5月15日(火)M「人形の家」りゅーぴとあプロヂュース

作:ヘンリック・イプセン、訳:楠山正雄訳「人形の家」より、上演台本:笹部博司、演出:一色隆司、東京芸術劇場シアターウエスト
笹部のイプセンの上演台本では、「野鴨」などの原作を簡潔にした良い仕事があった。この「人形の家」ちょっと過剰に簡潔にして、刺激が強すぎたかなとは思ったが、俳優陣の熱演で、はじめてイプセンの代表作である「人形の家」を観た人には、良い観劇体験になった舞台だったとは思った。
北斗賞・堀切句:”紫陽花をあまた見て子の眠り蹴り”、夜濯の渦となりたりワンピース”、”水よりも水の色した糸蜻蛉”・
・シアターウエストの帰りに、久しぶりに開店していたおもろに行った。沢さんもいた・・やはりここの泡盛はうまい、生きかえった思いがする・・・。・・・・・・・・・・・


[PR]

by engekibukuro | 2018-05-16 07:42 | Comments(0)  

<< 5月16日(水) 5月14日(月) >>