7月2日(月)M「火曜日はスーパーへ」鴎座、横浜若葉町ウオーフ

作:エマニュエル・ダレル、訳:石井恵、演出・美術:佐藤信
”サミュエル・ベケット、ベルナール=マリコルテスにつづく、「鴎座」極私的演劇演劇第三団は、フランス現代演劇の俊英エマニュエル・ダレルの代表作「火曜日はスーパーへ」の上演です。毎週火曜日、ひとり住まいの父親の家に通って、掃除、洗濯、食事のしたごしらえとかいがいしく働き、連れ立ってスーパーへ一週間分の買い物に出かける「娘」。かっては「息子」だった彼女をどうしても受け入れられない父親と、行く先々で周囲から注がれる好奇のまなざし。いあまを生きるわたしたちの「孤独」の容赦ない様相を、ダレルならではの詩とユーモアをもって描き出すモノドラマを、若葉町ウオーフをともに立ちあげた俳優龍昇とおとどけいたします。ご期待ください。佐藤信”
 このカムアウトして「娘」になった父にとっての「息子」を龍昇が一時間の一人芝居を演じきった。ここならではのアヴァンギャルド演劇の粋を堪能できたのだった・・・。横浜若葉町ウオーフは、佐藤信(演出家)、竹屋啓子(舞踊家)、龍昇(俳優)、岡島哲也(プロヂューサー)、川口智子(演出家)の5人が運営する、劇場とスタジオと宿とを兼ね備えたアートセンターだ。

[PR]

by engekibukuro | 2018-07-03 06:53 | Comments(0)  

<< 7月3日(火) 7月2日(月)M「火曜日はスー... >>