吉田裕著「日本軍兵士ーアジア・太平洋戦争の現実」(中公新書)

日中戦争以降のアジア・太平洋戦争の軍人・軍属の戦没者は約230万人だが、そのうち餓死者の合計は、マラリアなどに感染して病死者を含めて140万人だという(全体の61パーセント)。この本を読むと慄然とするが、日本という国、日本人というものを根本的に考えざるを得ない気持になる。

・・・

[PR]

by engekibukuro | 2018-04-16 06:04 | Comments(0)  

<< 4月16日(月)M★「最後の炎... 4月14日(土)M「1984」... >>