11月4日(日)

全国の公営競馬と中央競馬が合体したレース「JBCクラシック」が京都で行われ、三番人気の福永騎乗のケイテイブレイブが堂々の勝利。この馬から買ったのでプラスになった。福永のお父さんも名騎手だったが、息子も名騎手の領域に入ってきたな・・。いま競馬界を席巻している、外国人騎手のルメールやデムーロに対抗できているのは、関西のこの福永と川田だけだ。
「凡そ君と」句:”鳥皮の焦げ義士の日の近きとも”、”義士の忌の沖より見遣る江戸の雲”


[PR]

by engekibukuro | 2018-11-05 09:31 | Comments(0)  

<< 11月5日(月) 11月3日(土)M「海のこども... >>