人気ブログランキング |

5月13日(月)

・「20世紀ラテンアメリカア短篇選」(野谷文昭編訳)(岩波文庫)を読む。Ⅰ他民族・多人種的状況/被征服・植民地の記憶:6篇、Ⅱ暴力的風土・自然/マチスモ・フェミニズム/犯罪・殺人:4篇、Ⅲ都市・疎外感/性・恐怖の結末:3篇、Ⅳ夢・妄想・語り/SF・幻想:3篇という構成だ。玉石混交だが、Ⅱのガブリエル・ガルシア・マルケスの「フォルベス先生の幸福な夏」が群を抜いて絶品だった。この作品だけは場所がラテンアメリカではなく、地中海に面した避暑地の話、女性の家庭教師に二人の男兄弟を任せて両親が母国に帰ったあと、この家庭教師があまりに厳しいので、兄弟がこの教師に毒を飲ませて殺そうとしたのだが、結果彼女は刃物で若い漁師に刃物で殺されていた。ミステリアスで素晴らしい文章の短編だった。

by engekibukuro | 2019-05-14 10:03  

<< 5月14日(火)S「1001」... 5月12日(日)M「改訂版:埒... >>