人気ブログランキング |

10月14日(日)

「悲劇喜劇」11を完読。なかなか読みでがあった。なかでも先日新国立劇場で上演したアルベール・カミュの「誤解」の戯曲。舞台ではよく解らなかったのだが、戯曲を読んでこの劇の真意が了解できた。あとこれは今号の目玉だろうと思うが、別役実の新作「ああ、それなのに、それなのに」。読んでいるだけではチンプンカンプンなのだが、今月名取事務所が上演するので、舞台でどうなるのか楽しみだ。戯曲のラストは”男1「風だよ」・・、男2「風ですね」・・”で終わるいつもの別役劇だ。それと今号から「演劇時評」を我が友堀切克洋君が、小山内伸さんと始めたこと、なかなか充実した対談時評になっていたのが嬉しい。
「凡そ君と」句:”大雪山(だいせつ)の屋根雁のつたひ来る”、”啄木鳥のつつき始めの音ひくく”

by engekibukuro | 2018-10-15 10:03  

<< 10月14日(日) 10月13日(土)M「華氏45... >>