5月24日(水)S「雨と猫といくつかの嘘」青☆組 アトリエ春風舎

作・演出:吉田小夏。吉田の芝居は昔から観ている。これは何回も書いているのだが、最初に吉田が青年団リンクで上演された芝居で、大学教授の妻が、教授が秘書の女性に心を向けていることがわかると、その秘書とそっくりの姿かたちに整形手術して教授に対する。奇想天外なのだが、観ていて自然にそれを受け入れてしまう。それ以来、吉田の芝を見続けてきた。この芝居は、2008年に今回のアトリエ春風舎者で初演された。妻と別れた一人住まいの初老の男が主人公、その男と子供たちの交流のエピソードが様々に描かれるのだが、エピソードのある日は、いつも雨が降っている・・・。家族というものの、ななんともいえない切なさ、悲哀感が底に流れている芝居で、誰しも身につまされるしばいなのだ。

[PR]

# by engekibukuro | 2017-05-25 12:34 | Comments(0)  

5月24日(水)S「雨と猫といくつかの嘘」青☆組 アトリエ春風舎

作・演出:吉田小夏。吉田の芝居は昔から観ている。これは何回も書いているのだが、最初に吉田が青年団リンクで上演された芝居で、大学教授の妻が、教授が秘書の女性に心を向けていることがわかると、その秘書とそっくりの姿かたちに整形手術して教授に対する。奇想天外なのだが、観ていて自然にそれを受け入れてしまう。それ以来、吉田の芝を見続けてきた。この芝居は、2008年に今回のアトリエ春風舎者で初演された。妻と別れた一人住まいの初老の男が主人公、その男と子供たちの交流のエピソードが様々に描かれるのだが、エピソードのある日は、いつも雨が降っている・・・。家族というものの、ななんともいえない切なさ、悲哀感が底に流れている芝居で、誰しも身につまされるしばいなのだ。

[PR]

# by engekibukuro | 2017-05-25 12:34 | Comments(0)  

5月24日(水)S「雨と猫といくつかの嘘」青☆組 アトリエ春風舎

作・演出:吉田小夏。吉田の芝居は昔から観ている。これは何回も書いているのだが、最初に吉田が青年団リンクで上演された芝居で、大学教授の妻が、教授が秘書の女性に心を向けていることがわかると、その秘書とそっくりの姿かたちに整形手術して教授に対する。奇想天外なのだが、観ていて自然にそれを受け入れてしまう。それ以来、吉田の芝を見続けてきた。この芝居は、2008年に今回のアトリエ春風舎者で初演された。妻と別れた一人住まいの初老の男が主人公、その男と子供たちの交流のエピソードが様々に描かれるのだが、エピソードのある日は、いつも雨が降っている・・・。家族というものの、ななんともいえない切なさ、悲哀感が底に流れている芝居で、誰しも身につまされるしばいなのだ。

[PR]

# by engekibukuro | 2017-05-25 12:34 | Comments(0)  

5月24日(水)S「雨と猫といくつかの嘘」青☆組 アトリエ春風舎

作・演出:吉田小夏。吉田の芝居は昔から観ている。これは何回も書いているのだが、最初に吉田が青年団リンクで上演された芝居で、大学教授の妻が、教授が秘書の女性に心を向けていることがわかると、その秘書とそっくりの姿かたちに整形手術して教授に対する。奇想天外なのだが、観ていて自然にそれを受け入れてしまう。それ以来、吉田の芝を見続けてきた。この芝居は、2008年に今回のアトリエ春風舎者で初演された。妻と別れた一人住まいの初老の男が主人公、その男と子供たちの交流のエピソードが様々に描かれるのだが、エピソードのある日は、いつも雨が降っている・・・。家族というものの、ななんともいえない切なさ、悲哀感が底に流れている芝居で、誰しも身につまされるしばいなのだ。

[PR]

# by engekibukuro | 2017-05-25 12:34 | Comments(0)  

5月24日(水)S「雨と猫といくつかの嘘」青☆組 アトリエ春風舎

作・演出:吉田小夏。吉田の芝居は昔から観ている。これは何回も書いているのだが、最初に吉田が青年団リンクで上演された芝居で、大学教授の妻が、教授が秘書の女性に心を向けていることがわかると、その秘書とそっくりの姿かたちに整形手術して教授に対する。奇想天外なのだが、観ていて自然にそれを受け入れてしまう。それ以来、吉田の芝を見続けてきた。この芝居は、2008年に今回のアトリエ春風舎者で初演された。妻と別れた一人住まいの初老の男が主人公、その男と子供たちの交流のエピソードが様々に描かれるのだが、エピソードのある日は、いつも雨が降っている・・・。家族というものの、ななんともいえない切なさ、悲哀感が底に流れている芝居で、誰しも身につまされるしばいなのだ。

[PR]

# by engekibukuro | 2017-05-25 12:34 | Comments(0)