5月11日(金)M「われわれのモロモロ」さいたまゴールド・シアター番外公演

構成・・・・・演出:岩井秀人 ”ゴールド・シアター2018春” 以下のメンバーの自身のの記録を、岩井が構成・演出して舞台化した。
「わが家の三代目」作:百元夏絵(1942年生まれ)、「友よ」作:石井菖子(1936)、「無言」作:田村律子(1939)、「パミーとのはなし」作:大串三和子(1929)、「荒鷲」作:森下竜一(1929)、「その日、3才4カ月」作:谷川美枝(1942)
 これらの記録は、ほぼ私と同世代の人々の記録だから、兵営期以前の世代だが、身につまされる話ばかりで、転じて現在の世の中の、別の意味での酷さを感じたのだった。なお、この劇は、彩の国さいたま芸術劇場1Fの稽古場NINAGAWA STUDIOで行われた。STUDIOの外の廊下には、在りし日の蜷川幸雄のさまざまな写真が展示されていて、蜷川幸雄演出の作品の数々を思い出させてくれるのだった。
北斗賞・堀切句:”母の日の永遠といふパーマかな”、”それぞれに影抱きあふ若葉かな”、”天日を余さず隠し朴の花”‥・・・・・‥・・

[PR]

by engekibukuro | 2018-05-12 07:05 | Comments(0)  

<< 5月12日(土)M「グッド・デ... 5月10日(木)S渋谷・コクー... >>