人気ブログランキング |

8月2日(月)▼メモ

・今週は芝居を観るのは1本だけ。まあ、本を読むしかない。

佐藤優の「日本国家の真髄ー禁書「国体の本義」を読み解く」(産経新聞出版)を遅ればせながら読んだ。私は佐藤の本は殆ど読んでいるし、月刊雑誌連載7本、隔月隔週2本、週刊SPAの身の上相談まで読んでいる。佐藤は自分は右翼だと宣言しているが、マルクスも熟知し、左翼、右翼を超越した論客で、高度の神学の話から、「アサヒ芸能」の下世話な外務省批判まで、その幅の広さは驚異的だ。母親が沖縄人で、沖縄問題でももっとも確かな意見を聞けるのだ。
・この本は北畠親房「神皇正統記」の「大日本者神国也」(おおやまとはかみのくになり)を柱にして、佐藤は宣言する。「日本は、高天原の神々と直接つながる皇統を有する神の国なのである」・・・。また、「欧米人の場合、超越性について体得するためには、哲学や神学の訓練を経なければならない。これに対して、日本人の場合、神社を訪れ、ニ礼ニ拍一礼を行えば、自ら超越性を体得できるという特権を持っている」。
前に佐藤が推挙する「神皇正統記」を読んで、天皇制を認めない全くの左翼の家で育った俺にも説得力があって、なるほどと思ったが、この「日本国家の真髄」はそれこそ正面から神がかりで、さすがにつまずいた。ただ、新自由主義による日本の危機を、日本人すべてが高天原に結集して、危機を乗り越えようという佐藤の危機感の切迫性だけは全ページにみなぎっていた・・・。

・マリナーズの負け方は深刻だね。イチローの記録は、このチーム状態では危うくなってきたぞ・・・。

by engekibukuro | 2010-08-03 09:57  

<< 8月3日(火)「F/T10:ラ... 8月1日(日)M音楽座ミュージ... >>