6月27日(火)岡田利規訳「能・狂言」日本文学全集、河出書房新社

岡田が翻訳したのは、能:「松風」、「卒塔婆小町」、「邯鄲」。狂言:「金津」、「木六駄」、「月見座頭」。
・「卒塔婆小町」:ワキ・ワキツレ「隠遁しているといっても、住まいは山に入ったすぐのところなんです 隠遁生活してるといっても 住まいは山に入っすぐのとこなんです でも精神だけは 深遠なゾーンにいるんです」 ワキ「こういしてここにいますのは、高野山からやってきた僧侶です。私は今回、都に入ってみようと思っているところです。」ー地謡「ここからも わかるだろう 後生を思い祈ることこそ 人の正しい道なのだ 砂粒を重ねて塔を建てていくように ささやかな善行を積んでいこう 黄金に覆われた仏さまの手入れを怠らず 花を絶やすことなくお供えして 悟りの道に入っていこう 悟りの道に入っていこうーシテ、正面を向いて、合掌。終演。「月見座頭」-座頭登場 座頭
 これは誰かと言いますと、京都の下京のへん在住の盲人です。今夜は八月の十五夜で、きれいな月が出ますので、感性豊かな文化的なんかは野原とか水辺とかアウトドアで月を眺めて歌なんか詠んだり、詩なんかつくったりしてエンジョイすることでしょう。わたしも、月を見ることこそかなわないんですけど、近くの野原まで出向いて虫の音(ね)を聞きながらいい感じにリフレッシュできたらと思ってるところです、というわけでぼちぼち出かけようかな。(後略)。これを読んで、能や狂言を改めて観たくなった・・・。


[PR]

# by engekibukuro | 2017-06-28 10:48 | Comments(0)  

6月27日(火)岡田利規訳「能・狂言」日本文学全集、河出書房新社

岡田が翻訳したのは、能:「松風」、「卒塔婆小町」、「邯鄲」。狂言:「金津」、「木六駄」、「月見座頭」。
・「卒塔婆小町」:ワキ・ワキツレ「隠遁しているといっても、住まいは山に入ったすぐのところなんです 隠遁生活してるといっても 住まいは山に入っすぐのとこなんです でも精神だけは 深遠なゾーンにいるんです」 ワキ「こういしてここにいますのは、高野山からやってきた僧侶です。私は今回、都に入ってみようと思っているところです。」ー地謡「ここからも わかるだろう 後生を思い祈ることこそ 人の正しい道なのだ 砂粒を重ねて塔を建てていくように ささやかな善行を積んでいこう 黄金に覆われた仏さまの手入れを怠らず 花を絶やすことなくお供えして 悟りの道に入っていこう 悟りの道に入っていこうーシテ、正面を向いて、合掌。終演。「月見座頭」-座頭登場 座頭
 これは誰かと言いますと、京都の下京のへん在住の盲人です。今夜は八月の十五夜で、きれいな月が出ますので、感性豊かな文化的なんかは野原とか水辺とかアウトドアで月を眺めて歌なんか詠んだり、詩なんかつくったりしてエンジョイすることでしょう。わたしも、月を見ることこそかなわないんですけど、近くの野原まで出向いて虫の音(ね)を聞きながらいい感じにリフレッシュできたらと思ってるところです、というわけでぼちぼち出かけようかな。(後略)。これを読んで、能や狂言を改めて観たくなった・・・。


[PR]

# by engekibukuro | 2017-06-28 10:47 | Comments(0)  

6月27日(火)岡田利規訳「能・狂言」日本文学全集、河出書房新社

岡田が翻訳したのは、能:「松風」、「卒塔婆小町」、「邯鄲」。狂言:「金津」、「木六駄」、「月見座頭」。
・「卒塔婆小町」:ワキ・ワキツレ「隠遁しているといっても、住まいは山に入ったすぐのところなんです 隠遁生活してるといっても 住まいは山に入っすぐのとこなんです でも精神だけは 深遠なゾーンにいるんです」 ワキ「こういしてここにいますのは、高野山からやってきた僧侶です。私は今回、都に入ってみようと思っているところです。」ー地謡「ここからも わかるだろう 後生を思い祈ることこそ 人の正しい道なのだ 砂粒を重ねて塔を建てていくように ささやかな善行を積んでいこう 黄金に覆われた仏さまの手入れを怠らず 花を絶やすことなくお供えして 悟りの道に入っていこう 悟りの道に入っていこうーシテ、正面を向いて、合掌。終演。「月見座頭」-座頭登場 座頭
 これは誰かと言いますと、京都の下京のへん在住の盲人です。今夜は八月の十五夜で、きれいな月が出ますので、感性豊かな文化的なんかは野原とか水辺とかアウトドアで月を眺めて歌なんか詠んだり、詩なんかつくったりしてエンジョイすることでしょう。わたしも、月を見ることこそかなわないんですけど、近くの野原まで出向いて虫の音(ね)を聞きながらいい感じにリフレッシュできたらと思ってるところです、というわけでぼちぼち出かけようかな。(後略)。これを読んで、能や狂言を改めて観たくなった・・・。


[PR]

# by engekibukuro | 2017-06-28 10:47 | Comments(0)  

6月26日(月)S「屠殺人ブッチゃー」名取事務所

作:ニコラス・ビヨン、翻訳:吉原豊司、演出:小笠原響、下北沢「劇」小劇場
名取事務所の現代カナダ演劇・最新作連続公演がまた面白い作品を上演した。”クリスマス前夜。高級将校の軍服にサンタ帽という異様ないでたちの老人が、何者かの手で(トロントとおぼしき町の)警察署に運び込まれ、置き去りにされる。老人は消耗していて意識朦朧。その上英語を解さず、話せるのは東欧の地方語だけのようだ。警部、弁護士、通訳の3人で、その身元を割り出そうと躍起になった結果判明したのは・・・東欧に吹き荒れた民族抗争に絡む、身の毛もうだつような恐ろしい事実だった。”この芝居は90年代に発生したユーゴスラヴィアの内戦の民族浄化の迫害、虐殺の後日談だ。通訳の女性は、実はこの老人、当時の権力者にレイプされた過去を持ち、カナダで暮らしている、この老人の息子に父親を殺させることを計画していたのだ。以外に次ぐ以外性で、サスペンスに満ちた劇が小さな劇場を充満する。通訳の女性を演じる森尾舞が、緊張感に満ちた劇の立役者だ・・・。出来すぎるぐらいの作劇術によるこの劇は作者は「ポリテイカル・スリラー」と称するが、現在の世界に顕在、伏在する政治の現実に対応している現実感を感じさせる舞台だった。
・終わって谷岡健彦さん、谷岡さんの出身地大阪での友人の、日本女子大の教授の山口さん、助教の女性の鴨川さん、女優の石村みきさんと台湾料理屋で飲み、歓談する。

[PR]

# by engekibukuro | 2017-06-27 10:00 | Comments(0)  

6月26日(月)S「屠殺人ブッチゃー」名取事務所

作:ニコラス・ビヨン、翻訳:吉原豊司、演出:小笠原響、下北沢「劇」小劇場
名取事務所の現代カナダ演劇・最新作連続公演がまた面白い作品を上演した。”クリスマス前夜。高級将校の軍服にサンタ帽という異様ないでたちの老人が、何者かの手で(トロントとおぼしき町の)警察署に運び込まれ、置き去りにされる。老人は消耗していて意識朦朧。その上英語を解さず、話せるのは東欧の地方語だけのようだ。警部、弁護士、通訳の3人で、その身元を割り出そうと躍起になった結果判明したのは・・・東欧に吹き荒れた民族抗争に絡む、身の毛もうだつような恐ろしい事実だった。”この芝居は90年代に発生したユーゴスラヴィアの内戦の民族浄化の迫害、虐殺の後日談だ。通訳の女性は、実はこの老人、当時の権力者にレイプされた過去を持ち、カナダで暮らしている、この老人の息子に父親を殺させることを計画していたのだ。以外に次ぐ以外性で、サスペンスに満ちた劇が小さな劇場を充満する。通訳の女性を演じる森尾舞が、緊張感に満ちた劇の立役者だ・・・。出来すぎるぐらいの作劇術によるこの劇は作者は「ポリテイカル・スリラー」と称するが、現在の世界に顕在、伏在する政治の現実に対応している現実感を感じさせる舞台だった。

[PR]

# by engekibukuro | 2017-06-27 10:00 | Comments(0)