人気ブログランキング |

9月30日(木)★M「青」★★「象」

★作:夏井孝裕、演出:千葉哲也、ツチプロ、OFF OFFシアター
 「青」という組織のはなしだが、よくわからない芝居だった。
★★作:別役実、演出:真鍋卓嗣、名取事務所、下北沢小劇場B1
 この芝居、もう何回観ただろう。演出家によって全く違う印象を与えられる芝居で、”群盲象をなで
る”ような感じがぬぐえない。むろん、主人公は広島の原爆被害者で、原爆の恐怖と苦しみを描いた芝居だという本線が主軸になっていることは確かではある。それにしても謎に満ちている芝居で、冒頭の「私は、いわばお月様です。・・あるいは、おさかなです。いわば淋しいおさかな」と語る「男」の詩的な台詞・・。主人公は町で背中の原爆症からのケロイドを見世物にして見ている人間の拍手を唯一の生きがいにしている男だ。原爆が一人の男をゆがめてしまった・・・、というより名もなき小市民が、そのケロイドで生きる理由を獲得した、いわば原爆が生きる理由を生んだとともとれる・・。真鍋の演出は主人公を演じた内田龍磨に、男のその執念を強烈に演じさせた。そして、同じ原爆症の吉野悠我の甥に伯父のその執念を、執拗に批判し、だまって静かに耐えることしかないと訴える。新井純の演じた妻は、それらいっさいに無関心な様子を隠そうともしない。さらに、突然、ステッキを持ったスーツ姿の紳士が出会って、一人がステッキで打倒してしまうという脈絡がないシーン・・。いわば、別役の社会的関心と別役の不条理劇が混然一体になって、強調、点の拡大と収縮がとらえがたい像を作っている芝居だと、ひとまず思うしかない芝居なのだ。だから、それがこの芝居の魅力であり、いつか全体がきちっと豊かにあらゆる細部が有機的に生きた舞台の成立を期待させる芝居なのだ。こんかいの真鍋の演出は、それに一歩近ずいた舞台だといえる。
・終わって、内田洋一さん、谷岡健彦さん、日本女子大の山口さん、日本女子大の村山知義の女性研究者と飲む。

by engekibukuro | 2016-09-30 10:34  

<< 9月30日(金) 9月28日(水)映画「ハドソン... >>