㋆15日(土)★「リア王」★★「ジョンオズボーンの魅力」谷岡健彦

★作:W・シェイクスピア(小田島雄志翻訳より)、脚本・演出:山崎清介、子供のためのシェイクスピアカンパニー、あうるすぽっと
黒マントとヘルメットの役者たち、今回の「リア王」は再再演だ。ただ、今回はどうしたわけか、常連の伊沢磨紀が出演していない。リア王は福井貴一、ケントと人形遣いは山崎清介、グロスターは戸谷昌弘とよくできた舞台なのだが、ただでさえ重い芝居の「リア王」が、伊沢がなにかの役ででていれば、すこし風とうしがよくなり、少し違った舞台になっただろうなとつい思ってしまうのは致し方ない。
★★谷岡さんの「ジョン・オズボーンの魅力」の90分のレクチャーは、現在上演中の新国立小劇場「怒りを込めてふり返れ」のセットの上で行われた。ジョン・オズボーンの衝撃的なこの芝居が出現した当時の英国の演劇事情を語る。当時主流は英国中産階級の客を相手にするノエル・カワードやテレンス・ラテイガンだったこと、さらに時をおなじくしてサミエル・ベケットの「ゴドーを待ちながら」が書かれ、初訪英したブレヒトのベルリーナ・アンサンブルの「肝っ玉母さん」の上演があったことなどの話と、カワードやラテイガンが同性愛者だったこと、「怒りを込めて・・」のジミーとクリフの友情にも、その片鱗があることなど、興味深い話があり、”揺りかごから墓場までの”英国の福祉社会での若者のの在り方などに思いをはせられる講義だった。それにしても谷岡さんが、こんなに映像を使っての話が上手なのにおどろいた。あっという間の90分だった。


[PR]

# by engekibukuro | 2017-07-16 10:47 | Comments(0)  

7月14日(金)M「怒りを込めてふり返れ」新国立小劇場

作:ジョン・オズボーン、翻訳:木谷八也、演出:千葉哲也
素晴らしい舞台だった。わたしは1959年おの文学座初演を観て、次に母体を忘れたが2回目も観て、今回で三回目だ。初演は初演は、当時の”怒れる若者たち”の時代風潮の印として観て、次には英国の退屈な日曜日の芝居だと思って観た。つまり、この芝居の本当の真価が分からなかったのだ。なにより今回は主役ジミー・ポーターを演じた中村倫也が素晴らしい。この中村の演技に連動して、クリフ・ルシウの浅利陽介もアリソン・ポーターの中村ゆり、ヘレナ・チャールズの三津谷葉子もしっかりした演技で、舞台が引き締まった。ジミーがそのころの英国の社会や人間に際限なく悪罵を浴びせかけ、周りの人間、とくに妻のアリソンをもほんんど罵倒にちかい言葉を浴びせるのも、ジミーのその時代を生きてゆくための、最低限のプライドの保持、純粋さとして、中村の演技は納得させたのだ。千葉の演出も、美術の二村周作、照明の笠原俊幸と競合して、芝居全体の効果を盛り上げる。音楽の使い方も効果的だ。千葉の演出で、この戯曲の真価を示されたのは嬉しい。さらに、千葉は俳優だが、若い頃鐘下辰男と組んだTHE・GAZIRAというユニットで、鐘下が書いた、詩人中原中也と若き小林秀雄の一人の女性を巡る芝居で、小林を演じた千葉を思い出した。その演技もジミーを演じた中村のように激しいものだった。新国立劇場の素晴らしいヒット作だった。

[PR]

# by engekibukuro | 2017-07-15 07:17 | Comments(0)  

7月14日(金)M「怒りを込めてふり返れ」新国立小劇場

作:ジョン・オズボーン、翻訳:木谷八也、演出:千葉哲也
素晴らしい舞台だった。わたしは1959年おの文学座初演を観て、次に母体を忘れたが2回目も観て、今回で三回目だ。初演は初演は、当時の”怒れる若者たち”の時代風潮の印として観て、次には英国の退屈な日曜日の芝居だと思って観た。つまり、この芝居の本当の真価が分からなかったのだ。なにより今回は主役ジミー・ポーターを演じた中村倫也が素晴らしい。この中村の演技に連動して、クリフ・ルシウの浅利陽介もアリソン・ポーターの中村ゆり、ヘレナ・チャールズの三津谷葉子もしっかりした演技で、舞台が引き締まった。ジミーがそのころの英国の社会や人間に際限なく悪罵を浴びせかけ、周りの人間、とくに妻のアリソンをもほんんど罵倒にちかい言葉を浴びせるのも、ジミーのその時代を生きてゆくための、最低限のプライドの保持、純粋さとして、中村の演技は納得させたのだ。千葉の演出も、美術の二村周作、照明の笠原俊幸と競合して、芝居全体の効果を盛り上げる。音楽の使い方も効果的だ。千葉の演出で、この戯曲の真価を示されたのは嬉しい。さらに、千葉は俳優だが、若い頃鐘下辰男と組んだTHE・GAZIRAというユニットで、鐘下が書いた、詩人中原中也と若き小林秀雄の一人の女性を巡る芝居で、小林を演じた千葉を思い出した。その演技もジミーを演じた中村のように激しいものだった。新国立劇場の素晴らしいヒット作だった。

[PR]

# by engekibukuro | 2017-07-15 07:17 | Comments(0)  

㋆13日(木)S「音楽劇 魔都夜曲」シアターコクーン

作:マキノノゾミ、演出:河原雅彦 音楽:本間昭光、企画・制作:キューブ
 1949年(昭和十四年)の上海のフランス租界のクラブ「ル・パシフイーク」、生バンドが演奏する当時では最新のジャズで開幕を告げる。このクラブで日本人の貴公子、時の総理大臣近衛文麿の息子をモデルにした白河清隆が、中国人の父と日本人の母をもつマイコとその兄の周志強に出会った。この芝居は、父の使命を帯びた清隆とマイコとその兄の、日本と中国の戦争を終わらせる秘密裏の行動の謎に満ちた関係を主軸にして、当時の上海を蘇らせる。芝居には李香蘭や川島芳子、大杉栄を殺し、その後満州に君臨した甘粕正彦もでてきて、当時の上海の魔都の様相をジャズの鳴り響く渦中でスリリングに描く・・・。現在の世界は、まったく様相が異なるが、当時を郷愁ではなく振り返ることは大事なことだと知らされる舞台だった。

[PR]

# by engekibukuro | 2017-07-14 10:13 | Comments(0)  

7月12日(水)S「ソエジマナイト VOL.4」上野ストアハウス

2014年に亡くなったジャズ評論家副島輝人の追悼公演。上野ストアハウス主宰の木村真悟さんは、副島氏に有形無形の応援を受けた。木村さんが創ったフイジカルシアターの世界巡演も副島氏の励ましによるものだった。今回は、二つの種類の異なった上演で、副島氏を追悼した。
一つは、音と映像の★「Clash」、それと木村真悟作・演出の★★「PARADE」だ。★はピアノの佐藤充彦、ドラムの豊住芳三郎、サックスの坂田明、坂田は「平家物語」のボイスも語る、それに即興映像の勅使河原一郎。勅使河原の即興映像に合わせてのそれぞれの演奏で、これは絶品の試みだった。★★は木村のフイジカルシアターの出し物で、意味から見放された肉体の激震で、意味への輝かしい媚態だった。

[PR]

# by engekibukuro | 2017-07-13 10:02 | Comments(0)