2月27日(日)M☆新国立劇場(小)S☆☆パルコ劇場

☆「美しい日々」(作:松田正隆、演出:宮田慶子)新国立劇場演劇研修所4期生終了公演。
 松田の初期の作品だそうだが、まったく知らなかった芝居だ。舞台はアパートの隣リ合わせの部屋。右側の部屋には高校教師が住み、左側の部屋には生活不能者の兄と、なにやら体を売る商売をしているらしい妹が住んでいる。このアパートな中央線の線路際で電車の轟音が響く。教師は結婚が決まった同じ教師の相手がいるが、この女性が式がまじかだというのに教師を裏切り、教師仲間の別の男に走ってしまう。左側の兄は、工事現場の見張りの仕事を1日であyめ、妹はその部屋に男を連れ込む。教師は絶望して学校を辞め、弟がいる九州へ。兄、妹は部屋をでる。ここまでが第一部で、第二部は元k教師の九州の話。第一部は話の運びが強引で、ヘンテコな元教え子の娘がでてきたりして破たん含みだが、第二部は松田の本来の舞台の九州だから、安定する。元教師は弟一家に親切に世話になっているのに、結局ここも出てしまう。荒削りな作品だが、初期の名作「月の岬」やかずかずの松田の秀作を思い出させる要素が濃密に含まれていて、人間の表と影のアラベスク、生の根底的な悲しみの感触を確かに、この舞台は感じさせた。
☆☆「SOUTH OF HEAVEN」(脚本・演出・映像:奥秀太郎)、差別が現存している在日の人々の怒り
、悲しみ、荒々しいワイルドな日常を送る若者たちをの生態を映像を駆使して即物的に描いた作品。ザラザラした感触が肌まで感じられるようなユニークな舞台だった。朝鮮学校の女性教師を演じた黒田育世がラストに踊って終わる。ちなみに現在上演中の野田秀樹の「南へ」の振付と映像は黒田と奥だ。
[PR]

by engekibukuro | 2011-02-28 12:33 | Comments(0)  

<< 2月28日(月) 2月26日(土)M「箱」(構成... >>