12月9日(土)M「斜交」水戸芸術館ACM劇場

作:古川健、演出:高橋正徳、草月会館
昭和40年に起きた誘拐事件、「吉展ちゃん誘拐事件」と呼ばれた事件、4歳の男子吉展ちゃんを誘拐し、金銭を奪い、殺害した事件だ。芝居はその取り調べ室での、当時犯人を自供させる腕に長けた名刑事と呼ばれた平塚八兵衛をモデルにした刑事(劇中では三塚九兵衛)と、なかなか自供しない容疑者木原守との息詰まる攻防を描いた芝居だ。刑事を近藤芳正、容疑者を「温泉ドラゴン」の筑波竜一が演じた。古川は、ここまでもというくらい、細部まで事件を調べて、当時の取り調べの様子を再現させた。三塚刑事は、黒だと確信した犯人を必ず落とすことで名高い刑事だった。しかし、この容疑者、福島の貧乏百姓の家の11番目の子で、生まれつ足が悪く引きずって歩く時計職人は白状すれば死刑確実なので、懸命にしぶとくあらゆる手段で対抗する・・。しかも刑事に許された時間は10日間、それ以上は人権侵害だという・・。その有様を近藤と筑波が息詰まる演技で再現して、ついに認めるのだが、その過程で犯人が真人間になってゆく過程でもあると感じさせる、刑事の人間性がか際立つ、近藤の演技だった。犯人の筑波も最後に自供するまでの演技の過程をリアルに演じて客を納得させ、立派だった。それにしても、最近の「温泉ドラゴン」のメンバーの活躍が目立つ、主宰のシライケイタの各方面の演出、坂本篤の結城座への客演など、評価がどんどん高くなっているい。

[PR]

# by engekibukuro | 2017-12-10 10:32 | Comments(0)  

12月8日(金)★「熱狂」★★「同窓会へようこそ」

★脚本:古川健、演出:日澤雄介、劇団チョコレートケーキ、東京芸術劇場シアターウエスト
 5年前に劇団チョコレートケーキの存在を広く知らしめた作品2本、「熱狂」と「あの記憶の記録」を今回交互にシアターウエストで上演している。2本とも、ナチス・ドイツとヒットラーを扱った作品で、初演を観た時の驚きを思い出す。こんな形でナチス・ドイツとヒットラーを描くのがとても新鮮だった。それは一つの世紀が終わったという感慨も伴った。「熱狂」はナチス・ドイツとヒットラーが台頭するまでのナチス党員とヒットラーを描いた作品だが、この芝居の真骨頂は西尾友樹が演じるヒットラー。この世紀の怪物をごく自然に、その狂気と熱情を演じぬく力量は実に見ごたえがあるのだ。
★★作:直井おさむ、演出:福井泰司、直井おさむ企画公演、SPACE雑遊
中学校卒業後48年経った同窓会。初老を迎えた彼ら彼女が、久方ぶりに集った。最初ぎこちなかった会話も、酒が進んでなごやかになってきた時、中学校でいじめられっ子だった山口が、じつはこの山口がこの同窓会を企画して、当時のいじめの復讐を果たすのが狙いだったことがわかってくる。芝居がどんどん暗くなってきて、山口以外の連中も暮らしが大変だということも分かってきて、最後に山口の手に、この料理屋の台所から持ってきた包丁が握られていた・・。リアルで迫力がある芝居だが、わたしは昔からアングラ劇団中村座時代から観ている大崎由利子や、昔から好きな役者の中原和宏の演技を観るほうに力が入ったのだった。

[PR]

# by engekibukuro | 2017-12-09 09:58 | Comments(0)  

12月7日(木)M「かがみのかなたはたなかのなかに」新国立劇場小劇場

作・演出:長塚圭史、振付・音楽:近藤良平
”夏、兵隊さんのたなかと、鏡のむこうのかなたは、おたがいの孤独に同情し、さみしさをなぐさめあう。ある日たなかは、鏡の向こうのけいこにひとめぼれ。つられてかなたもけいこに恋をする。向こうでかなたがけいこに近づくと、たなかはこちらでけいこに近づいてしまう。”
ーかがみのむこうと、かがみのこちらで、緻密に重なり合いながら動く身体と、回文や反復がくりかえされ、まるで音楽のように聴こえてくるセリフとに、世界がぐるんぐるん回るような錯覚にとらわれながら、舞台が進行してゆく・・-。いままで見たことのないようなこの舞台を、首藤康之、長塚圭史、松たか子、近藤良平という豪華メンバーが演じぬく・・。2015年に評判んなった作品の再演だ。

[PR]

# by engekibukuro | 2017-12-08 10:23 | Comments(0)  

12月6日(水)M「相談者たち」白山羊の会

作・演出:山内ケンジ、三鷹市芸術文化センター星のホール
 山内の芝居を観る楽しみは、その独特の劇作術、最初から最後まで、一分の隙もない緊張感が持続する。今回は特に、出演者はささやくような会話で芝居を進めてゆく・・。話は、ある夫婦の別れ話からはじまり、その静かな諍いが、居間で始まり、そこへ娘が恋人に送られて帰ってくる。もう夜も遅くて、恋人が帰ろうとすると、母親に引き留めれれて帰れない・・。そこへ夫と昔同じ会社で働いていたという男が、女を連て訪ねてくる。はなしによると、その女のために離婚したが、その女が実はこの家の別れ話の夫のとうの相手で、離婚した男が、そのことで話をつけに来たのだ・・。しかし、その女はこの家の夫と離れる気持ちはさらさらなくて、さいごには妻の前で、その夫とあられもないキスシーンを繰り広げて・・。こういう時間が一部の隙もなく進行し、山内のシニカルな冷徹な人間観も十分味わえることもできる。この夫を演じるのは吹越満で、山内の作劇のポイントをよく把握していて、芝居の興趣の元締めになっていた。

[PR]

# by engekibukuro | 2017-12-07 09:46 | Comments(0)  

12月5日(火)アキ・カウリスマキ監督「希望のかなた」

・渋谷のユーロスペースこの映画を見た。カウリスマキは凄いとしかいいようがない。見終わって溜息がでるような、いや実際ため息が出た。シリアの難民の青年が、東ヨーロッパの国々で受け入れ拒否され、偶然乗れた貨物船でフィンランドに入れた。そのシリアの青年の話と、別の話、妻と別れたらしいフィンランド人の中年男の話が並行して描かれてゆく・・・。この中年男がカジノで儲けた金でレストランを買うのだが、その店にシリアの青年が雇われる・・。これはごくごく大筋で、カウリスマキの映画は細部の充実、それをつなぐ素晴らしい音楽、それらの独特のコンビネーションにある。シリアの青年の家族は全員死んで、妹が一人生き残る。映画の後半は、この妹を探す話が主流になるのだが、やっと妹に会えたとき・・、これは書かないほうがいい。中年男は別れた妻に再会し・・。つまりは、この映画は言葉で語ることが私には不可能で見てもらうしかない。
[PR]

# by engekibukuro | 2017-12-06 09:43 | Comments(0)