5月3日(木)白井聰「国体論 菊と星条旗」(集英社新書)

一応読了した・・。この本の本文の巻頭:1「お言葉の」の文脈:「・天皇の呼び掛け 2016年8月8日、テレビを通じて発せられた、強い「言葉の力」に筆者は釘付けとなった。自分が見聞きしてるものは一体い何んであるのか、それは考えれば考えるほど、衝撃の感は深まっていった。本署の「序」に記した問題意識を、筆者は「永続敗戦論」の執筆以来持ち続けてきた。「戦後日本の対米従属の問題は、天皇制の問題として、<国体>の概念を用いて分析しなければ解けない」という考えを抱いてきたのだった。それをどのように世に問うてゆくかを考えている最中に、思いがけないところから、筆者の問題意識の中心を射抜く出来事が生じたのおである」
このことからの叙述が本書に一貫しているのだが、私はよく理解できた思いがしないので、再読しよう。
北斗賞・堀切句:”背の高き父に抱かれ雛の市”、”人の影ふたつ映りて水温む”、”迷い猫の写真も貼られ種物屋”



[PR]

by engekibukuro | 2018-05-04 10:24 | Comments(1)  

Commented by omachi at 2018-05-12 20:07 x
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

<< 5月4日(金)M なべげんイタ... 5月2日(水)M「めにみえない... >>