人気ブログランキング |

3月30日(月)M「闇のうつに我に我かは」Ring-Rong

 -池袋モンパルナス
作:山谷典子、演出:小笠原響  サイスタジオコモネAスタジオ
 Ring-Rongは文学座の女優山谷典子が立ち上げたユニットで、戦争と平和をテーマにした台本を上演してきた。今回は、「原爆の図」で著名な丸木位里・俊夫妻が開設した丸木美術館をモデルにした美術館が舞台・・。この美綬館の女性のj館長の父母は画家で、この美術館にはその母の代表作「灯篭流し」が常時展示されている・・。この美術館にある日老人が訪ねてきて、この絵を長い間見つめていている。芝居は、この老人と館長の数奇な係わりが遡行されてゆく・・。昭和18年、20年、現代へ・・・。しかとは明示されてはいないが、池袋モンパルナスといわれた画家たちが集まって行き来していた地域での話で、池袋近辺の椎名町には、アトリエ村という集落があって、丸木夫妻も戦中、戦後そこに住んでいて、ファッションデザイナーの長沢節も住んでいた・・。芝居は現代の美術館と戦中とを往復しながら、戦中の画家や演劇人など芸術家たちの国への忠誠と、純粋芸術との狭間で苦悩する群像を描いてゆく・・。この戦中の芸術家たちの生きざまを描く、山谷の筆致と想像力は臨場感あふれ、たしかにトレースしていて、現在の戦争の気配を喚起する・・・。戦争と平和というテーマが迂遠なものではなく、きわめて今日的なテーマとして再浮上してきたことを示すものだ・・。館長とさきの老人が実は・・・という多少メロドラマテテイックな芝居の縦軸も休憩なしの2時間10分の芝居を飽きさせない柔らかい駆動力になっていた。俳優も老人の小笠原良知、母親を演じた山谷、館長の大崎由利子がしっかと舞台を支えていて、辻萬長の息子の辻輝猛が出ていた。余談だが、丸木夫妻は父の友人で、小さい頃俊さんには絵本をもらったり、可愛がっていただいた・・、懐かしかった・・.

by engekibukuro | 2015-03-31 10:01  

<< 3月31日(火)「悲劇喜劇」5月号 3月29日(日)M「オイデイプ... >>