9月8日(木)M「大と小」(作:ポート・シュトラウス)

演出:手塚とおる、tpt,上野ストアハウス。まず今年江古田ストアハウスを上野に移したストアハウスでtpt
の芝居が観られたのが嬉しい。
 宮本裕子が演じるロッテという女性が、自分の居場所、人とのつながりを求めてモロッコから、ドイツを縦断する物語・・・。そのつながりの近疎や、場所の移動の差など、大きなドラマになったり、一瞬にして通過したりそれこそ”大と小”がある・・。このロッテが何を求めて彷徨するのかが、とりとめがなくて、あるいは特殊ドイツ演劇的イメージの連鎖でつかみどころがない・・・。しかし、宮本の演技と、手塚のスタイリッシュな演出で客を牽引できていた。宮本は役の解釈というより、自分の演技力をパワフルに全開して、この女性のダイナミックな勢いを舞台にみなぎらせた。他の俳優たちも、この勢いをそれぞれの演技に内包させて宮本を助演した。手塚はこの芝居の解釈、内的なコンセプトを探求するというような一種ヤボなことをしないで、純粋に演劇的な面だけを重視しているようだ。だからドイツ現代演劇のしっかりした紹介になったし、海外の前衛的な作品を果敢に上演してきたtptの伝統にもつなっが舞台になっていた。

▼MEMO。原稿をあげたあとの楽しみにと今絶賛仲のロマン・ポランスキーの映画「ゴーストタイター」を見に有楽町のヒューマントラストに行く・・・、が、行く前にコンビニで週刊新潮の福田和也のコラムでゴーストライターはつまらないようた映画評を読んでしまった・・。午前中の回なのにほぼ満員。見たらたホントにつまらなかった。CIAとテロに挟まれた英国の元首相(ブレア)の話だが、よくできた二流のスリラーでしかなかった。首唱の伝記を書くゴーストライターの役割が曖昧で、話の芯が弱い・・。いちおう見られはするが「水の中のナイフ」「チャイナタウン」「テス」「戦場のピアニスト」などの傑作とはほどとおい・・。アメリカかに追われているポランスキーのアメリカへの憎悪はひしひしと感じたが・・。
[PR]

by engekibukuro | 2011-09-09 09:36 | Comments(0)  

<< 9月9日(金)S「シャイロック... 9月7日(水)メモ >>