12月11日S「午后は、すっかり雪」(作・演出:吉田小夏)

青年団リンク 青☆組、アトリエ春風舎。吉田は若手演出家コンクールで受賞し、戯曲作家としても評価が高い女流た。作風は地味ではあるが端正な作り方で、一作一作、確固としたイメージを残す。今回は故向田邦子の隠れた恋と、邦子の両親、妹二人、妹の家族を描いた作品だ。舞台は橋掛かりがある、能舞台仕立てで、邦子への鎮魂の気配が開幕から漂う。邦子の恋人は、歳の離れた男。妻子に去られ、怪我の後遺症で歩行が困難だ。邦子は家族にはこの男の存在は隠していて、ちょうど包装作家として売れ出したきた忙しい日々を縫って、この生活が不自由な男に料理をつくり、つかの間の会う瀬を慈しんでいる。父は旧弊な絶対君主、母と娘3人は絶対服従の家族。嫁に行った次女、婚期を逸しつつある末の妹もそれぞれ問題を抱えている。吉田はそれぞれの人物と出来事を舞台上に変幻自在に交差させて、その人物や出来事の核そのものを顕現させる。結果、邦子の恋物語も向田一家のありようの全貌が1時間半の裡に全て伝わったくる。吉田は一段と進化した。さらに、この芝居の時代がが主に、東京オリンピックの開催前の東京中が建設工事の騒音が絶えない、昭和が変貌した時代。邦子への鎮魂とともに昭和への惜別の思いもこめられた芝居で、胸にじーんとくる結末だ。
 邦子の福寿奈央、妹の天明留理子・高橋智子、妹の夫の藤川修二、父の荒井志郎、それぞれが好演し、邦子の母と恋人の母の様子が違う両役を演じた羽場睦子が舞台を締め、恋人を演じた足立誠の渋い演技が忘れがたい。
[PR]

# by engekibukuro | 2009-12-12 09:32 | Comments(0)  

12月9日M★「マレーヒルの幻影」S★★「海獣」

★作・演出:岩松了、本多劇場。蜷川幸雄はいわまつのことを狂気の作家だといったが、その狂気の論理が現実と正と折り合ったときの無類のイメージが、岩松の独特の難解・難渋さを溶かしてゆく。役者達(麻生久美子、ARATA、三宅弘城、荒川良々、市川実和子、松重豊、外人俳優3人)が、その溶かされた流れに自然にのって、岩松の世界を形成してゆく。スコット・フィッツゲラルドの「グレート・ギャツビー」を、1929年の大恐慌時代のNYの日本人コミュニテイの話に置き換える荒業のエネルギーと、俗情に結託する資質皆無の岩松の孤独でしかありえない作家性に敬服する。岩松が唐十郎から学んだという、芝居が終わるとき1本のリリカルな線が走ればいいんだという言葉が、この芝居にも顕現していた。
★★作:サジキドウジ、演出:東憲司、劇団桟敷童子、すみだパークスタジオ。黒船が浦賀に来航して開国を迫った時代。横浜に異人屋敷が建てられ、異人相手の遊郭ができた。周辺の漁村は海に出るのを禁じられ、疲弊してゆく。その漁村が舞台。その村の掘っ立て小屋に女衒に買われた、少女4人が、遊郭開設までの間、預けられる。異人相手の女郎になる恐怖に堪えられず、少女たちは自殺するが、一人は生き残る。その少女たちを巡っての村人や浪人たちの群像劇。時代の変わり目に犠牲になるのは最下層の人々だ。その中でも最悪の犠牲になる少女たちの物語は胸をうつ。ただ、サジキドウジの芝居には毎回忘れがたいユニークな人物が登場するのだが、今回はそういう人物は見当たらず、芝居が型にはまってきた感じが拭いきれなかった。
[PR]

# by engekibukuro | 2009-12-10 13:53 | Comments(0)  

12月7日S「国盗人」(作:河合祥一郎、演出:野村萬斎)

世田谷パブリックシアター。シェイクスピア「リチャード三世」の翻案だ。2年前の初演は冗長な部分があり、成功作とはいえないと思っていたが、今回はその部分が刈り込まれ見違えるような舞台に変貌していた。今年は「ユートピアの岸へ」と「ヘンリー六世」がダントツだと考えていたが、この作品が加わった。主演の悪三郎を悪を輝やかせつつ軽妙洒脱に演じた萬斎、四役を圧倒的な存在感で演じ分けた白石加代子、5本の橋掛かりをつけた能舞台風の舞台を造った美術の松井るみ、美術に即応した照明の小笠原純、ダイナミックな囃子を作調した田中傳左衛門、JYUNKO KOSHINOの多彩な衣裳、引き締まったゆるみのない殺陣の栗原直樹、それらキャスト、スタッフの仕事を能狂言の様式をベースにして総合した萬歳の演出は冴え渡っていた。権力の実相を描きぬいた現代能というより伝統芸能の富を活かしきった現代劇だ。
[PR]

# by engekibukuro | 2009-12-08 13:22 | Comments(0)  

12月6日M「神戸北ホテル」(作:小幡欣治、演出:丹野郁弓)

劇団民芸、三越劇場。昭和16年、川柳作家であり歯科医の仁野六助は治安維持法で検挙された。東京を追われた仁野が行き着いた先は神戸のホテル、その名は北ホテル。名前こそしゃれているが、築50年の老朽化した、住人は闇屋、行商人、亡命外国人らがたむろすハキダメのようなホテルだ。しかし、妻子を東京においての気ままな暮らし、女にだらしない仁野は、このつかの間の独身生活をそれなりに楽しんでいたのだった。ところがそこに昔の恋人大関うららが不意に現れた。彼と別れて、一度は故郷の長崎・福江島に帰っていた彼女は、仁野が離婚したとの噂を信じて神戸まで彼を追いかけてきたのだ。必死な彼女の一途さに恐れをなす仁野をよそに、うららはさっさと看護婦の職を見つけてこのホテルに居座ってしまう。そして戦局は日増しに悪化してゆき・・・。この大関うららを奈良岡朋子が演じる。主として聡明で芯の強い女性を演じてきた奈良岡が、ストーカーまがいの男にベタぼれするこういう女は初めての挑戦だ。台本の巧さもあるが、奈良岡はしつこいが、それが魅力になってしまう女を演じ抜いて、新境地を開くことに成功した。さすが、民芸の看板女優にふさわしい舞台だった。小幡も民芸への書き下ろし8作目も期待に応えた。彼女は最後には従軍看護婦として召集されてゆくのだが、ホテルで暮らす庶民の哀歓の描写を含め、戦時下に少年期を送った小幡の万感の思いがこもった芝居だった。

 ★イメージフォーラムでポーランドのイエジー・スコモリフスキ監督「アンナと過ごした4日間」を見た。クリント・イーストウッドの「グラン・トリノ」と双璧をなす、今年の傑作だった。
[PR]

# by engekibukuro | 2009-12-07 13:17 | Comments(0)  

12月5日M「アグリカルチャー」(作・演出:長谷川孝治)

弘前劇場、ザ・スズナリ。長谷川独特の津軽弁と標準語の入り混じったセリフの豊かさ、特有のリリシズム、持ち味の薀蓄、それらが渾然一体になった快作だった。弘前劇場は畑澤聖悟らが出て(畑澤は「渡辺源四郎商店」を創立した)一時俳優陣が弱体化したと思ったが、力のある新人が加入してきて、福士賢治だけに頼るのでない充実した舞台だった。長谷川の言う、技術で演技する東京の俳優と異なる、魂の演技、東京の俳優には見られない豊かな生活感が横溢した演技。東京から青森の戻った登場人物が語る「東京は人の生活する場所ではない」というセリフが実感できる演技による舞台だった。全国を花を求めて渡り歩く養蜂家(福士のモノローグが物語の概観を語り、青森の農家一家の歴史と日常を描いた芝居は長谷川の芝居の集大成のようだった。青森は弘前劇場と渡辺源四郎商店が刺激しあって豊かになり、日本の演劇の世界での無視できない重要な一角を築いている。

 ☆12月4日「見えざるモノの生き残り」の作者前川知大さんを、前原知大と誤記したというコメントをいただきました。ご指摘有難うございました。前川さんと皆様に陳謝いたします。猛省します。訂正しました。
[PR]

# by engekibukuro | 2009-12-06 08:44 | Comments(0)