<   2015年 09月 ( 36 )   > この月の画像一覧

 

9月29日(火)長井和博「劇を隠すー岩松了論」

 上記気の本が長井さんから送られてきた(勁草書房刊)。長井さんは新潮社の編集者で、「芸術新潮」」の編集長も務め、1年前に定年退職された。私とは90年代に、小森収が刊行した「初日通信」関連の仲間で、芝居仲間だった。今回書かれたこの岩松論も、その初日通信に連載されて、一部は「シアターアーツ」に掲載されたものが基本になっている。
 ”一九八六年の十月十八日土曜日の昼に、私はじつにひしぎな芝居に出会った。岩松了の「お茶と説教」である。・・・芝居を見ながらあれほど茫然として、茫然としながらあれほど深い感銘に巻き込まれていったことはない。「反ドラマテイック・アイロニーのほうへ」(初日通信掲載時のタイトル)はその感銘の由来をいわば論理化するために書かれた”「あとがき」より。
 ★1986年、それは静かな事件だった。観客を笑わせまいとする喜劇「お茶と説教」から、フロイトからラカンをくぐり抜けた無意識劇「市ケ尾の坂」へ。現代演劇の鬼才・岩松了の隠蔽の詩学を読み解く・・。(帯惹句)
 この論考はいわば岩松了論の基本、定版である。このことは、私は岩松本人に確かめたことがある。岩松ファンのみならず現代日本演劇に関心がある人は、ぜひ読むべき本だと思う。私も、新しいタイトル「劇を隠す」と銘打たれたこの本を、改めてしっかり読もうと思う。
[PR]

by engekibukuro | 2015-09-30 08:57 | Comments(0)  

9月28日(月)俳句を作る演劇人の会:於・神保町銀漢亭いて

 

 今回の兼題は「松虫」と「子規忌」

 ほんとうに久しぶりに特選を宮本起代子さんからいただいた。
 
 ・献身の律こそ思へ子規忌かな
 ▲律は子規の妹

それともう一句谷口いずみさんからいただいた。
 
 ・糸瓜忌やノボさんだんだん遠くなる
 ▲ノボさんんは、子規の本名、正岡升(ノボル)からの愛称。

9月25日発売の週刊金曜日のー櫂未知子の金曜俳句ー欄で、わが友谷岡健彦、月光ほろり(堀切克洋)両君が特選に採られた。
  ・兼題:鮭 
 鮭打ちし棒より垂るる雫かな  -谷岡健彦  櫂評:残酷な漁法を逆に美しく

 ・兼題:竹伐る 
 蒼天に触れきし竹を伐り落とする -月光ほろり 櫂評:言葉がよく選び抜かれている。

 
 ・ 
 
[PR]

by engekibukuro | 2015-09-29 09:50 | Comments(0)  

9月27日(日)鶴見俊輔編「老いの生き方」(ちくま文庫)

 中勘助から野上弥生子まで18人の老境に入った人たちが書いた文のアンソロジー。
・中では、森鷗外の長男の医師であった森於兎(オットー)の書いたものが強い印象を残した。
”老人は狂人の夢を見果てない。現実を忘れるどころか、この調子では死ですら越えて夢みそうである。私は死を手なずえながら死に向かって一歩一歩近ずいていこうと思う。若い時代には恐ろしい顔をして私をにらんでいた死も、次第に私に慣れ親しみはじめたようだ。私は自分がようやく捩れた死の手綱を放して二度と苦しむことがないように老耄の薄明に身を横たえたいと思う。若者たちよ、諸君がみているものは人生ではない。それ諸君の生理であり、血であり、増殖する細胞なのだ。諸君は増殖する細胞を失った老人にとって死は夢の続きであり、望みうる唯一の生かもしれないと一度でも思ったことがあるだろうか。若者よ、諸君は私に関係がなく、私は諸君に関係がない。私と諸君との間には言葉すら不要なのだ。”「老耄寸前」より。
・鮎川信夫「最晩期の齋藤茂吉」より三首・・。

 ・わが色欲いまだ微かに残るころ渋谷の駅にさしかかりけり
 ・朝飯(あさいひ)をすまししのちに臥処(いしど)にてまた眠りけりものも言はずに
 ・いつしかも日がしずみゆきうつせみのわれもおのずからきはまるらしも
[PR]

by engekibukuro | 2015-09-28 10:24 | Comments(0)  

9月26日(土)M:木ノ下歌舞伎「心中天の網島」

 作:近松門左衛門、監修・補綴:木ノ下裕一、演出・作詞・音楽:糸井幸之助、こまばアゴラ劇場

 どうもこの芝居、木ノ下歌舞伎の範囲を逸脱しているような気がする。糸井のかかわえるカンパニー「FUKAIPRODUCE羽衣」の舞台は面白く観ているが、こんきは糸井の才気あふれる詞恣意性が勝ち過ぎている印象・を否めなかった。わたしの観賞能力のてにあまった・・・・・・






・おもろ、今晩も豚のしっぽの煮込み・おもろ煮とオリオンビール。カップル。
[PR]

by engekibukuro | 2015-09-27 07:25 | Comments(0)  

9月25日(金)「市民ヴインス」ジェス・ウオルター

 あれは普通の小説だったが、この作家ジェス・ウオルターのこの前読んだ岩波から出た「美しい廃墟」があまりに面白かったので、その著作目録をみて、これはミステリーだが、アメリカ探偵作家クラブ賞受賞作のこの「市民ヴィンス」を読んでみた。一味ちがうハードボイルドタッチの、マフイアの組織からニューヨークから、ワシントン州スポ^ケーンに追われた男ヴィンスの物語。スポーケンではドーナツ屋をしながら、クジットカードの詐欺とポーカー賭博でしのいでいたが、巨額の借金を残したマフイアに見つかってしまう。大筋はそういう物語だが、マフイアにおどかされ、なぶられてゆく雰囲気の臨場感を描く力と表現術、人物描写はページをめくるのももどかしい。さらにこのヴィンスは14歳で捕まり、選挙権がないのだが、成人してかtら恩恵で選挙権を得て、カーターとレーガンの大統領選挙に投票できる。裏町育ちのアウトローも戦況ができる。そのんともいえない屈折した使命感は、殺人事件の選挙に血まみれでも行くのだ。たんなる娯楽小説におわらない、アウトローの普通の市民へのせつない思いがせつせつと伝わってくる小説。これはもちろん、一晩で巨額のゼニが動く、、血まみれのダイナミックなミステリーの面白さはいうまでもない・・。この人の日本語に訳されいるシリアス、ミステリーとも読んでみよう。
[PR]

by engekibukuro | 2015-09-26 09:15 | Comments(0)  

9月25日(金)「市民ヴインス」ジェス・ウオルター

 あれは普通の小説だったが、この作家ジェス・ウオルターのこの前読んだ岩波から出た「美しい廃墟」があまりに面白かったので、その著作目録をみて、これはミステリーだが、アメリカ探偵作家クラブ賞受賞作のこの「市民ヴィンス」を読んでみた。一味ちがうハードボイルドタッチの、マフイアの組織からニューヨークから、ワシントン州スポ^ケーンに追われた男ヴィンスの物語。スポーケンではドーナツ屋をしながら、クジットカードの詐欺とポーカー賭博でしのいでいたが、巨額の借金を残したマフイアに見つかってしまう。大筋はそういう物語だが、マフイアにおどかされ、なぶられてゆく雰囲気の臨場感を描く力と表現術、人物描写はページをめくるのももどかしい。さらにこのヴィンスは14歳で捕まり、選挙権がないのだが、成人してかtら恩恵で選挙権を得て、カーターとレーガンの大統領選挙に投票できる。裏町育ちのアウトローも戦況ができる。そのんともいえない屈折した使命感は、殺人事件の選挙に血まみれでも行くのだ。たんなる娯楽小説におわらない、アウトローの普通の市民へのせつない思いがせつせつと伝わってくる小説。これはもちろん、一晩で巨額のゼニが動く、、血まみれのダイナミックなミステリーの面白さはいうまでもない・・。この人の日本語に訳されいるシリアス、ミステリーとも読んでみよう。
[PR]

by engekibukuro | 2015-09-26 09:15 | Comments(0)  

9月24日(木)M「旅とあいつとお姫さま」座・高円寺

原作」ノルエエーのっ昔話「旅の仲間」・アンデルセン作:「道の道連れ」
 脚本・演出:テレーサ・ルドヴィコ・脚本監修:佐藤信

 このお芝居は座・高円寺の夏休みには必須上演作品で、座・高円寺のいまや貴重な財産だ。毎年お姫様や魔王に会うのが楽しみな子供たちも大勢いるんだろう・・・。おひめさまの辻田暁、魔王の高田恵徳由、何役も演じて、楽器も操るKONTA、ランタン売りの服部吉次、さらに旅仲間の楠原竜也、いかにも若者の若松力、このアンサンブルが毎年さらに緊密になり、のびやかになり、杉並区発のこのレパートリーはどんどんほかの地区にも広がっているのだろう・・・。今日は、立教女子学院の総見で、丁度来日していた脚本・演出のテレーサ・ルドヴィコとのイタリア語を介してのアフタートークでの生徒ったちの質問が、とても的を射ていて、よくある見当違いの質問とまるでちがうのに感心した。舞台で見る限りわがまま放題で、求婚者の首を斬り、魔王にいれあげているおひめさまに、なんで若者が恋するのか、・・”おひめさまはキレイだし・・・それんなのよ”のような舞台にその答えが・・・、のような返事が、これも的をえていて・・・。こちらの聞き違いかな・・・。
[PR]

by engekibukuro | 2015-09-25 07:57 | Comments(0)  

9月23日(水)筒井康隆「モナドの領域」(新潮10月号)



・330枚一挙掲載、雑誌の惹句は”GOD.は人類を慈しみ、小説家は小説を愛し抜いた。いま、小説は神を超えた領域へ・・・著者最高傑作にして(おそらく)最後の長編”
 「モナドの領域」は、ライプニッツの「単子論」のモナドに由来するが、ほかにトマス・アクイナスとハイデッカーとか哲学者の話が頻発し、それと美大の彫刻の学生がベーカリーのバイトをやって、動物型のパンを造形する話が最初にでてきて、その学生が女の片腕と片足のパンを造り、その片腕パンがうれまくるのだが、実は現実の河原に女の片腕が、公園に女の片足が放置されていた事件が発生していた・・。つまり一種の哲学的SFミステリーで、筒井の主要分野、独擅場の小説だ。とにかく、80歳過ぎて、こんな充実した、ややこしくてこちらの無教養ではついてゆけない、-(r)(s)(t){rEs&sEt→rEt}}―などという数式がでてくる小説を書くエネルギーに心感服した。つまり宇宙の全てと、街のおあかみさんのため息の原因までワカッテイル男”GOD”の話、現実のありのままの世界(原発問題も安保関連法案まで視野にいれた)と、あるうべき可能世界との接点を描く、哲学小説であり、ページをめくるのももどかしい面白いエンターテイメント小説でもあり、読み終わるとなんだかよくわからいが、茫然とした充実した読後感がある不思議な小説だった、傑作だろう。
[PR]

by engekibukuro | 2015-09-24 09:28 | Comments(0)  

9月23日(水)筒井康隆「モナドの領域」(新潮10月号)



・330枚一挙掲載、雑誌の惹句は”GOD.は人類を慈しみ、小説家は小説を愛し抜いた。いま、小説は神を超えた領域へ・・・著者最高傑作にして(おそらく)最後の長編”
 「モナドの領域」は、ライプニッツの「単子論」のモナドに由来するが、ほかにトマス・アクイナスとハイデッカーとか哲学者の話が頻発し、それと美大の彫刻の学生がベーカリーのバイトをやって、動物型のパンを造形する話が最初にでてきて、その学生が女の片腕と片足のパンを造り、その片腕パンがうれまくるのだが、実は現実の河原に女の片腕が、公園に女の片足が放置されていた事件が発生していた・・。つまり一種の哲学的SFミステリーで、筒井の主要分野、独擅場の小説だ。とにかく、80歳過ぎて、こんな充実した、ややこしくてこちらの無教養ではついてゆけない、-(r)(s)(t){rEs&sEt→rEt}}―などという数式がでてくる小説を書くエネルギーに心感服した。つまり宇宙の全てと、街のおあかみさんのため息の原因までワカッテイル男”GOD”の話、現実のありのままの世界(原発問題も安保関連法案まで視野にいれた)と、あるうべき可能世界との接点を描く、哲学小説であり、ページをめくるのももどかしい面白いエンターテイメント小説でもあり、読み終わるとなんだかよくわからいが、茫然とした充実した読後感がある不思議な小説だった、傑作だろう。
[PR]

by engekibukuro | 2015-09-24 09:28 | Comments(0)  

9月22日(火)
















  ★上の男の孫の6歳の誕生日、もうランドセルを見せてくれた、6本の蝋燭の灯が吹き消えて、H♪B♪D♪の低唱とともに溶暗・・・。
[PR]

by engekibukuro | 2015-09-23 08:13 | Comments(0)