人気ブログランキング |

7月10日M「COCO」ル テアトル

脚本・作詞:アラン・ジェイ・ラーナー、演出・翻訳・訳詞:G2。1969年にキャサリン・ヘップバーンがCOCOを演じて大評判になったブロードウエイ・ミュージカルだ。こちらのCOCOは鳳蘭。演技、歌唱とも圧倒的な迫力でシャネル・ココを演じきった。助演の湖月わたる、岡幸二郎、大澄賢也、鈴木綜馬、今陽子が鳳を立派に支えた。G2という演出家にはわたしは良い観客では無かったが、この舞台はバランスの良い適切な演出だった。とにかく鳳の存在感が舞台全体を支配した、彼女のこの役に対するほれ込みようがじかに伝わる舞台だった。
★同日am。シネカノンで西川美和監督の「デイア・ドクター」を見た。前作「ゆれる」もよかったが、この映画で日本の代表的な映画監督であることを示した。それに主役の偽医者を演じた笑福亭鶴瓶が素晴らしい。落語家の余技どころか立派な映画俳優だ。ラストの偽がばれて、警察に追われて東京の病院の看護人に潜り込んで、その病院で偽医者のときに誤診した八千草薫の老女に会ってしまい、二人が思わずクスクス笑いあうシーンが秀逸。
★★同日夕方。上野の森美術館「高橋コレクションーネオトニイ・ジャパン」高橋竜太郎という精神科医のコレクション、村上隆、会田誠、奈良美智、芋味ら、よくもこれだけ集めたものだという逸品ぞろい。日本の現代絵画の感性が館ぜんたいにみなぎっていた。日本の現代絵画が海外市場でおお売れに売れていることがよくわかる。ネストニイ(幼形成熟)の絵画は世界の荒廃感を癒すのだろう。演劇ではネオトニイの劇作家は前田司郎かな・・・。
同日夜。村上春樹「1Q84」読了。本は買ったのではなく、20年来の池袋の沖縄料理店「おもろ」の飲み友達有田芳生(今度東京12区から新党日本で衆議院に立候補している)からのお下がりだ。朝日新聞の文芸時評で斉藤美奈子はこの小説を娯楽小説だと書いていたが、まずは娯楽として至福の時間を過ごせた。しかし、娯楽だけでは収まりきれないなにか不気味な、大きな転換をはらんだ得体の知れないものがある。それはこれから考えよう。そういえばネストニイ・ジャパンの画家たちと村上の感性は通じるものがある。両者とも世界で売れているし・・。この小説にでてきて話題をさらっている謎のリトル・ピューピルは奈良の描く、怪しい視線を放っている幼児のような姿なのかなとも思えてくる。

by engekibukuro | 2009-07-11 09:17  

<< 7月11日M「胎」(作・演出:... 7月9日M★★「夏の夜の夢」S... >>