7月10日(火)M「宣伝」青年劇場スタジオ結(YUI)

作:高田保、演出:大谷賢治郎、秋田雨雀・土方与志記念青年劇場小劇場企画
”ラジオから聞こえてくるのは、勇ましい進軍ラッパと「突っ込め!!」の声。陸軍省主催のラジオドラマに観劇ひとしおの市井の人々。好評に気をよくした陸軍大佐の後押しでドラマが舞台化されることになり、作家は戦地で盲目になった元兵士を訪ねるが・・”この盲目の兵士は今は按摩をやって細々と暮らしをたててている。戦争の宣伝の具にされるのを、頑として拒む・・。戦前のプロレタリア演劇の作家である高田保の芝居を初めて観た。緊密に書かれている芝居で、演出の大谷はそのテキストをきちんと舞台化した。なによりこの舞台で感心したのは、青年劇場の俳優陣の演技の質の高さとアンサンブルの良さ・・。戦前の知られざる戯曲を掘り起こして上演する、青年劇儒小劇場での大谷の仕事は目覚ましいものだ・・。今回も立派な上演だった。
「凡そ君と」句:”知らぬ間に叱られてゐる初電話”、”具だくさんなり山国の雑煮椀”

[PR]

by engekibukuro | 2018-07-11 07:04 | Comments(0)  

<< 7月11日(水)★M「睾丸」★... 7月9日(月)辻孝彦さんの通夜 >>