人気ブログランキング |

10月28日(水)図書(岩波書店PR誌800号記念号)

 この図書は、家に唯一送られてきた雑誌で、中学生のころか読んで来た。私のわずかの知識の大部分はこの雑誌のおかげだ。今号で面白かったのは、斉藤美奈子の連載「文庫解説を読む」の赤川次郎の文庫本の最近亡くなった哲学者鶴見俊輔の解説の紹介。<私は、第一作「幽霊列車」から、赤川次郎の作品の数よりも多く、その作品を読んでいる。もう一度、おなじ小説を読みたくて読んでいる場合もあり、うっかり忘れて同じ作品を読んでいる場合もある。赤川さんが、三百冊書いたとして、私は四百冊読んでいる。>
 鶴見の解説はしかし、ここからいきなり飛躍するのだ。
<どうして、彼の作品を初登場以来、読み続けているのか。私の同時代の日本に失望しているからである。/しかし、世界に先んじて原爆を2発落された日本を憎むことはできない。/それにしても、原爆を2発落されて、日本より強いとわかってから、アメリカに従い、今はそのアメリカにいだかれて、いばって国民に向かって命令なそしている。この私の国の中に暮らして、私は国民のひとりとして、自分の国に眼をそむけたくなる。/いったいどこにのがれたらいいのか。/古典として言えば、日本に残っている「風土記」と「風土記逸文」である>。最終的には<私にとって現代日本の『風土記』である。に着地するのだが・・・。という解説・・・。
 ・東京医科歯科大学の歯科でかなりきつい抜歯をする・・。

by engekibukuro | 2015-10-29 07:33  

<< 10月29日(木)M「ドラマ・... 10月27日(火)M「西遊記」... >>