<   2017年 02月 ( 33 )   > この月の画像一覧

 

2月18日(土)M「蝶々夫人」S「たくらみと恋」

プッチーニ歌劇「蝶々夫人」(指揮:ミヒャエル・バルケ、演出:笈田ヨシ)東京芸術劇場コンサートホール。昭和8年生まれの演出のヨシ笈田はこの名高いオペラを敗戦直後の日本に重ねた。進駐軍の兵隊にガムをもらい、”ギブミーチョコレート”と綺麗な洋服を着た娼婦と歩く兵隊さんを追いかけた時代の子供たちに私も入る。蝶々夫人はアメリカは素晴らしい国だと本気で思い、ママゴトのようなつもりで結婚したピンカートンを本気で愛し、アメリカへ帰国し、アメリカ人と結婚したピンカートンを疑わずに心から待っていたのだ。だから、待っている間の蝶々夫人は戦時中の服装のもんぺをはいていた。もんぺをはいた蝶々夫人(小川里美)の絶唱「ある晴れた日」はなにか肺腑をえぐるように美しく、劇場を圧する。舞台には蝶々夫人の住まいには星条旗が立てかけてあり、ラストに子供を連れていかれ、懐剣を見つめる夫人、そのとき星条旗が倒れるのだ。このオペラは、日本とアメリカのアンビバレンツを見事に舞台化した傑作だった。
「たくらみと恋」(作:フリードリッヒ・フォン・シラー、演出:レフ・ドージン、ロシア国立サントベルグ マールイ劇場、世田谷パブリックシアター)
 ドージンの演出の芝居は、ソ連時代、日本にきて銀座セゾン劇場で上演した「兄弟姉妹」「夜明けの星たち」などを観ていた。その時代の芝居と比べると、この舞台は端正で落ち着いた芝居だった。だが、ソ連時代の芝居のほうがなにか訴える要素が多かった気がする。芝居にもよるのだろうが、ソ連崩壊のあとの時代の芝居として、時代と演劇の関係を考んがえさせてくれた貴重な舞台だった。
[PR]

by engekibukuro | 2017-02-19 10:40 | Comments(0)  

2月17日(金)



・藤谷治「花や今宵の」を読む。
 ファンタジックで一種の怪奇味のある独特の小説でラストの意外性に驚く・・。
特定されないが、地方都市のはずれの村が舞台だ。主人公は母と祖母に育てられ、勉強がよくできて高校から大学まで東京で一人暮らしをする。
 話は、この田舎の実家の持ち山の”しんの”という小さな山の怪奇現象だ。この村は、平家の落ち武者の末裔が住んでいるというということが、金持ちの村の地主が暇に任せての”研究”の結果として流布している。”しんの”という山は19年に一回12月22日に桜が咲くのだ。主人公の少年時代、女ともだちとこの祖母によってほぼ禁制になっている”しんの”に上る。その日は12月だというのに生暖かく、曲がりくねった松のある山の桜が満開で、地面は落ちた桜の花で覆われていた。そこで事件が起こる、女友達が消えてしまうのだ。消防団や警察も懸命に探すのだが、ようとして見つからない。そして19年たった12月22日に主人公は、金持ちの主と、ひとりの友だちと”しんの”に入る。満開の桜が咲きそろっている間に、主人公がいつの間にか消えてしまう・・。そして、意外な結末が・・・。それは書かない。このちょっとSFの君のある小説は、今までの藤谷の小説とは異なるテイストがあり、ラストは読み返してみたが、ギリギリの意外性で、その危うい感じが、この小説の命だろう。とにかく面白かった!、
[PR]

by engekibukuro | 2017-02-18 09:34 | Comments(0)  

2月17日(金)



・藤谷治「花や今宵の」を読む。
 ファンタジックで一種の怪奇味のある独特の小説でラストの意外性に驚く・・。
特定されないが、地方都市のはずれの村が舞台だ。主人公は母と祖母に育てられ、勉強がよくできて高校から大学まで東京で一人暮らしをする。
 話は、この田舎の実家の持ち山の”しんの”という小さな山の怪奇現象だ。この村は、平家の落ち武者の末裔が住んでいるというということが、金持ちの村の地主が暇に任せての”研究”の結果として流布している。”しんの”という山は19年に一回12月22日に桜が咲くのだ。主人公の少年時代、女ともだちとこの祖母によってほぼ禁制になっている”しんの”に上る。その日は12月だというのに生暖かく、曲がりくねった松のある山の桜が満開で、地面は落ちた桜の花で覆われていた。そこで事件が起こる、女友達が消えてしまうのだ。消防団や警察も懸命に探すのだが、ようとして見つからない。そして19年たった12月22日に主人公は、金持ちの主と、ひとりの友だちと”しんの”に入る。満開の桜が咲きそろっている間に、主人公がいつの間にか消えてしまう・・。そして、意外な結末が・・・。それは書かない。このちょっとSFの君のある小説は、今までの藤谷の小説とは異なるテイストがあり、ラストは読み返してみたが、ギリギリの意外性で、その危うい感じが、この小説の命だろう。とにかく面白かった!、
[PR]

by engekibukuro | 2017-02-18 09:34 | Comments(0)  

2月16日(木)M「お勢登場」

作・演出:倉持裕、シアタートラム

 この作品は、江戸川乱歩の短編群を倉持が合成させたもので、それを美術の二村周作が、アクロバットな転換が見事な、ミステリアスな雰囲気を醸成させる装置をこしらえた、乱歩の雰囲気を完掘させた舞台だった。乱歩の短編のうち、<本格推理もの>では「二銭銅貨」、「二廃人」、「D坂の殺人事件」、<怪奇・幻想もの>では「お勢登場」、「押絵と旅する男」、「木馬は廻る」、「赤い部屋」、「一人二役」、以上の作品を合成組織させた芝居だ。そして、お勢を演じたのは、黒木華。このお勢をめぐる人物を演じるのは、芸達者な寺十吾、梶原善、千葉雅子などだが、中でも目だったのは片桐はいり。髭をはやした男役の警官も演じるのだが、ひときわ目立った演技だった。片桐は、生田萬と銀粉蝶夫婦が主宰した「ブリキの自発団」という80年代の小劇場出身だが、そのころは体は大きかったが声が小さくてな客席に届きにくい女優だったが、独特な風貌が強い印象を与えていた・・。その後、松尾スズキの芝居などで頭角を現し、岩松了作演出の片桐の一人芝居「ベンチャーズの夜」でたしかな位置を固めた・・。今回の舞台では、風格さえ感じさせる立派な女優になったと感じさせた舞台だった。
[PR]

by engekibukuro | 2017-02-17 10:07 | Comments(0)  

2月15日(水)M「座頭市」

 脚本:リリー・フランキー、演出:三池崇史、EXシアター拝六本木

 六本木歌舞伎第二弾である。今回は市川海老蔵と寺島しのぶの顔合わせという大目玉公演で、この二人を今やマルルの売れっ子リリー・フランジーが今までの座頭市にとらわれない脚本を書いて、三池のペクタクルが舞台を生動させる。、そしてその舞台を海老蔵が自分の宇宙のような自然な支配力で座頭市を演じて、あるやまもしれぬ六本木遊郭の花形女郎と薄幸の座頭市と同じ盲目の女の二役を寺島が演じる。菊五郎の娘に生まれて、女性だから歌舞伎役者になれね宿命を、六本木歌舞伎という晴れ晴れしい名称の舞台に出演して、ひときわ際立った舞台姿を見せて面白い異色な舞台だった。なにしろ、海老蔵の座頭市は、博打でも独り勝ち、かかってくる奴らが短銃で撃っても弾を刀で弾き飛ばしてしまう、太立ち回りもむろん派手なひとり勝ちで、それがことさららしい強さでなく、あくまで舞台の自然ななりゆきとして客の心にとどくのだ。さらに観客サービスも怠りなく、しばしば当人が客席におりてきて、客に話しかけて、さらに歌舞伎で珍しいカーテンコールでは、寺島と二人で客席におりで、一回りする、客は大喜びで六本木歌舞伎はさらに盛り上がったのだった。
[PR]

by engekibukuro | 2017-02-16 09:58 | Comments(0)  

2月15日(水)M「座頭市」

 脚本:リリー・フランキー、演出:三池崇史、EXシアター拝六本木

 六本木歌舞伎第二弾である。今回は市川海老蔵と寺島しのぶの顔合わせという大目玉公演で、この二人を今やマルルの売れっ子リリー・フランジーが今までの座頭市にとらわれない脚本を書いて、三池のペクタクルが舞台を生動させる。、そしてその舞台を海老蔵が自分の宇宙のような自然な支配力で座頭市を演じて、あるやまもしれぬ六本木遊郭の花形女郎と薄幸の座頭市と同じ盲目の女の二役を寺島が演じる。菊五郎の娘に生まれて、女性だから歌舞伎役者になれね宿命を、六本木歌舞伎という晴れ晴れしい名称の舞台に出演して、ひときわ際立った舞台姿を見せて面白い異色な舞台だった。なにしろ、海老蔵の座頭市は、博打でも独り勝ち、かかってくる奴らが短銃で撃っても弾を刀で弾き飛ばしてしまう、太立ち回りもむろん派手なひとり勝ちで、それがことさららしい強さでなく、あくまで舞台の自然ななりゆきとして客の心にとどくのだ。さらに観客サービスも怠りなく、しばしば当人が客席におりてきて、客に話しかけて、さらに歌舞伎で珍しいカーテンコールでは、寺島と二人で客席におりで、一回りする、客は大喜びで六本木歌舞伎はさらに盛り上がったのだった。
[PR]

by engekibukuro | 2017-02-16 09:58 | Comments(0)  

2月14日(火)

 3月の芝居の予定を立てる。
いろいろきているが、シス・カンパニーの小川絵梨子の演出でストリンドベリの「令嬢ジェリー」と「死の舞踏を」交互にシアターコクーンで連日上演する公演がすごいね・・・。「令嬢ジェリー」は小野ゆり子、城田優、伊勢佳世、「死の舞踏」は池田成志、神野三鈴、音尾琢真が出演する。それと、2月24日ー3月5日までだが、椿組に書き下ろして演出もする瀬戸山美咲の「始まりのアンテイゴネ」も楽しみだ。これは、ザ・スズナリで上演する。
[PR]

by engekibukuro | 2017-02-15 09:40 | Comments(0)  

2月13日(月)M「アトレウス」劇団砂地

台本・構成・演出:船岩祐太、吉祥寺シアター

 ギリシャ悲劇の「アウリスのイピゲネイア」エウリピデス/「アガメムノン」アイスキュロス/「エレクトラ」ソフォクレス、エウリピデス、アイスキュロス(供養する女たち)/「タウリケのイピゲネイア」エウリピデス/「悲しみの女神たち」アイスキュロスを元にそれを混然とまとめて、ゴリシャ悲劇の多神教の世界を現代に招き寄せた劇だ。短アパンのカッサンドラが出てきて、びっくりしたり、今まで観てきたギリシャ悲劇の断片を想起しながら観る塩梅になっている。劇場の2階の回廊からコロスと思しき女たちの叫びが聞こえて、これが全体何を訴えているのか必ずしも判然としないが、ギリシャ悲劇のパッションを現代に招き寄せるドラマにはなっていて、複雑で見えにくくなっている現代への一つの挑戦として見ることはできた。
[PR]

by engekibukuro | 2017-02-14 10:05 | Comments(0)  

2月12日(日)

 ・おもろの常連で、いままでお話しできなかった詩人の沢すすむさんと、やっとお話しできた。聞けば、池袋の飲み屋、珊瑚や”あさ”にもいっていたそうで、すれ違ってきた同士だたっと分かった。
その沢さんから詩集が2冊遅れれてきた。タイトルは一冊は「家庭常備薬」、あがた森魚の序文がつき、装丁が高野文子で、その装丁が金箔で豪華・・・。もう1冊は「ブクロの森」これも想定は高野文子。沢さんの詩を一つ・・
 原風景
 読書しながら上目使いで
 編み物のをする女を眺めている
 いっこうにページが捲れない
 打ち寄せる波のごとく
 女の手先はこともなげに繰り返されている
 どうやらぼくは
 地球の原風景に出会っているようだ。
 「ブクロの森」より
 
[PR]

by engekibukuro | 2017-02-13 07:20 | Comments(0)  

2月12日(日)

 ・おもろの常連で、いままでお話しできなかった詩人の沢すすむさんと、やっとお話しできた。聞けば、池袋の飲み屋、珊瑚や”あさ”にもいっていたそうで、すれ違ってきた同士だたっと分かった。
その沢さんから詩集が2冊遅れれてきた。タイトルは一冊は「家庭常備薬」、あがた森魚の序文がつき、装丁が高野文子で、その装丁が金箔で豪華・・・。もう1冊は「ブクロの森」これも想定は高野文子。沢さんの詩を一つ・・
 原風景
 読書しながら上目使いで
 編み物のをする女を眺めている
 いっこうにページが捲れない
 打ち寄せる波のごとく
 女の手先はこともなげに繰り返されている
 どうやらぼくは
 地球の原風景に出会っているようだ。
 「ブクロの森」より
 
[PR]

by engekibukuro | 2017-02-13 07:20 | Comments(0)