人気ブログランキング |

3月27日(金)第二回ハヤカワ『悲劇喜劇』賞

 第二回ハヤカワ『悲劇喜劇賞授賞式が明治記念館で行われた。
今回の受賞作品は二兎社・永井愛作・演出「鷗外の怪談」だった。
この作品に直接関わったキャスト、スタッフへ正賞として「悲劇喜劇」創刊号をデザインした盾を、副賞として100万円を授与された。選考委員は、今村忠純、鹿島茂、小藤田千栄子、高橋豊、それに今回から小説家の辻原登氏が加わった。
 <この賞の創設に際して>早川書房社長早川浩氏は、「早川書房の創業者である父、早川清は明治生まれの演劇青年でした。軍需協力工場であった家業のかたわら、芝居を観るのが何より好きでした。終戦を迎え、これ幸いと機械を売り払って出版社を興したのです。両親、家族を抱えてよくも、と思いますが、それほど演劇への情熱があったのでしょう。早速、演劇雑誌「悲劇喜劇」を創刊したのも当然のことでした・・・。」と書いている。
 選考委員の選考過程・結果の挨拶があり、永井さんのj受章の挨拶があり、パーテイに移り、小田島雄志先生、矢野誠一さんなど早川ゆかりの方、それにさまざまな演劇関係者が集まり、いろいろの方にお会いでき楽しいパーテイだった。編集長の今村麻子さんにお姉さんの、福岡女学院大学準教授の今村紅子さんを紹介していただいた・・。
 永井さんは、大石静さんと二兎社を旗揚げしたごく初期から観ているので、ことのほか嬉しい受賞だった。

by engekibukuro | 2015-03-28 08:35  

<< 3月28日(土)M[丹下左膳ー... 3月26日(木)鷲田清一「老い... >>