人気ブログランキング |

8月14日S「斉藤幸子」(作:鈴木聡、演出:川原雅彦)

パルコ制作、ル テアトル。主役は斉藤由貴。舞台は月島のもんじゃ焼きの町。幸子はもんじゃ焼きの店の娘。鈴木はお芝居で月島の人々の人生をリアルに描くのではなく、あくまでお芝居という厳然たる枠のなかに月島の人々を掬い上げる。うまくゆくとお芝居なかでこその輝く人々がみえてくる。それが徹底していて、下手するとオクターブがあがりすぎてバカバカしくなるが、この作品は大成功でじつに面白くできている。河原の演出も、私はこの人は苦手だったが、今回は確かな腕前の持ち主だとはっきりわからせてもらった。役者も粟根まこと、松村武以下、クサイ芝居で統一して賑やかだ。明星真由美がちゃんとした役を演じて、上手いので感心した。ただ、斉藤由貴がいまひとつ主役の役割が弱いのではないかと気になったが・・・・。そしてこの芝居で一番光ったのは松井るみの美術だ。下手に月島の2軒のもじゃの店の構えを並べて、上手に大きく一軒の店の住居の茶の間、屋上に物干し場、その上に青空と雲がたなびき、月島の街と暮らしを彷彿とさせた。

by engekibukuro | 2009-08-15 08:06  

<< 8月15日M「出番を待ちながら... 8月13日S「ハッシャバイ」(... >>