人気ブログランキング |

8月10日(火)▼メモ


 ・キネマ旬報で出した「CLINT クリント・イーストウッド:レトロスペクテイブ」(リチャード・シッケル著)を読み始める。縦30センチ、横25センチのドデカイ本で写真満載、家で読むのもなんだから光ヶ丘のドトールの大テーブルで広げた。クリントは西海岸での若い頃の俳優修業でマイケル・チェーホフの系列の学校で学んだという。マイケル・チェーホフはアントン・チェーホフのお甥でモスクワ芸術座でスタニスラフスキーの弟子だった。アメリカに渡り俳優でもあったが、NYのリー・ストラスバーグとは別の形で、西海岸でスタニスラフスキー・システムを教えていた。クリントもスタ・システムスの薫陶を受けていたのだ。それとイタリアでマカロニウエスタンだけでなく、ヴィトリア・デ・シーカ監督で「華やかな魔女たち」という映画を撮っていたんだね。相手はシルバーノ・マンガーノ、デ・シーカはギャンブル狂で毎週ヨーロッパkのカジノに入り浸っていたそうだ。あの「靴もがき」「自転車泥棒」のイアタリアン・リアリズムの巨匠がねえ・・。
・昼はねぎと黒酢のシンプル焼きそばをつくる。
・夕方にCTに行き、en TAXI vol30を読む。この季刊誌は創刊号から読んでいて、隅から隅まで読む。3ヶ月に1回の楽しみだ。特集は「作家評伝」で、福田和也が「小島信夫」、小嵐九八郎が「田中小実昌」、勝目梓が「西東三鬼」、今日はここまで。「水枕ガバリと寒い海がある」三鬼・・。酷暑もふっとぶ。ウイスキーが待っている。



by engekibukuro | 2010-08-11 10:17  

<< 8月11日(水)M★「スリー・... 8月9日(月)S「カフェ アオ... >>