人気ブログランキング |

10月30日(金)★M「お化けの太陽」★★S「VOICE2」

★劇団桟敷童子の炭鉱三部作一挙連続公演が、10、11、12月に行われる。これは劇団桟敷童子の代表作シリーズ。10月「お化けの太陽」11月「泥花」12月「泳ぐ機関車」。作:サジキドウジ、演出:東憲司、美術:塵芥、3作ともすみだパークスタジオ。
 物語三作は東の故郷北九州の炭鉱の話、石炭の隆盛期と衰退期にわたっての石炭に振り回された家族とその周囲の話だ。「お化けの太陽」はエネルギーがすでに石炭から石油に移行した時代の話だが、舞台は昔炭住(炭鉱住宅)があった場所で、広大な向日葵畑に囲まれている。劇場全体を囲むような塵芥の美術の向日葵・・。そこの部落に、炭鉱事故で姉二人と孤児になり、今は一人前の職人として働いている松尾元、この元に、親戚にたらい回しにされて、この部落に流れ込んできた人になじまない変わり者の孤児の柳瀬範一が
おなじ孤児同士の匂いからか、この元だけになじむ・・・。この二人を中心した芝居で、ほかに大勢部落の男女がでてきて、桟敷童子のアンサンブルが見事に結晶した舞台で、この三作でも私は特に、大手忍が演じた範一少年に強く惹かれる芝居で大好きな芝居なのだ。今回も範一が大好きなお兄さん元と別れて、施設に行くラストに感動したのだが、初演にあった遠くにはなったが、炭鉱の影が今回はさらに薄くなり、物語の背景が見えにくくなったとい感じが残った・・・。
★★作・演出・音響:長谷川孝治。弘前劇場が発展的解消してNPO弘前劇場と改称して新たに設立された。これはドラマリーデイング三部作。1ー岡本かの子「桜」、2-小説:長谷川孝治「三上葉子」、3-エッセイ:長谷川孝治「津軽の声、津軽の詩」。1-は鹿の子の短歌の朗誦でバックに桜の万華鏡のような写真とジャズが流れる。2-の三上葉子は、いきら酒を呑んでも絶対酔わない女性で、妻子もちの上司の恋人と飲み比べをして、サントリーオールドを1本、ストレートで飲み干してしまう。大酒自慢の上司は酔いつぶれて、それで関係を断ち別れる決心をするが、かえりの電車でワンカップ大関をがんがん開けていき、それでちょっぷり酔った気がした。3-は、写真家小島一郎の津軽地方の写真をバックに、郷土の詩人、作家の高木恭造、植木曜介、太宰治の津軽弁の「方言」を朗誦し、そのテキストをバックの画面に写し、読み方と意味を示す試み。趣向が変わった3本ともとても、おもしろく洒落ていて、素敵ないかにも長谷川らしい試みだった。わたしは東京にきた、長谷川・弘前劇場の作品は全て見ているが、新しいNPO弘前劇場にもおおいに期待したい・・。

by engekibukuro | 2015-10-31 09:43  

<< 10月31日(土)M「大正の肖... 10月29日(木)M「ドラマ・... >>