人気ブログランキング |

10月19日(月)俳句を作る演劇人の会:於・銀漢亭

今回の兼題は「地芝居」・「登高(高く登る)」

 ・思わず作った・”地芝居や子役だったら我れ名優”という句を谷岡さんが、まあこれはということで採ってくれた。

 ・カズオ・イシグロ「忘れられた巨人」(早川書房)を読んだ。
この小説、いままでのイシグロの小説と違って、6世のブリテン島(現在のグレートブリテン島)の話、アーサー王の時代だ。この島ではその頃、ブリトン人とサクソン人が対立していた・・。この小説は、ブリトン人の老夫婦の昔別れた子供に会いに困難な旅の話で、旅の途中で鬼や島を支配する雌竜が出てくるファンタジーでもあり、全編濃い霧に包まれたような物語だ・・。だが、もう過去の記憶が危うくなっている老夫婦の必死の旅のなかでのさまざまな人物との出会いや、危険をからくも乗り越える旅なのだが、ファンタジックな愛の旅であると同時に、二人の過去の愛のトラウマ、互いの裏切りとか、そういうリアリズムも介在していて、たんなるファンタジックな冒険の話を超えた、人生の真実をもいやおうなく感じさせる、これもまた、カズオ・イシグロの傑作だと思う。

 

by engekibukuro | 2015-10-20 09:32  

<< 10月19日(月)俳句を作る演... 10月18日(日)M「ガリバー... >>