせば、あとは心残りな  く淡々と枯れつくして清澄な冬を迎えられるだろう。そんなことを言われても何をしたらわからないという人がいるのだが、私にはどうして暇を持て余すことができるかわからない。私なら、もし旅を楽しむお金がなくなったとしても、近所を散歩するだけで飽きることがないし、足腰が立たなくなっても車椅子で動き回るだろう。寝たきりになっても読みたい本は一生分あるし、眼が見えなくなっても、聴きたいCDが山になっているし、耳まで聞こえなくなっても、まだ味覚、臭覚、触覚はのこているのlだから新しい世界が開けるかもしれない」。
・近藤史恵「タルト・タタンの夢」、グルメ・ミステリーとして最上の読み物だ・・。赤ワインにクローブやオレンジやシナモンを入れて温めたヴァン・ショーというホットワインはいかにもおししそう・・。ト
[PR]

by engekibukuro | 2015-08-27 10:41 | Comments(0)  

8月25日(火)M「唄わない冬」(作・演出:船岩祐太)

 演劇集団砂地、SPACE雑遊

 内外の古典作品を媒介にした作品で、独自の舞台を創ってきた船岩の書き下ろし作品だ。登場人物は男女の複雑なカップル二組(小瀧万梨子・今國雅彦・梅村綾子)と、その中の一人のタレントの女性のマネージャーの中年の男(松本光生)の5人。男女4人の関係と時制は複雑で、ことさらの説明はなくて客は、一挙に彼らの軋轢のまった只中の修羅場に立ち会うことになる。あからさまなくらいの愛の葛藤の連鎖で、それらはどんどんシトレートに展開して、ときとして狂乱のシーンが突発する。愛の成就と挫折のはてに、一組は海に身を投ずる・・。正確に舞台を記述するのはむずかしい芝居だが、船岩の切迫感あふれる台詞に殉じた若い男女の俳優は、この愛の砂漠の現場を真摯に演じて、その砂漠の不毛の砂を、舞台の実地の砂に託してきちんと表現し得ていた。
[PR]

by engekibukuro | 2015-08-26 09:03 | Comments(0)  

8月24日(月)俳句をつくる演劇人の会・於・銀漢亭

 今回の兼題は「藤村忌」・「踊」

 「藤村忌」は普通の歳時記には出ていない季語だが、なかなかの佳句が多かった。
 
 ・母の書架文庫赤茶け藤村忌・富士見ゆる雲一つなき藤村忌・前髪を風にあずけて藤村忌
 ・無口なる夜学教師や藤村忌・虫すだく本陣跡や藤村忌・椰子の実のジューズ飲み干す藤村忌
私は藤村の「夜明け前」が日本の小説ではベストワンだと思っているのと、劇化、映画化された「夜明け前」の冒頭の”木曽路はすべて山のなかである・・”というフレーズの宇野重吉の素晴らしいナレーションの余韻が残っているので、・「夜明け前」宇野重吉のナレーション・入院し全巻読了「夜明け前」をうくったが、谷岡さんに”季語が抜けている”と指摘された、そうだった・・。
他に”立ち読みのマラルメ詩集秋暑し”という句がでて、かなりの人が選んだが、私が先々月”ゴキブリやマラルメ詩集かすめ逃げ”、先月に”夏休みマアッルメ全集読破せん”という句を作ったので、皆さん、てっきり私の句だとおもったらしいいが、森羽久衣さんの句だった。”領空侵犯だという声もあったが、銀漢主宰伊藤伊那男先生も褒めた句で、作句力の違いが歴然!

[PR]

by engekibukuro | 2015-08-25 09:15 | Comments(0)  

8月23日(日)join NO84 日本劇団協議会発行

今号のjoin、とても充実していていた。
まず、2014年に新国立劇場「アルトナの幽閉者」、明治座「きろきり舞い」、文学座アトリエの会「新じる機械」、シアター風姿花伝「ボビー・フイッシャーはパサデナに住んでいる」、世田谷パブリックシアター「炎アンサンデイ」、文学座シェイクスピア祭「ヘンリー八世」を演出し、第22回読売演劇大賞最優秀演出家を受賞した文学座の上村聡史のみなもとごろうによるインタビュウー。これだけ傾向の異なる芝居を一定の水準まで立ち上げるさまざまな工夫が語られている。
・次に座談会「別役実 その劇世界を探る」、現在「別役実フェステイバル」が開催中。出席者はいままで別役作品に関わってきたメンバーの、林次樹(Pカンパにー)、藤原新平(文学座)、名取敏行(名取事務所)、山下悟(演劇集団円/山の羊舎)、吉野由志子(文学座)、司会は七字英輔。話題豊富で読み応えたっぷり。別役作品を文学座アトリエで演出して一時代を画した藤原は現在85歳、今度0月に別役の新作「あの子はだあれ、だれでしょね」をアトリエで演出する。すごいねえ、文学座の演出家は戌井市郎もそうだったが長命でしっかりしている・・。劇団民藝で大滝秀治主演の別役書き下ろしの「らくだ」のとき、別役に”男1、2、じゃわからない名前をつけてほしい”と頼み込んで、別役は承諾したが、なんともヘンテコな名前だったらしい。そのほか別掲に伊藤大、岩松了、鵜山仁、末木利文が別役に対する思いを寄稿していて読ませる。
・上野ストアハウスの木村真悟・紀子夫妻へのインタビュウーもお夫妻のここまでの努力がきちんとわかるもで良かった。
・連載の「私の初舞台」は東大の河合祥一郎。初舞台は英語劇「みんなわが子」だが、もうひとつ東大から野田学さんと国際基督教大学に出向いて、現在のシェイクスピアカンパニーの江戸馨演出で「十二夜」にでてマルヴォーリオをオーバーに演じて、おおいに笑わせたそうだ。河合先生のマルヴォーリオ、想像するだけでおかしい・・。
[PR]

by engekibukuro | 2015-08-24 10:26 | Comments(0)  

8月23日(日)join NO84 日本劇団協議会発行

今号のjoin、とても充実していていた。
まず、2014年に新国立劇場「アルトナの幽閉者」、明治座「きろきり舞い」、文学座アトリエの会「新じる機械」、シアター風姿花伝「ボビー・フイッシャーはパサデナに住んでいる」、世田谷パブリックシアター「炎アンサンデイ」、文学座シェイクスピア祭「ヘンリー八世」を演出し、第22回読売演劇大賞最優秀演出家を受賞した文学座の上村聡史のみなもとごろうによるインタビュウー。これだけ傾向の異なる芝居を一定の水準まで立ち上げるさまざまな工夫が語られている。
・次に座談会「別役実 その劇世界を探る」、現在「別役実フェステイバル」が開催中。出席者はいままで別役作品に関わってきたメンバーの、林次樹(Pカンパにー)、藤原新平(文学座)、名取敏行(名取事務所)、山下悟(演劇集団円/山の羊舎)、吉野由志子(文学座)、司会は七字英輔。話題豊富で読み応えたっぷり。別役作品を文学座アトリエで演出して一時代を画した藤原は現在85歳、今度0月に別役の新作「あの子はだあれ、だれでしょね」をアトリエで演出する。すごいねえ、文学座の演出家は戌井市郎もそうだったが長命でしっかりしている・・。劇団民藝で大滝秀治主演の別役書き下ろしの「らくだ」のとき、別役に”男1、2、じゃわからない名前をつけてほしい”と頼み込んで、別役は承諾したが、なんともヘンテコな名前だったらしい。そのほか別掲に伊藤大、岩松了、鵜山仁、末木利文が別役に対する思いを寄稿していて読ませる。
・上野ストアハウスの木村真悟・紀子夫妻へのインタビュウーもお夫妻のここまでの努力がきちんとわかるもで良かった。
・連載の「私の初舞台」は東大の河合祥一郎。初舞台は英語劇「みんなわが子」だが、もうひとつ東大から野田学さんと国際基督教大学に出向いて、現在のシェイクスピアカンパニーの江戸馨演出で「十二夜」にでてマルヴォーリオをオーバーに演じて、おおいに笑わせたそうだ。河合先生のマルヴォーリオ、想像するだけでおかしい・・。
[PR]

by engekibukuro | 2015-08-24 10:26 | Comments(0)