人気ブログランキング |

9月29日(土)M「レデイ・オルガの人生」テイーファクトリー

作・演出:川村毅、吉祥寺シアター
 レデイ・オルガは1871年アメリカ・ノースカロライナ州で生まれ、内分泌腺の異常による多毛症により2歳から髭が生え始めたという。4才の時母親にサーカスに売られ、サイドショウのスタア髭女として活躍した・・・。この芝居は、この髭女をモデルにして、生まれつき髭が生えた女が、当初は髭を剃りながら会社勤めをしていたが、あるときいろいろの奇形の男女が集められて、フリークスのショウの集団に入り、見世物の主要メンバーになるが、同類が集まって暮らす生活をやめる・・・。その居心地のよさに疑いをもつようになったのだ・・・。この髭女を演じた渡辺真紀子がとてもいい・・・。髭を生やして憂愁に満ちた演技で、人間の孤独というものの深みを感じさせる演技で、忘れられない残像を残した・・。芝居全体も川村らしい見事で劇作でほかの登場人物も面白く描かれて、その中心をショウの団長を演じた笠木誠が舞台を締めていた。
「凡そ君と」句:”川下り水棹を離れざる蜻蛉”、”とんぼうの飛ぶといふより漂へる”
・劇場では谷岡さんと会う。
・芝居が遅れて1時間ぐらい遅れて池袋ふくろへ。中川君が待っていてくれた。残念秋刀魚は売り切れていた。

by engekibukuro | 2018-09-30 07:32  

<< 9月30日 9月28日(金)M「イカれてい... >>