1月31日(木)

今週の「週刊文春」の特集「<大本営発表>に騙されるな!偽りだらけの安部晋三」を読む・・。不正統計などいろいろあるが、北方領土の問題で、第二次安倍政権発足以降、プーチン氏の来日は一回だけ、対して首相の訪露は現在までに十回に及んでいる。こういして首相の物欲しげな姿勢がロシアをつけ上がらせるにです」という官邸関係者のコメントを載せている。ゼスチャーだけで実質のない外交・政治・・。いいかげんにしてほしいが、代わりの政治勢力の無力さも・・・。いやなどうしようもない時代に、長生きしてきたがこんな時代になるとは・・。
「堀切句」:”シャンパンの函は柩に似て晩夏”、”朝霧に濡れきっている石の街”

by engekibukuro | 2019-02-01 09:54 | Comments(0)  

<< 2月1日(金)M「雨の夏、三十... 1月30日(水)M「花の秘密」... >>