2月2日(金)

・池永永一「ヒストリア」(角川書店)を読む。沖縄戦で蹂躙され、戦後の沖縄でさんざんな目にあった、知花煉(ちばなれん)という少女が南米ボリビアにわたり、自分の運命を切り開いてゆく、気宇壮大な物語。ボリビアのみならず、南米各国を経めぐり、あのチェ・ゲラバに会って親しくなって、ゲバラがキューバ革命に成功し、次にボリビアのゲリラ戦に加わったとき、煉はゲバラを逃がそうとするのだが、ゲバラは承知せず最後を遂げる・・。沖縄と南米、ボリビアの沖縄コロシアム、ゲバラとの話のみならず、この波乱万丈の物語りのスケールの大きさ、煉の死線を越えてゆく生命力・・。こんな小説を書く人がいるとは驚いた!

[PR]

by engekibukuro | 2018-02-03 09:41 | Comments(0)  

<< 2月3日(土)M「美しい日々」... 2月1日(木) >>