3月7日(水)M「ミュージカル ヘッズ・アップ!」

作:倉持裕、原案・作詞:ラサール・石井、作曲・音楽監督:玉麻尚一、振付:川崎悦子、舞台美術:伊藤雅子、東京公演制作統括:石井久美子(石井光三オフイス)、TBS赤坂ACTシアタ-
 このミュージカル「HEADS UP!」は2015年の神奈川KAATで初演され、大笹吉雄さんが、その年のベスト3に選んだ。それが今回再演された。素晴らしいミュージカルだった。このミュージカルは一つの芝居・ミュージカルが出来上がるまでの、仕込みからバラシまでのプロセスをミュージカルにした舞台だ。だから、当然、舞台に関わるあらゆるスタッフが出てくる。そしてバラシの合間に、その日の公演の舞台の場面が挿入されて、舞台製作と公演が一体化されて観られる。上演されたの「ドルガンチェの馬」というミューjカルで、もう一千回上演されたのだが、この芝居は主演役者の意向で栃木の黎明会館という場所で1千1回目の上演されたのだ。当然、舞台作りも不備が多く、あたらしい舞台監督はタイヘンだ・・。それを1千回で降りた哀川翔が演じる元舞台監督が助けて、なんとかバラシまでたどり着く。音楽、ダンス、芝居まで、スタッフを演じる俳優陣が見事としか言えないアンサンブルで、一つの舞台が出来上がるまでが演じられた。KAATの芸術監督白井晃が、日本で作られた中で、画期的なミュージカルだとパンフに書いていたが、まさにその通りの舞台だった。

[PR]

by engekibukuro | 2018-03-08 09:32 | Comments(0)  

<< 3月8日(木)M「赤道の下のマ... 3月6日(火)M「毒おんな」椿組 >>